学ある糞

 私たち夫婦が住む旧棟一階の、トイレへと続く北側廊下の壁面いっぱいに九段に及ぶ本棚がしつらえてある。ここに帰ってきた2002年か、あるいは翌年か、量販店から板を買ってきては家中の空いた壁面に本棚を作りまくったときのものである。そこに未だに整理しないままの本が雑多に並べられている。それでも上二段には推理小説の文庫本だけが、アイウエオ順に作者別に並べられている。もちろんそれでは間に合わず、残りは二階寝室の鴨居のところに作った本棚三段に続けて並べられている。

 推理小説が好きだった美子のために買いあさった文庫本だが、いまは読む人もなく寂しく並んでいる…いやそんな話をするつもりではなかった。その大事な本を喰いちぎっていたにっくき虫のことを話すつもりだったのだ。

 一昨夜のことである。小林秀雄の初期エッセイ「アシルと亀の子」を読む必要があって、それが入った合本を探して真ん中上方あたりの本を引き抜いたときである。すると、な、なんとおよそ五、六冊の壁に面した部分が虫に喰われているではないか! 壁のところには小さな蟻塚のようなものがへばりついている。虫は、虫はどこだ! 実は動転していたし、あまりの暑さも手伝って、どんな虫がいるかも見ないまま、蟻退治の噴霧器を探したのだが、噴霧口のところが壊れていて使いものにならない。仕方なく蚊・蝿用の薬を噴霧器で吹きつけたのだが…

 悲しいことに老眼なのでどんな虫がそこにいたか、はっきり確かめたわけではない。服用ブラシで喰われた部分をこそぎ落とし、床に落ちた屍骸やら塚みたいなものを水道で流してしまったからだ。ただゴキブリのように逃げるでもないし、こちらに向かって飛び掛ってくるでもない。つまり米粒くらいの虫とその屍骸が一塊あったような気がするが、先ほども言ったように動転していたし老眼でもあったので、しっかり確認しないまま片付けてしまったのである。

 何冊かは本の下の方がざっくり鋭利な刃物で切り落とされたようになっていて、廃棄処分にするしかない。でもいつごろから紙魚はそこに居ついたのだろう。いま紙魚と言ったが、本当に紙魚だったのだろうか。屍骸は米粒ほどもあったから、いわゆる紙魚にしては大きすぎる。でも本好き(?)だからやはり紙魚か。この暑さで巨大化した紙魚?

 要するに本棚に納めただけでは駄目で、ときおり本の後ろのゴミやら虫を払ってやらなければならないわけだ。つまり本当の本好きなら、ときどき虫干しをしたり空気に当てるなどしてやらなければならないのだろう。それにしても虫がこれだけのダメージを与えるものであることを初めて知った。これからは定期的に本棚を掃除したり、ところどころに虫除けのナフタリン錠(でしたっけ?)をばら撒いておかなければならない。

 蔵書の管理・保存ということでは、先日読んだ余秋雨の『文化苦旅』(楊晶訳、阿部出版、2005年)の中の「風雨天一閣」というエッセイが印象的である。天一閣とは浙江省寧波市にある私設蔵書楼の名前で、今のように公設図書館などない時代に何万冊もの版本やら写本を、ある一族が自らに厳しい戒律を課しながら守ってきたという史実に触れたエッセイであった。

 さて我が家の天一閣「貞房文庫」は、この先どのような注意と習慣を守りながら次代に引き継いでもらおうか。なーんてそんな希覯本も貴重本もない貧しい書庫だけど、せめて五十年、うまく行けば百年は利用できる私設ミニ図書館であって欲しい。

 いまさら言っても詮無いことではあるが、あれは本当に紙魚だったのだろうか。平べったい蟻塚のようなものはたぶん糞だったろうが、しかし黒っぽい色になっていたのは活字を喰っていたからだろうか。糞といっても純粋に紙と印字だけの排泄物なのだから、そんじょそこらの糞とちがいまっせ。まっ言うなれば学のある糞でっせ。なめたらあかんぜよ!

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

2 Responses to 学ある糞

  1. エトワール のコメント:

    その虫は、多分、死番虫だと思います。

    死番虫は、シバンムシ科(Anobiidae)に属する甲虫です。成虫の形態は長楕円形から円筒形で、色彩は赤褐色か黒色です。体長は1 – 数ミリメートル程度で、外形は、カブトムシの雌を小さくしたようにも見えます。幼虫は食物となる木や紙の中に穿孔して生活していて、体色は白色です。頭部は褐色で、カブトムシのようなコガネムシ上科の幼虫と同様にCの字型に体を曲げている地虫型です。蛹は老熟幼虫が肛門から出る分泌物で糞や食いかすをつづって作った繭の中にいます。

    英名は、death-watch beetleといいます。

    日本国内だけでも、60種以上の種がいますが、本を食べるのは、フルホンシバンムシとザウテルシバンムシの 2種です。フルホンシバンムシは和紙、特に江戸時代末期の糊の使用量の多い和紙で作られた古書を激しく加害し、ザウテルシバンムシは和書、洋書を問わず加害するといわれています。いずれも貴重な古書、古文書の内部に縦横にトンネルを掘って食害し、被害が進行すると紙が細片となり、判読、修理のいずれも不能な状態に陥るほどになります。

    古来「紙魚の害」と呼ばれたものの多くがこれら書籍食性のシバンムシによるものだといわれています。

    この世には、すごい虫がいるものだと思います。

  2. 佐々木 孝 fuji-teivo のコメント:

    エトワールさん
     おやまあ、またもやたちどころに謎を究明してくれましたね。ありがとう。ザウテルシバンムシ、なんだか恐竜みたいなカッコいい名前ですね。こんど見つけたら捕獲しておきましょう。ともかくムシできない虫害、以後気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください