三方六

 昨日、いつも買い物をするYBスーパーで珍しい北海道のお菓子を購入した。「三方六(さんぽうろく)」という長方形のバームクーヘン状のお菓子である。説明文にはこう書かれている。「北海道開拓時代、開墾のための伐採が各地で行われて、まっすぐな木は建築のために、その他は薪に割り、厳しい冬の燃料としました。木口のサイズ三方、それぞれ六寸(約一八センチ)であったため、「三方六」と呼ばれ、三方六の薪があかあかと燃える裸火の炉を囲んで団らんをし、疲れを癒したのです」。

 第二十七回世界菓子コンクール「モンドセレクション」で、最高金賞を受賞した銘菓らしいが(製造元は帯広の柳月)、なるほど程よい甘さの美味しいお菓子である。1センチ半幅ですでに切り分けられているのがいい。生まれ故郷の帯広がお菓子業界ではちょっと有名らしいとは聞いていたが、いつのころからそうなったのだろう。というのは、『モノディアロゴス』で紹介した健次郎叔父が、戦後、飛行機乗りから一転どころか数回転した職業の中に菓子製造業があり、たしかシュークリームなどを作っていたはずで、そのころの帯広は業界ではまったくの未開地だったはずだからである。

 ちなみにこの叔父は、終戦後のドサクサのなかでいろんなことに挑戦した。最初は湧洞沼で製塩、次に糸の立たない納豆(もちろんわざとじゃない)作り、前述の菓子屋さん、そして最後にやった機械(チェーン・ソーなど)販売業でやっと陽の目を見たらしい。販売業と書いたが、何かの機会に発明賞をもらったこともあって、元パイロットもなかなか頑張ったようだ。愛妻亡きあと一念発起(?)したのか、娘夫婦の家に車で行ける距離にあるマンションに一人住まいをしながら、八十七歳の今も背筋をぴんと伸ばして連日ダンスとパークゴルフで人生を楽しんでいる。一昨年の老人の日、「北海道新聞」にダンスに興じる大きな写真が掲載され、バッパさんの顰蹙を買ったりしている。

  ところで「三方六」もいいが、十勝開拓の父・依田勉三の「開拓鍋」をモチーフにしたお菓子はどうだろう。たとえば、基本的には甘さ控えめの十勝小豆の最中で、鉉(つる)のところにはブラック・チョコレートを配して。売れると思うよ。

カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク