旧友再会

 今朝の「朝日新聞」文化欄に懐かしい名前と顔写真が載っていた。進藤榮一氏のことである。肩書きは筑波大名誉教授、専門は国際公共政治学となっている。まだ小学生のころ、初めは確か帯広カトリック教会で兄同士が友だちで、後に同じ年の弟同士が友だちになった。私たちが帯広を離れて相馬に住むようになってからは、夏休みなどで帯広に帰省する(つまり私の生まれ故郷だから)とき、時おり会っていた。学生時代最後の夏休みには、二人でテントをしょって、記憶にまちがいがなければ、バスで上士幌に行き(もしかするとそのころすでに士幌線は廃線になっていたか)、そこから歩いて然別湖に出ようとしたはず。途中、谷川のほとりでテントを張ったが、クマが出るかも知れない山の中、まんじりともしないで朝を迎えた。

 そこからようやく糠平温泉に抜け、宿に上がってビールを飲んだ時のあの爽快感は忘れられない。その時の写真は、「家族アルバム」の(5)に貼ってある。その後、私は上智大、そして修道院に入ったが、一方彼は京大からジョンズ・ホプキンズ大、プリンストン大などで研鑽を積み、帰国後は鹿児島大で教えるようになった。

 長い空白のあとの再会は、私が修道院を出て原町に舞い戻ったときである。たぶん帯広への帰省の途次、原町に寄ってくれた。そのあと私が結婚して清泉女子大で教えるようになったころ、彼は鹿児島から筑波に移ってきた。彼が結婚したのはその前後だったと思うが、確か目白の…そう、思い出した、椿山荘での結婚式に私も出席した。猪木正道門下で兄弟子に当たる高坂正堯など、当時マスコミで有名だった学者たちが集まっていたのを覚えている。その後の彼の活躍は目覚ましく、次々と著作を発表するかたわら、英米など諸外国での客員教授も歴任、いまや押しも押されもしない国際政治学の大家である。

 
 彼と急接近して、もう少しで同じ職場の同僚になりそうなときもあった。私が今は亡き恩師神吉敬三教授の推挽で筑波大・大学院の地域研究科というところに移る寸前、念のため美子と土浦経由で大学を見にいったとき、まるで西部の町のような周辺の印象が悪く、急遽、間に立ったU教授のところに断りに行ったことがあった。もしあのまま筑波に移っていたらどうなっていたろう。進藤氏は一緒に闘うことを楽しみにしていたのに、と言うが、たぶん官学とはついに肌が合わず苦労したのではないか。かといって、最後の勤務先でのように、私学の、ミッション・スクールでもえらい苦労をしてしまったが。人生まっこと良く先が見えんとです。

 いやそんな昔のことはともかく、今日の進藤氏の記事「アジア 覇権か協調か――孫文と梅屋の夢から100年」の論旨に、さすが我が友、と感心した。読み終わって、辛うじて手元に残っていた彼のケータイ番号を回すと、昔のままの彼の声が返ってきた。私と同じく彼にもいろいろな変化はあったろうが、お互いともかく元気であったことを祝福し合った。そしてそのうち必ず再会することを約して電話を切った。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください