その日の朝

 二年ぶりの東京はやたら暑かった。といって昨日は全国的に真夏のような一日だったようだが。最初から波乱含みの一日だった。五時半にタクシーが来るというのに、目が覚めたのはその十五分前。一瞬頭の中が真っ白になった。ケータイと目覚し時計をセットしていたはずなのに、その両方ともが機能しなかったのだ。後から知ったのは、まずケータイは時間設定をしたのに「停止」のままだったこと。時計の方は、どうやら無意識裡に止めたらしい。

 火事場の馬鹿力のようなものが「機能」したようだ。パニック状態の妻に向かって「大丈夫、大丈夫、化粧などは電車に乗ってから」などとしきりに声を出して誘導し、猛スピードで服を着て、猫たちのご飯と水を用意し、電気や火の元(灯油ストーブは使ってないが念のため)のチェック、土産など持ち物の確認など、合計十分で完了。下に降りてバッパさんに留守を頼んで玄関先に出た途端、音もなくタクシーが接近。余裕である。

 いや、正直言うと、目が覚めて時計を見た時点で、こりゃ駄目だ、と思い、一電車遅らせる覚悟をしたのである。でももしかして間に合うかもしれないと、半信半疑のままエンジンをフル回転させたまでなのだ。もちろん兵隊の体験はないが、起床ラッパで飛び起きて真っ暗な営庭に整列する兵隊のような「神業」をやってしまったという感じ?(今風に語尾を上げて)。
 
 確かに幸先は決して良くはなかったが、おかげさまで(?)その後は全て順調、可愛い初孫に面会したり、旦那とお父さんに若夫婦の新居に案内してもらったり(娘と孫はまだ産院)、徒歩十数分のところにある旦那の実家で休んだり、近くの寿司屋でご馳走になったり……
 
 でもやっぱり強行軍だったことは間違いなく、上野発七時の(名ばかり)特急に乗って、あとは終着駅まで寝てこれたはずなのに、神経がテンションを上げたまま下がってくれず、どんよりした目を開けたままぼんやりしていた。それにしても、日ごろ超トロクサイ妻がなんとか付いてきてくれたのは収穫といえば収穫。やればでっきるじゃなーい。

Please follow and like us:
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク