種田山頭火

 夜、手元のカレンダーを見て、今日が建国記念日であること、いや、あったことに初めて気がついた。今日が何日で何曜日なのか分からないまま日が過ぎてゆく。
 
 先ほどから『定本 種田山頭火句集』を見ている。巻末の年譜で、どんな生涯を送った人か初めて知った。俳句については何も知らないも同然だが、山頭火はどのような評価を受けてきた人なんだろう。これまでもいくつか彼の句を読んだような気がするが、いずれも俳句の約束事を無視した、人を食った句という印象が残っている。初めて彼の句集を見ているのだが、なるほど面白い。

 たとえば「身辺整理」という添え書き(と言うんだろうか?)のある句。

     焼いてしまへばこれだけの灰を風吹く

がくんと、肩透かしをくったような句だが、不思議な余韻が残る。続いて「老遍路」という添え書きの二つの句。
     
     死ねない手がふる鈴をふる
     とほくちかくどこかのおくで鳴いてゐる

 なんという句だろう。でもクセになる。妙な韻律がまとわりついてくる。しばらく読んでみよう。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください