空騒ぎ

 ちょっと恥ずかしい。本当に一瞬、写真をさっと撫でただけでした。かくなる上は、せめてエンドロールで協力者として名前が出るところを見ようとしましたが、テレビ版では屁でもないコマーシャルが多すぎて、それもカットされてました。実はちょうど美子の夕食の介助が長引いていて、映画そのものもほとんど見てなかったのですが、録画だけはしましたので、おいおい見てみるつもりです。
 ただ二泊予定で川口から来ていた娘と孫二人にも、その一瞬の場面を見せることができたので、なんとか救われました。
 ともかくちょっと騒ぎすぎました。お許しくださいませませ。

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

1 Response to 空騒ぎ

  1. 佐々木あずさ のコメント:

    今日のタイトルも軽妙洒脱なお題≪空騒ぎ≫にクスッとしました。さすが文学者!先生が、DNAをしっかり受け継いでいるお孫さんたちと、その瞬間を共有し、ドキドキワクワクしながら南相馬のご自宅でワイワイと過ごしているご様子、こちらもなぜだか温かい気持ちになってきます。千代ばっぱ様が、命からがら、幼子たちを祖国に連れ帰ろうと機転を利かせ、体を張って逃げ続けた71年前に、思いを馳せます。先生の命が、ここまで生きながらえ、美子夫人とともに暮らしを培い、そしてお子様、お孫様にまでつながっていることに感謝の気持ちです。そのおかげで、私自身、モノディアロゴスで学びを深めることができるのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください