地方都市の文化行政

 話の途中で、あゝ切れるな、などと他人事のように自分を観察するもう一人の自分がいた。案の定、風向きがふと変わるように、職員室に呼び出された生徒と教師のようなそれまでの位置関係が逆転した。たぶん四十代のその職員は、この百戦錬磨の退職教師の前ではしょせん若造である。年齢を笠に着るつもりは毛頭無かったし、細かいところでいちいち世直しするつもりもなかったが、人間関係にはとかく弾みというものがある。

 フォルクローレの練習会場を借りに「文化センター」を訪ねたとき、同じ建物の五階にある生涯教育課など訪ねるつもりはなかった。ただ施設管理のセクションの係員に、市の芸術文化協会に登録すれば施設使用料が無料になるから、相談してみては、と言われ、背に腹はかえられぬ、とつい寄ってみる気になったのである。求められてフォルクローレ・サークルの母体であるメディオス・クラブがどういうクラブかを説明するうち、これはちょっと違うぞ、と思いだしたのである。つまり「査定」され、それに合格すれば「認定」してやる、といった雰囲気に気づき、とつぜん馬鹿らしくなってきたのだ。

 もともと市の文化行政などそんなものなんだろう。無定形のものから地方文化を「育てる」という意識はさらさら無く、書式や形式にかなったものだけを「認可」してやろう、というわけである。そんなことなら芸術文化協会などといっさい関わるつもりはないから、と憤然と席を立って廊下に出たら、課長さんがちょっとそこでお話を伺いたい、と廊下の隅の椅子まで案内する。これはいい機会だから、と言いたいことを率直に言わせてもらった。すると、別に芸術文化協会の傘下に入らなくとも、簡単な申請書を出してもらえれば、施設使用料の減免が可能だから、と一枚の用紙が渡された。(初めから言ってくれよー)。それでは近日中に提出しましょう、と受け取って帰ってきた。

 家に着いて見てみると、恐れていた通りの書式になっていた。つまり申請書の受け取り先(市教育委員会)がすでに「様」という敬称を自らに冠しているのだ。いまだに公的機関に限らず民間団体でさえこの無意識の横柄さを自らに許している。印刷された「様」に横線を引いて手書きの「様」を書き加えるか、それともそんな相手とはとうぶん関わりあわないようにしようか、いまちょっと迷っている。

Please follow and like us:
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク