またやっちゃった!

 そこまではすべて順調だった。それで調子に乗ったわけではないが、いささか油断してたことは間違いない。

 まずローソンに寄って、北海道帯広のK叔父あてに宅急便であんぽ柿を送った。ついで量販店Jに行き、猫たちのための缶詰、バッパさんの部屋入り口に付ける手すり(?)などを買い、次いで海産物を豊富に揃えた小さな市場に寄り、最後は公園に行って散歩するはずだった。でもその前に、昭島に住む中学校時代の同級生K君から送られてきたまま、まだ渡さないでいたS君のための千社札を届けようと思ったのだ。

 あいにくS君は不在。でも娘さんらしき人に言付けて辞去し、門口に停めた車の中の妻とEに手を振りながらなだらかな坂を降りきったところで、あっという間に転倒したのだ。コンクリートの上に砂がまかれた状態だったので、ちょうど重心をかけた左脚がものの見事に滑って、左の頬骨から着地した感じになった。これは断じて歳のせいではない。昔少し柔道をやったことがあるので、たいていこういう時は人より上手に受身の態勢になるはずである。しかしその時は、受身の余裕など一切なく、あっという間に地面に叩きつけられてしまったのだ。
 
 頭を強打しなかったのが不幸中の幸い。でも頬骨から地面に落ち、ついでに左目のすぐ横がコンクリートの地面を擦ったらしく、血が出始めた。あわてて車から出てきた妻とEの手前、なんでもないなんでもない、を繰り返したが、もしかして病院に行った方が良くはないか、と一瞬思った。しかし7,8年前、八王子の自宅付近でバイクで転倒し、左肩を強打し、腕時計をバラバラにし、ズボンを数箇所切り裂いた時も、結局病院に行かないで直した俺だ、これしきのことで病院に行ってられるか。
 
 妻が泣き出し、Eはしきりに病院行きを勧めたが、ゆっくり塵を払って車に二人を乗せて帰宅した。さすがその日の散歩は中止した。家に帰ってすぐEが消毒してくれたが、頬骨のあたりが腫れないよう、冷蔵庫に捨てないで取っておいたアイスノンで冷やすことにした。
 
 繰り返すが、これは決して歳のせいでコケたのではない……いや、そんなことどっちでもいいか。これからは足元に注意して、とりわけコンクリートの上にうっすら砂が載っているところでは、氷の上を歩く時のように決して踵からではなく、つま先から慎重に足を下ろすことにしよう。皆さんもあんじょう気―つけなはれやー。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク