月別アーカイブ: 2008年4月

『試みの岸』

 小川国夫さんの小説を読んだつもりになってたが、実際はほとんど読んでなかった、少なくともしっかりとは読んでなかったことは、先日も白状したとおりである。寡作な作家と思われがちだが、そんなことはない。十年ちょっと前に小沢書店 … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | 『試みの岸』 はコメントを受け付けていません