もう一つの首相退陣会見は?

 たぶん家の外に一歩も出なかったのは、震災後初めてではなかったか。体調を崩したわけでもギックリ腰になったわけでもない。昨日、十和田から予定通り孫たちが来て、その孫の相手をして疲れたわけでもない。ただなんとなく家の外に出る機会を逸したというだけ。それに今日は日曜日、郵便物もなかったし、珍しくこちらから出すものもなかった。夕食のための買出し…あゝそうか、その必要がなったからだ。
 
 でも昼食後、美子にはクッションをあてがい、襖を開け、その後姿を見ながら、珍しくベッドで昼寝をしたら2時間近く寝てしまった。ここ一週間ほど、これまでにないような疲れを時おり感じていたが(なんだ、やっぱり疲れが溜まっていたんだ)これですっきり疲れが取れた気がした。
 
 ユウチューブで「菅首相退陣会見」を見た。やるべきことをやった、と自画自賛だが、しかしその首相の座を狙って、四人(五人?面倒で数える気にもならない)の面々のどんぐりの背比べ、さらにそれを陰で操るらしい小沢の動静など、アホらしい体たらくに較べると(?)、菅さん、うまいタイミングで辞めていくなあ、と思わないでもない。ただ正にタイミングよく出た我が『原発禍を生きる』の偽総理記者会見ほどの劇的(?)な結末でないのは、これは残念至極と言わざるをえない、ですなー。(私の偽会見記を読んでから臨めばよかったのに)

 そのついでに、昨日、福島県を訪れたその菅首相が、放射性物質を含む廃棄物の「中間貯蔵施設」を県内に整備するよう要請したことに対して、県知事が「突然の話」だと声を荒げたというニュースを読んだ。

 はっきり言うと、何?突然の話?、それくらい覚悟してなかったの?、と逆にビックリだ。これが県民向けの一応のジェスチャーでないとしたら、あんた何考えて知事やってんの、と言いたい。今回の事故の、確かに極小の一端かも知れないが、責任者(つまり操業停止していた原子炉の再稼動を許可したという意味で)であることは間違いなく、そうだとしたら、ここは(つまり他県などに迷惑をかけていい話ではないので)申し出を受け入れる代わりに、今後(世の終わりまで? いや少なくとも日本国が存続する限り)原発は一切お断りの言質を取るなどして、国(私の言葉遣いでは日本国家)に大いなる貸しを作っておくぐらいのハッタリ(じゃないよね)かますくらいのクビチョウであって欲しいな。
 
 ついでに言うなら、その施設(もちろん外部への危険性ゼロの堅牢な建造物)に豪華な(?)反原発・脱原発のモニュメント(原発禍記念博物館)を併設させるくらいのパフォーマーであってほしいなー、いや冗談じゃなく。

佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください