大往生

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

というご挨拶の後に唐突ですが、実はばっぱさんが一昨日(二日)の午前十一時に亡くなりました。本当はせめて松の内の間だけでもお知らせしないつもりで、事実まだ親戚にも知らせていなかったのですが、しかし考えてみるとばっぱさんは数えでめでたく百歳という超長寿を達成しての大往生だったわけであり、決して悲しいことではない、と考え直し、今朝方、寝床の中で皆さんにもお知らせすることを決めました。なぜかは知りませんが、これまでも明け方の夢うつつのときに大事な決断をする癖が小生にはあるようです。

それはともかく、兄の話によると、その日の朝、看護師さんが巡回したときはいつものように点滴を受けながら元気そうでしたが、二度目に行ったときは呼吸困難になっていて、急いで医師も駆けつけ人工呼吸を試みたが手遅れだったそうです。いずれにせよあまり苦しまなかったことが何よりの慰めです。(息子が言うには実に穏やかな死に顔だったとか)

兄は火葬その他すべてそちらの教会の信者さんたちとやるので、相馬には納骨の時に遺骨をはこぶので、今回は来なくてもいい、ということでした。死に目に会うことはかなわなかった以上、この際兄の言うとおりすべてを一任するつもりでしたが、昨日になって、息子が急遽みなを代表してせめて死に顔だけでも見に十和田に行くと言ってくれましたので、もちろんそれには異存のあるはずもなく、雪の十和田へ車で出立して行きました。

さて長々と状況説明に及んでしまいましたが、みなさんご存知のとおり、実はばっぱさん、十年近く続いているこのブログの主役でした。十和田に行ってからは登場回数は減りましたが、それは表舞台(?)からで、コメント欄という脇舞台では、S兄のおかげで常に主役を張ってました。ですから少し長めにご報告させていただいたわけです。たぶんこれからも当分のあいだ、ばっぱさんのことを語らせていただくことが多いと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

新年のご挨拶としてはいささか、いや大いに異例のものとなりましたが、最後にもう一度、皆様にとって今年が昨年の災厄をわずかでも癒すことのできると年なりますよう心から願ってます。

追記 ばっぱさんはかねがね、自分が死んだときに葬式は無用、近親者だけに静かに送ってもらいたい、と言ってました(私もいつかそのように)。今回、兄の教会で少数の信者さんたちに弔ってもらうことはその範囲内と思いますので、母に異存はないはずと思います。ともあれ香典その他はいっさいおことわりさせていただこうと思ってます(これをお読みの友人・知人の皆さまにこの場を借りて申し上げておきます。どうぞよろしくお願いいたします)。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

6 Responses to 大往生

  1. 松下 伸 のコメント:

    慎んでお悔やみ
    申し上げます
           合掌

  2. 阿部修義 のコメント:

    謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

  3. ユイコ のコメント:

    「虹の橋」とはノアの方舟に出てくる、神がノアに約束された
    あらしの終わりを告げる印でした。波乱万丈、激動の時代、神の御言葉を
    信じることの難しい時代に神の約束を疑うことなく、
    その愛を信じ気丈な人生をお送りになられ
    多くの人々にその手本を示され、教育現場にて功績を残されました、
    佐々木先生のご母堂様千代先生に最大の敬意と哀悼の意を
    謹んで表します。末席にて  秋山ユイコ

  4. エトワール のコメント:

    神の下さる賜物は、私たちの主イエス・キリストにある永遠のいのちです。
    (ローマ人への手紙 6章23節)

    謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

  5. beautiful sky のコメント:

    心より御冥福をお祈りいたします。

    お会いすることができず残念ですが、残されたものの大きさ、偉大さを感じています。

  6. 山本三朗 のコメント:

    謹んでお悔やみを申し上げますと共に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

    ご母堂千代様の和歌は不思議と心に響いていました。佐々木先生、そして澤井様、千代先生のご紹介を楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください