絶えず新天地を求めて

 それから間もなく長男・博が誕生。
 
    子守連れ 岩山(トンネル)くぐり 朝夕を
       女教師我は 勤めはげみぬ
    誕生日迎える頃は すくすくと
       義弟も姑母(はは)も 吾子と楽しむ

 岩山のトンネルがどこを言っているのか分からないが、兄の子守をしてくれた方は、後に一家が北海道から小高に再移住したころはまだご健在だったことをぼんやり覚えている。ここでもう一つ初めて知ったのは、義弟というのは父のすぐ下、というより十一人兄弟の末子・直叔父のことだと分かるが、佐々木の方の姑、つまり私にとっては祖母に当たるモト(明治二年<1869年>生まれ)がそのころまだ生きていたらしいということである。

    吾児は二歳 夫は心ひそかにも  
       北海道行きを心に決めたり

 これはもう歌というよりメモだが、おかげで事実関係がはっきり分かる。すでにばっぱさんの家族が移住していた十勝に自分たちも行こうと言い出したのが父だということも、ここで初めて知った。

    はるばると津軽海峡渡り行き
       父母います家に安らふ

 「十勝の春」というタイトルの元に四つほどの歌が続くが、それによると「ようやく押さえ立ちする吾児の世話」を祖母に託して、夫婦はそれぞれ別れて任地に赴くとある。父は御影小学校、母は芽室小学校に。母の芽室小学校時代の教え子とは最近まで交流があったが、父の御影小学校については今まで何も調べたことがなかった。御影などなんだか関西っぽい名前(神戸市東灘区に同名の場所があるそうだ)が印象に残っていただけだ。父は相馬からもっと広い北海道を選び、ついでさらに広く大きい満州を夢見たのはなぜか。いつか御影小学校を訪ねなければなるまい。
 
 ばっぱさんの歌日記の次のタイトルは「渡満」となっている。

    三人目の出産の月八月に
       夫は単身満州に発つ(十四年)
 
 つまり私が生まれたとき、父はすでに満州に単身渡っていたのである。

    新婚の弟夫婦と子供達と  
       迎えに来たる夫と連れ立つ(十六年四月)
 
 これは博多から私の家族と叔父夫婦が満州に渡るとき、博多まで父が迎えにきたことを言っている。ちょうどそのとき博多飛行隊にいた健次郎叔父と、九州帝大に通っていた(島尾)敏雄さんが壮途を祝ってくれた。記念写真が残っている。
 

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください