スペイン語教室新年会

 今晩七時から、駅近くの居酒屋で、スペイン語教室の新年会がある。昨年度はクリスマス会だったが、今年度は年が明けてからゆっくりということで、22名ほどが集まる。中学時代の同級生たちが献身的に教室運営をしてくれているので、毎週木曜、実に楽しい教室に発展した。それぞれ仕事や勤めを持ちながらの教室参加で、教える私の方が毎回いい刺激をもらっている。

 会員有志によるフォルクローレの演奏など楽しい出し物もあるようだが、さて先生も何か、など求められたらどうしよう。それで急遽、若山牧水の『白鳥の歌』(古関裕而作曲)のスペイン語訳を作ってみた。正式にスペイン詩の韻の踏み方など勉強したことがないので、ただ意を汲んだだけのお粗末な作文である。もちろん、もし歌うなら日本語の方である。

   白鳥は悲しからずや  空の青 海の青にも 染まずただよう 

   幾山河 越えさりゆかば さびしさの はてなむ国ぞ きょうも旅ゆく 

   いざゆかむ 行きてまだ見ぬ 山を見む このさびしさに 君は耐うるや

         !Qué triste estará el cisne!,

          no teñido ni en azul del cielo

          ni del mar flotando blanco.

         !Cuántas montañas y rios

          tienes que atravesar!,

          hasta llegar al país sin tristeza.

         Vamos a ver la montaña

          todavía no vista,caminante,

          aguantando esta tristeza.

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク