今晩もお休み

今日は朝から『モノディアロゴスV』の制作に没頭してました。結局昨年の九月中旬から今年の三月初旬、つまり大震災直前までのものを一冊にまとめました。いくつか削った日がありますが、本文そのものはほとんど剪定しないままでした。それだけ剪定すべき無駄がない、と言えればいいのでしょうが、簡単に言えば剪定作業が面倒だったわけです。かくして全392ページの大冊が出来上がりました。袋綴じ印刷ですから、相当な厚さです。今物差しで計ったら3センチ8ミリありました。もちろんあの因縁の(初めての方は何のことか分からないでしょうが)レターパック350では送れない厚さです。

今まで『モノディアロゴス』は「解説」をすべて畏友N氏にお願いしてきましたが、今回はさすがに1ページ分の著者「あとがき」だけになりそうです。

ともかくたいしたボリュームです。これから夏場の昼寝のときの枕にちょうどいい高さになります。

「がさ」のことばかり言いましたが、自分で言うのは変ですが、内容もまたいいです。みなさんは、もちろんネットでいつでも好きなときに読めるわけですが、本になったモノディアロゴスはまた別物ですよ。といってあんまり宣伝して、たくさんの人から譲ってください、と言われても、すぐには作れません。今日は辛うじて2冊作りましたが、それだけでももう肩はこるし、眼は霞んでくるし、そうとう疲れます。でも、本になったものを読んで欲しいという気持ちは捨て切れません。でも疲れます。

本当はどこかの出版社が、よしきた全冊わが社から出版しましょう、なんて言われることを密かに期待して…いやいや、これも本当のことですが、このまま私家本としてちびちび作り続けたい、と思っているのです。今回、『Ⅵ』に相当するものが『原発禍を生きる』として論創社から出版され(何冊出版されるのか私は知りませんが)、見ず知らずの人の手に渡っていくのでしょうが、でもメールかなにかで注文を受け、あゝこの人はどこどこの人なんだ、何歳でどんなお仕事をしている人なんだろう、などと考えながら包装して郵便局からゆうメールで送るのも楽しいものなのです。

ただ今回の『V』は、ちょっとボリュームがありすぎだなあ。

でも作りながら読み直したのですが、これがなかなじゃ面白いんですよ。

でも一度にたくさん注文を受けると、ちょっと疲れるんですよねー。

なにをぐだぐだ言ってるんでしょう。十和田からメールで昨夜のお誕生会などの様子が写真で送られてきました。Sさんのお姿、初めて見ましたよ。だいたい予想していた通りの風貌…やっぱ、「文は人なり」ですね。ところでこれ、フミはヒトなり、なんて漠然と覚えてたのですが、正しくは「ブンはヒトなり」なんですってね。知ってました? あゝそう。私だけか間違って覚えてたの。でもこの言葉、フランスの博物学者ビュフォンの言葉だって知ってました? 知らなかったでしょ。私も知らなかったの。今辞書で調べたばかりでした。

今晩はお疲れだから無理としても、明日あたりはSさんにたっぷりお土産ばなし期待してます。今晩も私、休ませてもらいます。皆様もどうぞごゆっくり休んでください。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください