単一民族

 先日、馬鹿な政治家の日本人単一民族説が話題になった。単一であることを至上の価値とみなす迷妄は、ついにはヒットラーのアーリア民族至上主義に発するホロコ-ストや、1990年代、ユーゴスラビア崩壊後に勃発した数々の紛争での民族浄化の愚行にエスカレートせざるをえない。狭隘でゆがんだ国粋主義の末路がいかなるものか、われわれは歴史上何度も痛い目にあってきたのに、同じ間違いが今日も世界のいたるところで繰り返されている。

 最近、「朝日新聞」の「ニッポン人脈記」というコラムで、十回にわたって「ここにアイヌ」という連載があった。以前、武田泰淳の「森と湖のまつり」に触発されて(といって、実はまだこの小説さえ読んでいないのだが)アイヌ問題を勉強しようと思ったのに、あれ以来すっかり放置したままなので、興味深く読んみた。いろいろ新しい事実が分かってありがたかった。暴走族総長あがりの俳優宇梶剛士がアイヌの血を引いていることや、前から名前だけ知りながらいつか読みたいと思っていた哲学者花崎皋平氏が、幕末以降の和人によるアイヌ抑圧を告発した松浦武四郎について『静かな大地』を書いていたこと(さっそくネット古本屋に注文)、若いアイヌたちがいろいろな形で自分たちのアイデンティティを模索し始めていることなど。

 先日我が家に滞在した叔父とも話したことだが、天保年間に八戸から相馬に天秤棒に赤子を載せてたどり着いた(荷車を引いて、と思っていたが天秤棒だとのこと)母方の先祖は、もしかしてアイヌの血を引いていたのかも知れない。というのは、仁ばあさん(私の祖母)は昔からその顔の輪郭がアイヌ的であり、口元の刺青があればまさにアイヌだったからである。

 もちろんこれは、もしもそうだったら嬉しいな、面白いな(?)とある種の誇りをもって言っているのである。つまり例の代議士たちとは180度反対の価値観・民族観からの願望である。

 今日の午後、川口から孫たち(2、4歳の男の子)がやって来て、ばたばたしているので、せっかく再開したモノディアロゴスもあやうく休みそうになったのだが、同志社大学のT教授からのメールで、この二日間モノディアロゴスが動いていて嬉しかった、というメールがあり、十二時前になんとしても今日の分を、と張り切ったのだが、尻切れトンボになりそう。また明日続けます。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク