瞬間湯沸かし器

 今週の日曜、久しぶりの地方選挙があった。福島県知事選挙とわが町・南相馬市の市議選である。我家は通りから少し奥まったところにあるので、うるさい舌戦の被害は無かったが、通りに出ると相当なものだったらしい。知事選の方は現職と、対立候補は共産党からの一人だけだったから、勝敗は初めから決まっていて、まことに張り合いの無い選挙となった。しかし市議選の方は、定員24名のところに立候補者30名という微妙な数字で、みな必死のようだった。
 
 投票会場は我家から歩いてすぐの第二小学校体育館であるが、実は昼近くになっても投票に行くかどうか決めかねていた。美子と一緒に投票するのがなんとなく億劫に思えたからだが、ばっぱさん訪問の時間が近づいてきたとき、やはり行くべきだと思った。こういうものは、可能な限り参加した方がいい、社会との繋がりは大事にした方がいいと思えたからだ。車で行って、美子と手を繋いで投票を済ませた。
 
 二、三つながりがあった候補者がいたが、九条や原発に対する態度がはっきりしている人を選んだ。南相馬市のような地方都市にとって、いわゆる経済的活性化が焦眉の急ではあるが、先の二つはそれ以前の大前提となる問題であって、そこらへんを曖昧にして「町興し」などされたら、利権争いや環境破壊への傾斜を深める危険の確率が高くなるだけで、長い目でみればいいことはない。それなら「しっとりと落ち着いた町づくり」の方が数段望ましい。
 
 有権者数が五万八千くらいなので、結果はすぐ判明するはず。私としては珍しく、市のホームページの「選挙速報」なるものを時々見ていた。ところが最終結果が出るはずの午前一時をまわっても、前夜、つまり選挙当日の午後十一時半から数字が動かない。朝になってもそのまま。あまりのとろさに、ホームページの書式にしたがって意見したがそれでも動かず。回答をお望みの方は市長宛のメールをどうぞ、と書いてあったので、そちらの方にも意見を出しておいた。
 
 それは昨一日のこと。さて今日になってもホームページには一切の変化が見られない、さすがに腹に据えかねて市役所に電話すると、それは選管の管轄ですから、とたらい回しにされそうになる。まっこちらはどこの管轄でもいいので、選管の係りと話をする。数字が確定した段階での報告はしてますが、などと間の抜けた返事。いやいや、数字が並んでいても当確の表示がきちんと出されていないかぎり、ただ数字の羅列を見ただけでは判断のしようがないですよ、と少しきつい調子で反論。
 
 それは今日の午後のこと。そして夕食後にホームページを覗いてみたら、「選挙速報」の文字が消え、ようやく「投票結果」という表示に変わり、候補者の名前の前に「当選」という文字が加えられた。そうそれでいいのよ。でも二日後にやっと報告するくらいなら、わざわざネットを使って「選挙速報」などと看板掛けないでもらいたい。
 
 この一連のやり取りで、久しぶりに瞬間湯沸かし器が沸騰した。そして不思議なことになんとなく自分が生き生きしているのだ。やっぱ時々怒らなくては調子が出ないらしい。そういう体質になっているらしい。これからも時々怒ろうっと。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください