午後二時から、地元の若者(高校生)たちと始めた「メディオス・クラブ」の今年最後の集まりがあった。いつかは作りたいフォルクローレのサークルのこともあって、どうしても女の子に入ってもらいたいと、会員の一人の妹さんに全員が(兄貴は少し恥ずかしがっていたが)アタックしたおかげで、中三の一護ちゃん(もちろんハンドル・ネーム)が来てくれた。兄貴よりしっかりしているとの評判通り(許せお兄ちゃん)の女の子なので、これからが楽しみ。彼女と同級の二人の男の子も加わり、会は急ににぎやかになった。さらに今日は、兄貴分として参加してもらいたいと願っていたトモジさんも来てくれたので、自宅からヤフー・メッセンジャーの映像と声で参加したW君を入れると、会員はなんと一気に9人に膨れ上がった。
この勢いを確かなものとするべく、正月三日にはトモジさんの先導で国見山に登ることにした。会員の中にはこの三月、高校受験を控えている者がいるので、頂上付近にある神社で合格祈願をすることまで決めて散会。年の瀬に来てなにやら楽しいことになってきた。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク