月別アーカイブ: 2005年8月

詩の光源としての死

 同じ町に住む松永章三さんという詩人から新しい詩集『天崇』をいただいた。失礼だがいわゆる詩集という感じがあまりしない、どこかのPR誌と間違われそうな装丁の詩集である。しかしお礼状を出す前に一応はさらっとでも読まないと、と … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | 詩の光源としての死 はコメントを受け付けていません