今夜はミルクとココア、籐椅子の上で背中合わせに仲良く寝ているが、昨夜はココアは机の下の段ボールの箱で、そしてミルクは寒いのに、下の板の間の棚の上に置いたズック鞄の上で寝たようだ。猫の行動は気まぐれで分かりかねる。しかしいずれにせよ、寒さ到来とともに、二匹とも家の中で寝るようになったので安心。
 それにしてもココアはどうしてああ喧嘩好きなのだろう。昨日も、白黒のかなり大きな猫とやっていた。その猫が根負けしたのか他所に行こうとているのに、身を低くかがめて追跡していくのを、たまたま二階から見ていた。鼻の横の傷もようやくなりかけているというのに。
 ところで昼前、先日の電気工事(庭の常夜灯、玄関から旧棟二階までのインターホンの配線など)の請求書を持ってT電気の若奥さんが来られた。帰りしなにいつぞやはKがお世話になりました、と言う。工事に来たおじいちゃんとの話で、私たちが昔Kちゃんと仲良くしていたことが伝わったのであろう。実際、小さいころのKちゃんはいつもバッパさんの相手をしてくれ、私たちが帰省したおりには私たちとも仲良く遊んでくれた。もう21歳になり、東京で「修行」しているという。おじいちゃんの話だと「ヘソを出している」ということだが、今風のヘソ出しルックで頑張っているということだろう。気立てのいい可愛い子だった。ところで今日の若奥さんはそのKちゃんの叔母に当たる人である。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク