傘張り浪人のご挨拶

 南の方では台風の被害があったようだが、こちらではいつものように台風被害のニュースは聞かれなかった。しかし今朝あたり、急に涼しくなったのはその台風のせいだろうか。いやこれもいつもの通り足早にやってきた秋のせいだろう。昨夜は久しぶりにパジャマを着て床に入って正解だった。

 美子も私も熱中症にもならず無事今年の酷暑を耐え抜いたわけだ。目の前のカレンダー兼メモ帳を見ると、この八月、東京などから合計6組の客人があった。もちろんそのうちの二組は、川口の敦子と翔太・大貴、仙台の頴美と愛が含まれる。客人のあるたびに、その雰囲気を察するのか、心持ち美子の顔つきが明るくなる。

 さてその間、いつもの家事・介護の合間を縫って『風景と物語の創造 モノディアロゴス第十二巻』の印刷・製本を続けてきた。今日まで97冊作った。これまで何度もボヤいたように、この作業でいちばん大変なのは印刷された紙を二つ折りにすることだが、一冊約150枚×100…わーおっー、一万五千回折ったことになる。

 と言いながらこれまで続けてこれたのは、この作業、たいへんだが嫌いではないからかも知れない。私の血の中にたとえば櫛職人とか提灯屋さんなど細かい手仕事をした人の血が流れているのか。いや、今の境遇からして、しかも糊を使うのでさしずめ傘張り浪人の血か。

 今日は以上短い近況ご報告まで。前回よりかなり間を空けたので貞房さては体調を崩したのでは、と心配の向きもあるかも、と思ってのご挨拶だが、それは当方の勝手な思い過ごしか。ともあれ、これからしばらくは残暑が続きます、皆さんこそ体調維持にお努めください。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

6 Responses to 傘張り浪人のご挨拶

  1. 澤井禮道(旧名・哲郎) のコメント:

    総長!。勝手に、南相馬大学の佐々木総長と命名させて頂いています。
    総長・美子奥様も、お元気のご様子、これが一番の慶びです。愚老も元気に、八十路の坂を登り始めています。愚老のブロ愚をご紹介頂けましたので、アベノナイカクと同じ「憲法解釈」で、お知らせさせて頂きます。「澤井禮道」で、ヤフー・グーグルをご検索頂きますと一発で、少し先に進んでいただきますと「モノディアロゴス」まで検索されます。ドウゾよろしくお願い致します。ただ残念なことは、前のブロ愚では、愚老の自叙伝をお読み頂けましたが、現在のブロ愚では残念です。又閲覧出来るようにと、現在薄い頭を回転中です。その節はまたご案内させて頂きます。
    末筆ですが、総長・美子奥様・「モノディアロゴス」のフアンの皆様方の、ご健康とご繁栄をお祈りしています。

  2. 中野 恵子 のコメント:

    本当に急に涼しくなりましたね。お揃いで今年の酷暑を無事乗り切られた由、うれしいご報告でございました。ありがとうございました!
    お元気でお暮らしのご様子が、どれほど私(たち?)の励みになっていることか、改めて感じ入っております。つつがなく日を重ねられますように、
    お祈り申し上げます。

  3. 上出勝 のコメント:

    佐々木先生

    今、国会前に向かっているんですが、大変な人で先に進めません。2時から集会の予定なんですけどね。
    本当に10万人、いやそれ以上の人が集まるかもしれません。
    地下鉄丸ノ内線で来たのですが、国会議事堂前駅や霞が関駅でごっそり乗客が降りました。皆デモに参加する人たちです。
    60年安保以上の規模になるかもしれません。

    • fuji-teivo のコメント:

      上出さん、私も昨日からこのときをじりじり待ってました。でも実際にデモに参加することもできず、ただ皆さんに心からの激励と応援の気持を燃やし続けているだけです。テレビなどどこの局も下らない平常の放送だけで、この南相馬もたぶん街中は何時ものように眠ったような静けさ。しかし今日全国で高まった反安保法制、反安倍政治への怒りのエネルギーはいよいよ強くなっていくことを心から祈ってます。
       どうぞ上出さん、佐々木の分まで頑張ってください。

  4. 上出勝 のコメント:

    佐々木先生

    国会議事堂前だけではなく、日比谷公園ほかでも集会をやっています。先ほど主催者発表があり、12万人集まったそうです。

    国会議事堂前もとうとう車道を解放しました。それだけ人が多いということです。

    もう3時間ほど立ちっぱなしで、くたびれて来たので私はそろそろ引き上げます。生ビールの時間ですので。
    でも、まだまだ新たに参加しに来る人が大勢
    こちらに向かって来ます。

    先生、国会議事堂を見ていると、お墓に見えて来ましたよ。

    • 佐々木 孝 fuji-teivo のコメント:

      上出さん、ご苦労様! 美味しいビールでも召し上がれ!
      バリケードや小競り合い無しの新しい形のデモですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください