先日の「島尾敏雄を読む会」で、『いなかぷり』の中の今まで不明だった箇所が一気に解明された。つまり文中、唐突に挿入された「オタケ、マンマタケ、オキャク、キタカラ」という言葉の意味が、参加者の一人にいとも簡単に解釈されのである。彼女の説明をそのまま引用すると、先の言葉は「稲の穂先に虫の巣の着いたのを手折り、何度もこの言葉を調子よく繰り返し、繰り返し「炊けたかなー」と葉先を引っ張ると小さな虫がたくさん出てきて「ああ、ごはんたいたー」と歓声をあげて遊んだ昭和十七、八年ごろまでの女の子の遊びです。」ちなみにオタケというのは、飯炊き女の名前ということらしい。
 相馬弁の本場で島尾作品が実に面白く読めることに改めて感動している。このまま終わらせるのは惜しいので、最後にぜひ参加者の感想や解釈・意見などを一冊にまとめて残そうと思っている。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク