わがフン戦記

 昨夜は、部屋から廊下へのココア用の出入り口を段ボールの箱でふさいで寝た。昨日はあの仮死状態からの蘇生のあと、小さくちぎった煮魚をガツガツ食べ、水を飲み、一時はこの調子で元気になるかな、と思ったのだが、昼過ぎからはまた食べず、ときおり水を飲むだけの状態に戻ってしまった。

 しかし排泄の方はしっかりしている。時おりの小便のほか、中腰になって固めの立派なウンコをしてくれた。(あっ、ついでだから書いておく。実は今年の年賀状の中に、偉い先輩からのものがあり、そこに鉛筆書きで「雲古のことは読みたくも聞きたくもありません」とあった。おそらく美子の入院について私が書いた文章を指しての苦言であろう。しかしこと「生きる」ことに関して、「食べる」ことと「出す」ことを抜きに話は成り立たない。別に偽悪者ぶって書いているわけではない。たぶん老人性の潔癖な「美意識」からの苦言だと思うし、鉛筆書きであることも考慮して、きっぱり無視することにした。)

 閑話休題。それにしても根性のある猫だ。ときおり心細くなるのか鳴き声をあげるが、頭をなでてやるとまた安心して寝る、という状態が今日も続いている。願っているのは、ココアが、私たちの立てるいつもの生活音(?)を聞きながら、眠るように死んでいくことである。彼のために泣くことは、一昨日の夜から、明け方の蘇生の後先にかけて、自分でもびっくりするほどとめどなく流れ出た涙でもうたくさんだ。

 「そのとき」が来るまで、あと二、三日かかるかも知れないが、ゆっくり送ってやろう。新聞紙が間に合わなくなってどうしようかと思ったが、廊下の端の物置にクッキーが使わなくなった大型の紙オシメ100枚がまるまる残っていたので充分であろう。またぞろシモの話を、と言われるかも知れない。でもねー、そう言うあなた、あなたがヨイヨイになって、オシメを当てられるようになっても、そんな「上品」なこと言ってられますかねー。昨年十一月に九回の連載を終えた朝日新聞の「ニッポン人脈記 排泄と尊厳」の結びの言葉に全面的に賛成する。引用してこの話を打ち切る。

 「生きることは排泄すること――。だからこそ私たちは「生きる証し」の排泄から目をそむけるのではなく、「人間の究極の尊厳」ととらえ、みんなでもっとふつうに語り合いたい。すべてはそこから始まるのだから。」

 また鳴いたので行って見ると、昨日より大きくて立派な雲古をしていた。昨日の昼からは何も食べていないから、もしかするとこれが最後の雲古になるかも知れない。ところで妻の方だが、昨夜はココアのことなどで気が回らず、それにこのところ夜中に起き出すこともなかったので、つい互いの手首を結んで寝ることを怠った。朝方、はっと気が付くと隣りに寝ていない。あわてて居間に行ったら、寒いなか、ひとりソファに腰掛けていた。急いで便所に連れて行ったが、恐れていたとり、すでに大をやっていた。ただありがたいことにいま使っている紙パンツはマジック・テープで着脱が容易なので体を汚さずに換えることができた。

 げにフン戦の連続である。おかげでこちらは敗戦処理のベテランになりつつある。今朝は、あの偉い先輩を意識しすぎて、少しムキになったかもしれない。とうぶんフン戦記は休むことにしよう。次はもっと「高尚」な話題にする。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください