何を今さら!

 今晩ものんびり本の話でもしようと思っていたら、夕食後ネットでこんなニュースを見つけた、まず読んでいただこう。

     「震災関連死、南相馬が282人で全国最多
 復興庁は11日、東日本大震災に伴う避難で体調を崩すなどして亡くなり、「震災関連死」と認定された本県など10都県の1632人(3月末時点)の内訳を公表した。市町村別で南相馬市が282人と、対象77市町村の中で最多となった。続く宮城県石巻市178人、仙台市143人と比較しても突出、同日開かれた関係省庁でつくる原因究明の検討会初会合では「南相馬市がなぜ多いか調べるべき」と問題提起された。
 検討会では6月末をめどに、本県と岩手、宮城の3県で調査し、8月上旬にも再発防止策をまとめる方針を決めた。調査対象は関連死の死者数が多い市町村のサンプル調査となる見通しだが、本県の場合は東京電力福島第1原発事故の影響を考慮し、原発事故で避難指示が出された市町村も対象とする。
 本県の震災関連死761人の年齢別内訳も示され、21歳以上65歳以下が61人、66歳以上が700人で高齢者が約9割を占めた。
(2012年5月12日 福島民友ニュース)」

 「南相馬市がなぜ多いか調べるべき」だと、ざけんじゃない、何を今さら! 放射能は炭疽菌やサリンのような即死につながる猛毒でもないし、ペストのような伝染性のものでもない。だったら答えははっきしていたはずだ。老人や病人を避難させたり搬送させたのは明らかな間違い。このブログで初めっから叫んでいたのに、誰も耳を貸さなかった。
 
 誰が悪い? そうだね、愚かな行政はもちろん悪かったが、落ち着いて考えればどう対応すべきか分かりそうなのに、ただただ狼狽たえ、慌てふためいた皆も悪かったんだべ。そうとしか言いようがない。そうっ、行政のせいになんかしないで、己の愚かさを各自深く反省せい! そして亡くなった老人たちや病人たちに、心から哀悼の意、いやいやそんなもんじゃない、心から詫びよーーっ!

 いやーそれにしても、行政も愚かだったけれど、マスコミも負けず劣らずアホだったし、その反省は未だにしていない。根拠のない脅威論をこれでもかこれでもかと繰り返し報じ、その結果……

 やーめたアホらしい。もう言い飽きた。物言えば唇寒し、おいおい、まだ桜が散ったばっかりだっちゅーうの! 

 続けて本の話をしようかと思っていたけど、今はそんな気は逆立ちしても出てきませんぞなもし。もう考えるのもやーめた。

追記
 そうだ、腹が立ったついでに、もう一つ腹立たしいことを書いておく。実は二月前ほど、或る出版社から原稿執筆の依頼があった。つまり『東北近代文学事典』という企画のその島尾敏雄の項を執筆願いたいというものだ、挨拶文を読むと、「とりわけ今年の三月に突然の災害に見舞われた東北の地から、このような形で発信が行われることは、地域の復興と発展の力となるのみならず……」と、なかなか殊勝な意図のもとの事業かな、といったんは思い、執筆承諾のハガキを出したのだが、そしてその締切がこの間の連休の前日だったのだが…。

 今まで島尾敏雄については何度も書いてきたし、1500字の原稿など連日モノディアロゴスを書いてきた自分にとってはお茶の子さいさい、と高をくくっていた。しかし連休前に書くのはちと癪だから、過ぎてから一気に書こうと思っていたのだ。

 しかしである。まず先ほどの文章で震災に触れた部分が去年と今年を取り違えているのはまだいい(かな?)。しかしその震災を機に東北の文学を再考してみようという企画全体の趣旨の真意が疑われるような事実認識があることに気づいて、とたんに書く意欲を失ってしまったのである。つまり島尾敏雄の墓が今も警戒区域にあることを編集者たちは承知しているのか。そして原稿依頼の宛先が南相馬市であることになんの感慨も持たずに書類を準備したのか、ということである。

 今もなお、島尾敏雄や埴谷雄高(の先祖)の墓は警戒区域の中にあって墓参すらままならない。こんな状況下にあることを無視して東北の文学を語ることなどできないのではないか。つまり近代日本において東北が絶えざる収奪の対象であり、いわばその総決算が今回の原発事故でもあるという根本的な事実認識を無視して東北の文学を語ることが許されるのか、という問題である。

 たぶんそのあたりのことは編集者の意識の中に無かったのではないか。そんな企画に協力する考えなど持ち合わせていないことを、締切が過ぎてからやっと気がついたというお粗末。さて出版社がどう出てくるか。私としては企画から下ろしてもらうことに腹は決まっているが。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

5 Responses to 何を今さら!

  1. 阿部修義 のコメント:

     高齢者にとって最も大切なことの一つは、今まで生活している環境の維持だと思います。私にも高齢の母がいますが、4年前に肺血栓塞栓症という病気になり近くの循環器系の病院に入院させましたが、そこでせん妄になり、その後遺症が今でも残っています。入院日数は10日ぐらいでしたが、生活環境の変化は高齢者にとっては精神的ダメージが私たちが考えている以上に大きいと言う事だと思います。「震災関連死、南相馬が282人で全国最多」、この数字の殆どは「老人」の無意味な避難による環境変化のための精神的ダメージが引き金になっていると思います。妻と母を介護していて感じることは、傍にいて温かい言葉をかけてあげること、そういう精神的な面が大切で、特に精神的疾患を持っている老人は寂しいと本人は感じているケースが多いように経験上思います。曖昧なデータをもとに放射能という漠然とした恐怖心で、事務的に避難され亡くなった方の命。現実は、老人にとって、放射能より生活環境の変化の方が危険なことだったという事実を私たちは忘れてはいけない。亡くなられた方たちのご冥福を謹んでお祈り申し上げます。

  2. エトワール のコメント:

    今、低線量放射線について冷静に、正しく理解を進めておくことは大変重要なことだと思います。

    「チェルノブイリの事故の後調査によれば、低線量放射線の影響は、認められている。また、広島、長崎の原子爆弾の被爆者4万4,000人を追跡調査した放射線影響研究所の研究でも、低線量放射線の影響は、認められている。ただし、その影響は、どうしようもなく深刻に考えなくてはならないほど、ひどいものではない。」

    というのが、正しい理解のようです。それでも除染は、必要だと思いますし、食物の摂取等は、慎重に対処すべきだと思います。

    アメリカの遺伝学者のハーマン・ジョーゼフ・マラーは、ショウジョウバエに対するX線照射の実験で人為的に突然変異を誘発できることを発見しました。この業績により1946年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。ショウジョウバエのオスに放射線を当てて異常が出ないかを実験していたところ、その二代目、三代目に異常が出たため、マラーは実験に基づき「放射線の害はその量に直線的に比例する」という仮説を発表します。これを受けてICRP(国際放射線防護委員会)は、放射線は有害であると訴えてきました。マラーが実験を行った時代には染色体の存在は知られていましたが、DNAについては研究が進んでいませんでした。現在ではDNAの修復活動は人間の細胞1個では一日に百万件行われていることに対し、ショウジョウバエの精子は修復活動をしない特別なものであることが判明しています。ICRPは現在もショウジョウバエの実験データを放射能の危険数値の基準にしています。

    これは事実ですので、放射線が人に及ぼす害については、実は、はっきり分かっていないというのが真実ということになります。

    よみうりテレビ「たかじんのそこまで言って委員会」などで、「放射線は微量なら安全で、むしろ体にいい影響がある。」と主張している中村仁信大阪大学名誉教授は、近藤宗平大阪大学名誉教授の弟子です。

    近藤宗平名誉教授は、放射線ホルミシスの代表的な研究者です。京都帝国大学理学部物理学科を卒業しています。広島市への原子爆弾投下を受けて、学生として京大原爆物理調査班に参加し、放射性物質で汚染された資料の採取し、放射能の測定などを行っています。核物理学から遺伝学、基礎医学への道へ進み、国立遺伝学研究所室長、大阪大学医学部放射線基礎医学教室教授、近畿大学原子力研究所教授などを歴任し、大阪大学名誉教授となっています。

    近藤教授は、1978年に書かれた論文「放射線と遺伝子」(日本物理學會誌 33 (8): 656-663)の中で、「遺伝子にはエネルギー的に安定な状態のいくつかが許されている。熱エネルギー等によって十分な活性エネルギーを得たとき、一つの安定状態から別の状態へ量子的飛躍で遷移する。これが突然変異で、それは文字通り”突然”の変異で、中間状態はありえない。X線によるイオン化が遺伝子内に生じれば、それは爆発的事象と呼ぶに値する。なぜなら、イオン対に与えられるエネルギーは10eVの桁で、遺伝子構成物質の共有結合力を切るのに十分である。つまり、イオン対一つで突然変異を起すに十分である。よって、線量率に依存することもなく(2個以上のイオン対を必要とするなら線量率が高い方が効率がよいはず)、線量に直線比例して突然変異が起こっても不思議でない。」と記載しています。この頃は、放射線は線量にかかわらず有害だと思っていたということです。

    その後、放射線は少しであれば、むしろ浴びたほうが健康によい影響を与えるとする、いわゆるホルミシス説を主張するようになります。

    近藤名誉教授は、1986年にチェルノブイリの原発事故が起きた後に、大変奇妙は主張をしています。チェルノブイリ原発事故による影響に関して、原爆症の研究結果などから甲状腺癌の発症は放射線による被曝後、通常、10年以上の潜伏期間があるため、わずか5年で影響が出るのは疑問が残るとし、放射能汚染による恐怖報道が過熱したために、放射線恐怖症が甲状腺腫瘍の発生を加速した可能性が高いといっています。また、ベラルーシのゴメリ州における先天性異常発生について、ほんとうに先天性異常発生が増えているなら、妊娠中のアルコール摂取で催奇性作用が常識として知られていることから、ウオッカの可能性が高いとしています。

    これは、大変奇妙な主張だと思います。こうした主張は、大きな誤解をあたえる元だと思います。

    1989年に電力中央研究所の服部禎男を委員長とするホルミシス研究委員会が発足します。電力中央研究所の依頼を受けて、委員会には、近藤教授のほか、東京大学の岡田重文や京都大学の菅原勉らとともに20名以上のメンバーが参加し、 各大学の医学部、生物学部との共同研究が行われようになっています。放射線の研究を電力会社の関連の研究所が行っているということです。

    これが、現時点で、分かっている低線量放射線の影響に関する真実だと思います。冷静に考えてみれば、中村仁信大阪大学名誉教授や近藤宗平大阪大学名誉教授の主張は、正しい可能性もありうるということです。でも、政府や行政は、皮肉なことに、こうした人々の主張を信頼しているわけがないだろうという背景もあるということです。

    こうした事実が、正しく認識されていたならば、震災後の対応は、異なっていたかもしれません。政府や行政の判断が、リスク回避に傾くことはやむをえないことです。ただし、その根幹となる思考が、地元住民のためのものではなく、後日、発生しうる政府や行政の判断ミスを恐れてのものになってしまっていなかったかという点は、深く検証されるべきことだと思います。

  3. 佐々木 孝 fuji-teivo のコメント:

    エトワールさん
     あなたのいつものように緻密で微細にわたるコメントには感心しますが、しかしそのようなうがった論説、しかも間接受け売りの知見が至るところに増殖して、じわじわと被災者を苦しめているということをまず理解してください。たぶんご親族など被災されている方もいてあなたにはけっして他人ごとではないのかも知れませんが、それでもあなたの言うことは、結局はあくまで外部からの、高みからのコメント、「解説」です。
     もう一度言います。除染など必要不可欠な対策はこれまで以上に迅速かつ徹底的にやってもらいたい。そして万が一、将来放射能の影響で悪影響が出るような場合は、以前から主張しているように、無条件で完治まで国が全面的に責任を取るべきです。しかし被災者にはもうこれ以上の情報は勘弁願いたい。それだけです。
    ■ 付け足し あなたのような考え方をしているなら、私は今日ここにこうして生きていないでしょう。あやふやで無責任な「解説」を無視して、或る時ここにこうして生きることを決断したわけです。さまざまな憶測やら意見やらに絶えず目を配りながら、そしてそれらをすべて呑み込んで、それでもなお自分の決断に迷わない、なんてことは、まあふつうの人間にはできない神業です。幸か不幸か、私はその「ふつうの人間」なのです。

  4. エトワール のコメント:

    近藤宗平大阪大学名誉教授の言説への懐疑等も併記しましたので、誤解があったら、ご容赦願いたいのですが、お説のとおり、南相馬市には友人・縁者が多数在住しています。原発事故発生後、放射線の影響については、いろいろと調べてみました。自分で収集した情報の分析結果から、私自身は、「南相馬市は、実際には、安全な可能性が高い。」と思っていますので、少しだけ、付け加えておきます。

    一番重要なことは、真実は何かだと思います。あやふやで無責任ないろいろな得体の知れない情報が多数流れていますが、真実を示す第一次資料は、それほど多くはなく、丁寧に情報を収集すれば、真実は見えてくるはずだと確信しています。

    一般に低線量は、250mSv未満といわれています。統計的に有意ながん増加は、100mSv以上では、確かに認められています。南相馬市で、今、問題になっている100mSv未満の低い線量(政府は、累積被曝量で、住居困難区域年間20mSv、帰還困難区域年間50mSvと定めていました。南相馬市は、これよりもかなり低い数値です。)のケースでは、統計的有意は認められていません。このケースにおける真実が最も重要だということです。

    国際放射線防護委員会(ICRP)は、その勧告の中で年間100mSv以下の線量においても増殖可能な損傷細胞は生じ得るため、がんおよび遺伝性疾患の発生確率にしきい値はなくその確率は線量に比例するとしています。その根拠は、前述のとおり、現在では、否定されているマラー博士のショウジョウバエの研究が大きな論拠の一つになっています。フランス科学アカデミーは、実際のデータが取得できていない国際放射線防護委員(ICRP)の「高線量で生じることは低線量でも起きる」とする考え方は間違いであると明確に反論しています。また、元ICRP委員の中村仁信大阪大学名誉教授は、「ICRP は、少しの放射線でも危険とする理由として、1個の突然変異でもがんの可能性があると主張してきたがこれが間違いであることが明らかになっている。」と主張しています。国際放射線防護委員会(ICRP)は、専門家の立場から放射線防護に関する勧告を行う民間の国際学術組織ですが、イギリスの非営利団体(NPO)にすぎません。

    国際放射線防護委員会(ICRP)は、2007年勧告で、1年間の被曝限度となる放射線量を平常時は1mSv未満、緊急時には20~100mSv、緊急事故後の復旧時は1~20mSvと定めていました。この基準の科学的根拠や統計的裏付けは、はっきりしていません。この勧告に基づき、2011年に発生した福島第一原子力発電所の事故に際し、国際放射線防護委員会(ICRP)は、日本政府に対して被曝放射線量の許容値を通常の20~100倍に引き上げることを提案し、さらに、事故後も住民が住み続ける場合は、1~20mSvを限度とし、長期的には1mSv未満を目指すべきだとしています。これを受けて内閣府の原子力安全委員会は、累積被曝量が20mSvを超えた地域において防護措置をとるという方針を政府に提言しました。政府が指定していた累積被曝量住居困難区域年間20mSvや帰還困難区域年間50mSvの基準の背景は以上のようなものです。この事実については、広く多くの人に知ってほしいと思っています。また、南相馬市復興のためにも、こうした事実を正しく理解することは有益なことだと思っています。

    自分では、真実に目をそむけず、常に一つ一つの真理を追究する道が、よい生き方だと確信している次第です。

  5. 佐々木 孝 fuji-teivo のコメント:

    エトワールさん
     私の考えは既に述べた通りです。いまさらことわるまでもなく、このモノディアロゴスは、原発禍についての正確で蓋然性の高い対策や情報を発信する場ではありませんし、それについて議論する場でもありません。そのことはこれまで私の書いたものを続けて読んできてくださって方には充分ご理解いただいているものと思ってます。さまざまな真実らしき情報がこれだけ飛び交っている中では、結局は自分が真実と思うものを信じて進むしかありません。偉い人の例を出すのは気が引けますが、機会があればウナムーノの「真理とは何か」というエッセイを読んでみてください。
     簡単に言えば、「外的言語と主体の内的判断の合致」、もっとくだいて言えば、その人の発する言葉がその人の内的判断、内的真実に合致するかぎりそれは真理となる、ということです。もっと手前味噌的に言えば、このモノディアロゴスで使われている言葉は、その時々の書き手の内的真実を、もちろん巧拙・出来不出来さまざまですが、できるだけ裏切らないことを唯一の基準に書かれた文章群だということ。もちろんそれが良いか悪いか、好きか嫌いかの判断は、まったく読む人の自由で、これまで多くの人が集いましたが、また多くの人が去っていきました。
     さらに言えば、生きるとはたくさんのデータを集めての品定めではなく、時々刻々待ったなしの決断・選択の連続だということ。その意味では先日も書いたとおり「生は急ぎ」です。
    ★補足 世の中には、客観的に見て正確で、そして時には正しい知識や見解を持ってはいても、その持ち主の顔が見えないということがままあります。でも科学的真理ならそれでもいいですが、人間的真実もしくは実存的真実はすべからく顔が見えるものです。乱暴に言い切ってしまえば、ある人を信じる・信頼するということは、その人の言葉を信じるわけではなく、その人自身、つまりその人の生き方を含めたその人自身に信を置くということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください