老年学?

 先日読み終わった安岡章太郎さんと近藤啓太郎さん(さん呼ばわりは安岡さんだけにすべきだが、今回は公平?に)の『齢八十いまなお勉強』は最後まで面白かった。それに味をしめて、以来いくつか類書を探し求めた。たとえば鶴見俊輔編の『老いの生きかた』(ちくま文庫)やマルコム・カウリーの『八十路から眺めれば』(小笠原豊樹訳、草思社)だが、身につまされるところがあって、それぞれが実に面白い。老人物(?)は気がつかないうちにすでに一つのジャンルになっていた。

 老年学(gerontology)なんて学問分野があり、なんとわが国の桜美林大学には老年学研究科なんてものが存在することも今回初めて知った。ギリシャ語のゲロン(老人)から作った言葉らしいが、でもそんな学問に興味も無いし深入りするつもりもない。ただ先輩老人たちがどのように老いを生きたか、それを知りたいだけである。

 上に挙げたマルコム・カウリーという名前、どこかで聞いた名前だな、と調べてみるとやはりアメリカの著名な文芸評論家だった。フォークナーなどロスト・ジェネレーション評価に功績のあった人だ。それはともかくこの『八十路から眺めれば』を読んでいって、あっと発見したことがある。いや発見なんて大袈裟なものではないが、安岡さんたちの本のタイトルが我が(?)ゴヤの素描の題であったことだ。カウリーの言葉を引用する。

 「(ゴヤは)七十八歳の年にはスペインの恐怖政治から逃れて、ボルドーへ赴く。その頃はもう耳は聞こえず、目も衰えていたので、仕事のときはいくつもの眼鏡を重ねて掛け、拡大鏡まで使用した。だが生み出されたものは全く新しい画風による傑作のかずかずである。八十歳の年には、二本の杖をつき、白い髪と髭に顔を覆われた老人を描いて、その絵の片隅に【まだ勉強中】と書き込んだ。」
 
 さっそく恩師・神吉敬三先生の『ゴヤの世界』(講談社・原色写真文庫)を見てみると、原題はAun aprendo(まだ学んでいる)で、この絵の制作年代はゴヤの死の年、すなわち1828年となっている。つまり82歳のときである。それはともかく、80歳のときの彼のもう一つの言葉、「一切のものが私には不足していますが、意志だけはあり余っております」は、スペイン人の魂の原型とも言うべきあのドン・キホーテの言葉と見事に重なる。

 そして今日、我が家の本棚の片隅から(たぶん息子が買ったものか)もう一つ素晴らしい本を見つけ出した。パブロ・カザルスの言行録『鳥の歌』(J.R.ウェッバー編、池田香代子訳、筑摩書房)である。先日、アマゾンで見つけて購入したCD(鳥の歌ーーホワイトハウス・コンサート)を聴きながら読んでいくうち、彼が年齢について語ったこんな言葉が目に入った。

 「たぶん私は世界一高齢の音楽家でしょう。たしかに私は年寄りです。でもおおくの点では若者です。皆さんもそうであってほしいものです! 生きているかぎり若者でいること、本当のことを世界に向かっていうこと、やさしさと愛、それこそがあるべき世界です。愛しましょう、愛と平和をもたらしましょう」(1973年6月、セントラル・パークでのコンサートで会場を埋めつくした聴衆に贈ったカザルス九十七歳のメッセージ。死の四か月前だった。)

「歳をとるのも芸のうちだ。そう思わないか?」とカザルスは、六十九歳になってひどい鬱状態におちいっていたウジェーヌ・イザイ【ベルギーのバイオリニスト・指揮者】に宛てて書いた。

 余談だがこのカザルスの高弟ガスパル・カサドの夫人・原智惠子の署名・献辞(フランス語)入りの本『ジプシーの歴史と風習』という風格ある美しい装丁の古書が我が家にある。もちろん献辞は私宛てではなく、我が敬愛する先輩西澤龍生先生宛てのもの。つまり先生の奥様が原智惠子の愛弟子であった関係で先生が頂いたものを、震災後のお見舞いを兼ねて不肖この私に下さったのである。この陋屋で人知れず朽ち果てては先生のご好意を無駄にする、と半分は自慢がてらここに明記しておく。
 

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください