夢の尻尾が掴めない

 夢は長い間見なかった。見たのかも知れないが思い出せるような夢は見なかったと言い換えてもいい。ところがどうしたことか、最近はよく見るようになった。でもよく考えると、夢というものは不思議なメカニズムを持っている。日中経験したことが潜在意識に記憶され、それが睡眠中に出てくると思われているが、そうとは言い切れない。いや、きっかけはそうかもしれない。しかし夢はそれ独自のメカニズム、それ独自の文法で展開される。
 
 もっと正確に言えば、世に言う夢占いやフロイトの夢判断では解釈しきれない、もっと得体の知れない世界だということだ。漱石の「夢十夜」や百閒の「冥途」などの面白さもそこにある。そんなむかしの作家のものでなくとも、島尾敏雄の夢に傾いた作品など、目を開いて書かれた作品以上に面白い。夢の世界を描写していると分かっていながら、不思議な臨場感というかリアリティーを感じる。
 
 もちろんそのリアリティーは現実世界のそれとは違うリアリティーである。白昼世界の約束事や因果関係が通じないところのリアリティーである。
 
 …とこう書きながら、今朝方ありありと見た夢のことを書くきっかけを探していたのだが、今回はうまく書けそうにもないことに気づき始めている。夢を描写するにはそれ相応の訓練というかテクニックが必要らしい。現実世界のことでさえうまく書けないのに、夢の描写にまで手を広げるのは無謀である。それは分かっているのだが、今朝方の夢はそれだけ魅力的だったわけだ。それなのにいざ書く段になって、この体たらくだ。
 
 次の機会を待つことにしよう。
 
 昨晩から真冬並みの寒さである。猛暑のときは文句たらたらだったが、今となってはあの暑さが懐かしい。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください