受けねらい

 たまたま眼にしたテレビの国会中継の映像を通じてでも、安倍首相の正体がバレバレであることがはっきり見えているのに、何故だれもそれを指摘しないのだろう。つまり例の二億ドル贈与についての自分の演説が「称賛された」というセリフだ。「或る一定の評価を得た」くらいで止めておけば良さそうなものを、つい本音を言っちゃった。心理学者や言語分析の専門家に訊くまでもなく、あれ完全な自己顕示欲の表現ですぜ。つまり「受けねらい」です。

 それに戦争状態にある一方に非軍事使用という名目で資金調達しても、相手側にとっては武器供与となんら変わらないものと受取られるのは、これ常識でしょう。これまで絶えずキナくさい修羅場をくぐってきたアメリカなどと肩を並べて自分もマカロニ・ウエスタンの舞台に上りたいのだろうか。上がるなら自分ひとりでどうぞ。なにとぞ国民を巻き込まないでくださいな。ほんと、もう付き合いきれない。といってもあっちはこっちを屁とも思ってないか。でもこれ、歳のせいで少し勢いはありませなんだが、その分ちょっとクセのある臭いイタチの最後っ屁どす。

※追記
 いままで大して実績を挙げなかった首相は数多くいたが、現在の首相のような危険な首相は久しぶりだ(いつから? それは言わぬが花)。ビューロクラシ-の発達した日本のような国では、たとえトップが少々有能でなくとも周囲が何とかカバーしますが、トップが暴走を始めても、それを止められる有徳・有能な部下がいないと、さあ大変ですぞ。(あれっ、さっきのが最後っ屁じゃなかったの?)

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

1 Response to 受けねらい

  1. 阿部修義 のコメント:

     安倍首相の言動で私が気になっているのは、事あるごとに「私が最高責任者」ということを頻繁に使っていることなんですが、歴代の首相でそういうことを自ら口にする人は皆無だったと思います。私には「最高権力者」と同じように聞こえます。権力を行使するということは、その責任も自らが命と引き換えに覚悟を持って果たすということですから軽々しく言えないと私は思います。事が順調に推移している時だけ「最高責任者」で、雲行きが怪しくなればいつでも首相の立場を投げ出すような脆さ、危うさを私は感じています。先生が指摘されている「自己顕示欲」を考えると、私には安倍首相の軟弱さの表れのように思えてなりません。現政権自体、世襲議員という温室育ちの寄せ合いですから安倍首相の危険な対応や暴走に進言できる人材はいませんし、仮に進言しても蚊帳の外に追い出されてしまう土壌のように私は感じます。民主党を筆頭に野党の志士たちの結束を期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください