加計呂麻島呑之浦

 寺内邦夫さんから先月25日、名瀬の協会で行われた島尾ミホさんの一周忌追悼ミサ、翌26日、瀬戸内町加計呂麻島呑之浦の島尾敏雄文学碑記念公園で行われた墓碑の除幕式と納骨式を報じる南海日日新聞、奄美新聞、南日本新聞など、南の新聞各紙のコピーが送られてきた。

 記事をよむうち、加計呂麻島呑之浦の記憶が蘇ってきた。あれは昭和63年(1988年)12月4日、
その同じ公園出島尾敏雄の文学碑の除幕式のときのことである。あのときは、たぶん伸三・登久子夫妻は中国に行っていたのではないか。だから私はいわば彼らの代わりとして式に参列した形になった。朝から晴れた一日で、対岸の瀬戸内町から船で島に渡ったのではなかったか。

 当時の記録は、式次第のパンフレットと「南海日日新聞」の切り抜きだけで、日記は残っていないようだ。いや12月28日の日記には「鹿児島、奄美への旅についての覚え書きを、ワープロの方にいれ始めたので、この日記長から長い間離れていた」とあり、「JR九州・博多車掌区」のオレンジカード「はやぶさ号乗車記念」とテレホンカード「奄美の自然 ツマベニチョウ」が貼り付けてある。だが覚え書きは見当たらない。どこにいったのだろう。
※この項未完

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク