昨日、最近I市に越したばかりの姉夫婦がバッパさんを迎えに来てくれた。こちらから今度の大熊詣でのついでに、少し足を伸ばして迎えに行くまでの五日間、それでなくてもがらんとしたわが家が寂しくなる。とは言っても、今晩は二組の旧友夫妻との我が家での会食だし、明日は娘とフィアンセが二度目の来訪の日であり、けっこうにぎやかである。むしろ姉夫婦の家でバッパさんが所在無いまま時間を持て余すのではと心配である。まっ、この数日間、憎たらしい息子でも一緒に暮らすありがたさを再認識してもらえばありがたい。
さらにこのところ、最近友だちになった高校生三人と楽しい付き合いが続いている。新しいパソコンも下の部屋に備え、数日後のADSLの工事が終われば、彼らと新しいサイトを立ち上げる予定。それにヤフーのチャットなんとかで、四人がそれぞれの顔をパソコン画面で見ながらお話するということをやっており、彼らと付き合わなければおそらくは知らなかったであろう不思議なコミュニケーションを楽しんでいる。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク