論評にも値せず

 ようやく風邪から抜け出た思ったら、やってくれたあのバカが。新聞の見出しも従来どおり。「中韓の反撥必至」。中韓のことより先に「国民の怒り必至」と書けないの? あゝそうっ、怒ってるの国民の一部?そんな国民犬にでも喰われっちまえ!!!

 脱原発で期待してたけどあの元総理、「よく参拝してくれた」だと?ざけんじゃない!やっぱバカだったわ。

 これ以上続けると風邪をぶり返しそうなので、もうやーめた。埴谷大先輩の言葉を繰り返して怒りを鎮めなきゃ。グレーツ、あゝグレーツの極み…

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

1 Response to 論評にも値せず

  1. 阿部修義 のコメント:

     安倍総理の発言を一年間聞いていて、言動に重みを私は感じませんでした。アベノミクスというのは、日銀総裁と策略して日本銀行券を数十兆円印刷しただけのことだと私は解釈しています。当然円安、それに伴って株高に必然的になります。オリンピック招致の際の発言も現実は難問山積していて、当然今後完全にコントロールしなければなりませんが、言動の軽さを危惧しています。一等国、カンバック、アベノミクス、確かに、勇ましい掛け声ですが、しかし、安倍総理自身の内容が重厚であって初めて言葉に重みが出て来るんじゃないでしょうか。苦労知らずの世襲議員(虎の威を借る狐)の浅知恵以外の何物でもないと私は思います。今回の靖国問題も、一等国、カンバックという自意識過剰な言動からの必然的な行動なんじゃないかと私は思います。外交問題の要諦は、先生が言われているように、相手の異質性を認め、尊重することから始めなければ、日本は世界の中で孤立し、四面楚歌になってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください