[番外編]二人の娘(長女と長男の嫁)へのメール

 いやーまいりました。ココアの風邪が治りかけたと思ったら、予想通り今度はミルクが咳をしだしました。今までだったら放っておいたのですが、ココアの風邪がいままでになく重かったので、かかり始めに注射を打ってもらった方がいいと判断して、獣医さんに連れていきました。そこまではよかったのですが、注射のとき、ミルクがパニックになってキャリーケースから跳び出し、ガラス戸にぶつかるは机の上に跳びあがるは、の大暴れ。最後は部屋の片隅に逃げ込んだのを、しばらくそのままにして、落ち着いたところをやっと獣医さんが捕まえました。その際、獣医さんも手の甲を引っかかれましたが、私の方は上唇の上をちょっと深く引っかかれてしまいました。
 獣医さんに消毒してもらい絆創膏を貼ったのですが、化膿するといけないので、病院に行って抗生物質をもらった方がいいと言われ、帰りがけにかかりつけの石原クリニックに行き、消毒してもらい、薬をもらいました。猫は小さいながらパニックになると、ほんと猛獣です。
 とんだ災難でしたが、引っかかれたのが眼でなくて不幸中の幸いと思うことにしました。お医者さんの話だと、傷跡は残らないそうです(残っても別段この歳?になってどうでもいいって感じですが)。ミルクは、その後すっかり落ち着いて、いまキャリーケースの中で寝ています。あっ、それからココアの方ですが、だいぶ良くなったようで、ソファーの上で、これまた爆睡してます。
 あなたたちも風邪には注意してください。パパもママも、明日インフルエンザの予防注射をしてもらうつもり。

 とんだ災難続きの午後でした。でも今晩のスペイン語教室は休みませんよ。口の上に絆創膏を貼ったまま頑張るつもり。 なーんて書きましたが、大丈夫ですから心配ありませんよ。写真添付しました(「家族のアルバム」の最後でも見れます)。ではまた。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク