十徳ナイフ

 百円ショップには美子の介護用品を買いによく出かける。昨日も店内を物色していたら、ちょっとかっこいいナイフが目に付いた。スイスアーミー・ナイフの簡易版のようなもの。それでもナイフ、ノコギリ、缶切り、鋏、プラス・ドライバー、マイナス・ドライバー、コルク抜き、栓抜き、爪やすり、紐通しが付いている。つまり十徳ナイフだ。言わずと知れたメイド・イン・チャイナ。これが何と百円!
 百円ショップでも時おり少し高い値札がついているものがあるが、これは正真正銘の百円。もちろん買いました。私は別にナイフとかガンの蒐集癖は持ってませんし、家には立派なスイスアーミー・ナイフもあります。たぶん一万円近くした思います。こちらには十徳どころか、さらにペンチなどが付いて17~8徳でしょうか。

 それにしても十徳ナイフが百円とは、やはり世の中狂ってます。物流のマジックでしょうか。一方ではマニアが多いというだけで、屁でもない(失礼!)ブリキの玩具が何十万円としています。いや希少価値でそんな値段が付くのは昔だってあったこと。しかし頑丈なステンレス製の十徳ナイフが百円で買えるようになったのは、ごく最近のことです。私が若い経済学者だったら、この製品がどこの材料で、中国のどんな工場で、従業員はいくらの手間賃で出来上がるのか、ずーっと追跡調査をしたいくらいですが。

 ともかく現代における物流(物流を制するものは世界を制する)は実に奇妙奇天烈です。安いのは有難いが、しかし物の価値というものが現代ほど狂っている時代は過去には無かった。

 さてこの安い刃渡り6センチ弱のナイフだが、持ち歩きに注意しなければならない。ネットを見ると、これを持っていたがために警察署に任意連行(ちょっと矛盾した表現だが当事者からすれば任意がいつの間にか強制になっている)され、3時間近く職務質問され、挙句に始末書まで書かされたという体験記がゴマンと出ている。つまり軽犯罪法あるいは銃刀法違反で。捕まったところが秋葉原とか新宿ヨドバシカメラ前とかが多いので、警官がシャカリキになるのはなんとなく分かるが、しかし被災地にボランティアで出かけた青年までがこの被害(?)に遭ったというニュースもあり、実に怖い世の中になってきました。

 そんなことを考えながらテレビを点けたら、地熱利用の発電について、専門家が話している。「いや私は原発悪者説に組しているわけではありません。しかし選択肢が多いのは有難いことだと思ってます」。うーん脱原発も反原発も言わないでつつましく地熱利用を宣伝してる。いわゆる良識派の姿勢である。

 私は放射能や原発を悪魔だなんて思ったことはない。しかし何度でも言うが、廃棄物処理の方途がまったく立っていないのに平和利用を言うのは、明らかにインチキであり詭弁であって、原発計画に使った緻密な頭脳には結局は大きな穴が開いていたとしか言いようがない。こんな誰にでも分かる理屈が、誰の目にもそうは見えていないということが、先の十徳ナイフが百円であること以上に不思議でならない。

 ところで十徳ナイフの話とそれがどう繋がるですって? 繋がらないですか? そうかやっぱり。でもそこを強引に繋げるとこうなる。つまり現代はブラックボックスみたいなところが随所にあり、全体を展望しないで部分的なところだけを追っていくと、予想もしなかった結果になることが多々ある、と。十徳ナイフが百円で売られるのは、価値判断の混乱というだけで特に問題でないし、逆に有難いことではあるが、しかし犯罪をたくらむ者が刃物を持ち歩くことを取り締まろうとするあまり、そうではない人までをも犯罪予備軍に見立ててしまうというのは、明らかに行き過ぎというより狂っている……原発についての世間の考え方も……うーんうまく繋がりませんな。でもいつか繋がるはずですから、このままにしておきます。

 ところで十徳と言って、なぜ十の得、つまり十得(便利)と言わないのでしょう。はっきりとは分かりません、徳は得に通じるから、そして功利主義的な匂いをできるだけ消そうとしたのでしょうか。そういえばいましたね十徳さんが、そう寒山さんと拾徳さんという二人の坊さんのことです。

 実は二人のことはよくは知りません。それで先ほど森鴎外の同名の短編を書棚から見つけてきました。今晩は頭が混乱しましたので、鴎外さんの小説でも読んで頭を静めましょうかな。でもそれだけでは悔しいので、にわか作りの金言を一つ。

 狂気の世にあって、なおも正気であるためには、いつかは正気の世が戻ってくることを信じて、今は狂気の世であることを自覚すること以外に道はない、かな。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

4 Responses to 十徳ナイフ

  1. エトワール のコメント:

    中国宋代に無門慧開によって編集された公案集「無門関」には、「趙州狗子(狗子仏性、趙州無字)」以下48の公案が記載されています。三島由紀夫の「金閣寺」に出て来る「南禅暫猫」の公案も、その中に含まれています。10年ほど前に、この48の公案に真剣に取り組み、一つ一つその真意とするところを考えてみたことがありました。これらの公案は、世俗的には、難解といわれていますが、よく考えてみると、実は、いずれも、非常に単純な解があるのではないかというのが、私の理解するところです。

    「寒山拾得」は、森鴎外の公案とでもいうべき作品だと思います。最初に目にしたのは、若い頃のことでしたが、正直なところ、まったく持って意味不明でした。最初に読んだ時には、閭丘胤という官吏が、乞食僧の豊干にからかわれた笑い話なのだろうかと思ったほどです。文中の豊干の真摯な態度から、そうしたことはありえないと思ったのは、次にこの作品を読んだときのことです。この作品いついては、時々、思い返すのですが、未だに明快な解を得ていません。

    豊干は、なぜ、国清寺の拾得を「普賢」、寺の西のにある寒巌石窟に住む寒山を「文殊」だと説明したのか。

    国清寺で、会った拾得と寒山は、「閭を一目見た。それから二人で顏を見合わせて腹の底からこみ上げて来るような笑い声を出したかと思うと、一緒に立ち上がって、厨を駆け出して逃げた。逃げしなに寒山が『豊干がしゃべったな』と言った。」と書かれています。二人が、こうした行動をとったのは、なぜなのか。

    文中に「全体世の中の人の、道とか宗教とかいうものに対する態度に三通りある。」以下の全くの無頓着人、全ての道を求める人、中間にある道というものの存在を客観的に認めていて、それに対して全く無頓着だというわけでもなく、さればと言ってみずから進んで道を求めるでもなく、自分をば道に疎遠な人だと諦念あきらめ、別に道に親密な人がいるように思って、それを尊敬する人の解説があるのは、なぜなのか。

    いずれも、未だによく理解できていません。「無門関」の48の公案よりも、数段、難解な作品ですが、もうすぐ正解が見つかるような気もしています。とても不思議な作品だと思います。

  2. 阿部修義 のコメント:

     物事を功利的に、つまり、自分にとって得か損か、考えると価値の弁別が出来なくなり、物事の善悪の判断に疎くなってしまうんでしょう。先生が指摘されているように、原発の「廃棄処理の方途がまったく立っていないのに平和利用を言うのは、明らかにインチキであり詭弁」だと思います。モンゴルに住んでいる知人の話では、原発事故前に、日本とアメリカの原発廃棄物をモンゴルで処理してもらって、その代わりにモンゴルの原発開発を援助する話があったそうです。しかし、今回の原発事故で白紙撤回した話を聞きました。ここにも「功利主義的な匂い」が充満しているように思います。道理に照らして熟慮すれば、自然界に存在しない放射能を使ったエネルギー開発が「価値判断の混乱」だということは自明なことだと思います。

  3. ラスカル のコメント:

    私は今10歳です。私も14徳ナイフと7徳ナイフを持っています。
    中二病って言われます。
    実際は違うんですが…よく誤解されます。だから、あまり人前では出しません…。

  4. 佐々木 孝 fuji-teivo のコメント:

    おやおや珍しい、十歳のラスカル君。十歳というと小四か小五でしょう? それが何故中二と言われるの? もしかして中二病という特別な病気があるの? 貞房おじいちゃんにいつか教えてください。
    と、ここまで書いて念の為ネットで検索したらありました、ありました。「中二病(ちゅうにびょう)とは、(日本の教育制度における)中学2年生頃の思春期に見 られる、背伸びしがちな言動を自虐する語。転じて、思春期にありがちな自己愛に満ち た空想や嗜好などを揶揄したネットスラング」
     でもラスカル君の体験談も聞きたいね。いやそれより、君がどうしてこのブログにたどりついたのか、それが知りたいね。よかったらまたコメント書いてください。楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください