ある変調(un cambio de tono)

 なにもすべてがペソアの「せい」ではないのだが、ここ一月以上もはまっていた精神的な閉塞状況から脱却するためには、一時ペソアから離れてみるのもいいかも知れない、と思い至って、先ほど机の周辺に積み重ねられていたペソア関係の本をまとめて、といって他に適当な場所もないので、机の向こう側、というか一応は目の届かない床の上にまとめて緊急避難させたところである。さぞかし変なとばっちりを受けたものだと、ペソア君も迷惑顔であろうが、ともかく土壷にはまった私の窮余の一策である。土壷?いやそんな言葉はなかろう。ドツボのドは、「ど真中」や「どけち」など強調や罵倒を示す接頭辞の「ど」でしょう。
 
 ところで「ど」で思い出したが、映画などの規模の大きさを表す「超弩級」という言葉の「弩=ど」は、昔むかし、軍拡競争華やかしころに生れた言葉であると、どこかで読んだことがある。果たしてそんな説明が辞書にあるのだろうか、と調べてみた。ありました、ありました。1906年、英国海軍が建造した大型戦艦のドレッドノート(Dreadnought=「何ものをも恐れない」の意)の「ド」で、「同類のものより遥かに強力で優れているもの」を指す言葉になったとある。しかしそんな言葉は最近見たことがない。すでに死語となったのだろうか。別に惜しい言葉でもないからそれでいいか。
 
 で、そのドツボにはまっていた期間なにをやっていたか、というと、当たり前の「日常生活」を一生懸命生きていたのである。妻の介護もあって、次から次とやるべきことが目白押しで(可愛いメジロが枝のうえで押し競饅頭[いまどきの子供たちはオシクラマンジュウなんて言葉知っているのだろうか]している姿がいっしゅん頭をよぎった)一日があっという間に過ぎてゆく。で他に?
 
 そう言えば、子供向けの本や映画の蒐集にウツツを抜かしていたっけ。きっかけは昔録りためていたビデオの整理(VHSからDVDへの変換)をしていたときにたまたま見直した『リリー』だった。田舎娘に扮した可愛いレスリー・キャロンが、人形芝居の一座(といって二人のおじさんだけの)と出会い、夢見る少女から恋する乙女へと変身するミュージカル映画である。昔見て感動したことを思い出し、それから当時の「名画」のDVD](無ければVideo)、そして原作を次々と集めたのだ。幸い例のアマゾンで破格の安値で手に入れることが出来た。つまりレスリー・キャロン繋がりで「巴里のアメリカ人」、「足長おじさん」、を、さらに嵩じて(?)「オズの魔法使い」、「メアリー・ポピンズ」などなどへと進んだ。原作のあるものは、すべて「岩波少年文庫」でそろえた。
 
 もちろん、残り少ない時間でそれらをすべて読んだり見たりすることはできない。娘や嫁を通じて良質の夢を孫たちに伝えてほしいと願っているわけだ。それにしても、児童文学の名作が一時期イギリスやアメリカに多く誕生した事実は認めないわけにはいかないだろう。といって最近のハリー・ポッター物は、この爺様の関心の外にあって、ただひたすら過去に向かっているのだが。
 
 ついでだが、中国の古典、たとえば昔ダイジェスト版で読んだ『西遊記』、そしてまともには知らない『三国志』や『水滸伝』も、手持ちの分厚い原典訳はもはや読む時間もないだろう、と思い、それらもせめて児童向けのダイジェスト版で読もうと、同じく「岩波少年文庫」で取り寄せている。児童向けといっても、例えば『水滸伝』などはあの松枝茂夫さんの編訳となっていて、けっして質は落ちていないようだ。
 
 で、話をもとに戻す(?)と、これから当分のあいだ、いささか憂鬱な雰囲気を醸し出すペソアさんを離れて、もっとヘリオトロピックな、つまり「向日的」なアントニオ・マチャードを読んでいくつもりである。B.G.Mもしっとりしたマドレ・デウスから、もっと明るいスペインの音楽に替えようか。うーん、そこまですることもないだろう。テレーザ・サルゲイロ、いや彼女もいいが、我が町在住のボサノバ歌手吉田慶子さんの柔らかで透明なポルトガル語の唄は聴き続けたい。

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください