台風一過

 奄美の方に甚大な被害をもたらした台風が相馬地方にも来るというので、すこし構えていたが、幸い予想よりもかなり東に逸れていったようだ。いつも台風の時期に思うこと、それは南の地方の人たちが毎年大変な苦労をなさるのだが、その苦労をじゅうぶんに埋め合わせる楽しさや喜びもまたあるのだろうな、いやそう思いたいということである。もちろんそれは、家屋崩壊や怪我人や死者を伴わない限りでの話だが。
 
 今朝は愛たちがばっぱさんを訪ねてくれるはずだったが、台風接近で急きょそれをとりやめ、代わりにいつものように私たちが行くことにした。ただし美子は車の中で待つことにして。しかしその前に、石神の堀川さんのところに行った。明日三十一日はこの夏亡くなった君子おばさん(正式名は「キミ」)の百ヶ日法要と納骨の日なのだが、美子のこともあって、前日の今日、ご挨拶に行くことにしたのだ。といって座敷に上がることはせず、玄関先で失礼するつもりだった。ちょうど従弟の直人さんが畑の方から帰ってきたところだった。肇子さんも家にいたので、途中買ってきたお供えを差し上げた。お線香はそのうち孫たちを連れてゆっくりあげさせてもらうことにして、小雨の中を帰ってきた。帰りがけ畑から掘ってきたばかりのさつま芋をいただいてきた。
 
 君子おばさんがいなくなって淋しいことだ。いつも笑顔で迎えてくれた。甥や姪四人のめんどうをみながら八十有余年のつつましい生涯。晩年、まだ足が丈夫だったころ、公民館だかで社交ダンスをやっているのよ、と嬉しそうに話していた。スペインなどでは、結婚しないで兄や弟の一家の世話をしながら一生を送る人が珍しくないが、日本でも田舎にはそういう人生を送る人がいる。家族の中でちゃんと場所があり、けっして余されるようなようなことはない。晩年、独身であったことの淋しさを感じたこともあったろうが、しかしあの曇りのない美しい笑顔から判断して、おばさんの一生は幸多きものであったことは疑いえない。
 
 さていまこの文章は、美子の傍で、ときおりBS2の「叙情歌大全集」を見ながら書いている。昨日、Yさんが約束どおりハードディスクを設置してくれたので、この冬は、廊下では我慢が出来ない時は、こうして美子の傍で、灯油ストーブの傍で(今はまだ電気ストーブだが)、ネットブックが使えるようになった。いま秋川雅史が「千の風になって」を歌っている。フルネームを書けたのは、リモコンで「番組内容」を押して調べたからである。まっこと便利になりました。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください