「焼き場に立つ少年」異聞


 夕食時、たいていは一番安いベルギー産の缶ビール(発泡酒)を飲んでいるが、さすがこの寒さでは、これまた安い紙パック入りの「鬼ころし」を、それもごく少量飲むことにしている。以前はむしろ美子の晩酌に付き合う形だったが、現在はひとり酒、誠に味気ない。

 ところでこのセブンイレブンの「鬼ころし」だが、他の酒造元から同名の酒がいくつも出ているようだ。なぜ「鬼ころし」の名を持つお酒が多いのか、ネット検索で調べてみると、実はこの「鬼ころし」という銘柄、最初に付けた酒蔵が商標登録を行わなかったため、様々な蔵が同じ名前の商品を発売し始めたそうだ。つまりどこも鬼ころしという名前を独占することができず、現在の辛口パック酒の代名詞的な立ち位置になったという。これで納得。

 でも「鬼ごろし」ではなく、なぜ「鬼ころし」なのか。だってそうでしょう、「人ごろし」とは言うけど、「人ころし」とは言わないでしょう? あゝそうか、「人ころし」ではその残忍性が出ないからか。「人ころし」では、まるで「子連れ狼」の、あの「ちゃん」のように、すこし品がよい(?)刺客(しかく)になっちゃうからか。

 それに「鬼ごろし」だと、粗悪な安酒、純度の低いアルコールに思われるからか。でもこの「鬼ころし」、安いけどなかなかいい酒である。しかし数か月前から、パックの模様が酒に酔った鬼たちの図柄から味気ない字だけの意匠に変わっちゃった。もとの鬼の絵の方がはるかに良かったのに、また「写真はイメージです」なんて「一足す一は二です」と同じくらいアホなメッセージを要求する馬鹿な消費者がイチャモン付けたのかな。

 ついでに言うと、毎食美子のアクエリアスに混ぜて(さらにとろみをつけて)飲ませているイチゴやマンゴーなどのソースも、「鬼ころし」とほぼ同じ時期、それまでの可愛い(?)意匠から意味の分からぬ図柄に変わってしまった。なんでもすぐ変えちゃうなよ。

 そんな馬鹿話からがらっと話題が変わるが、元日の「毎日新聞」ネット版にこんな見出しの記事が載った。

「ローマ法王  被爆写真の配布を指示 「焼き場に立つ少年」
                毎日新聞2018年1月1日 22時46分

フランシスコ・ローマ法王が印刷して広めるよう指示した「焼き場に立つ少年」の写真(バチカン提供・共同)(ここに写真がが入る)

 フランシスコ・ローマ法王は、原爆投下後の長崎で撮影された「焼き場に立つ少年」の写真をカードに印刷し、「戦争が生み出したもの」との言葉を付けて広めるよう指示した。ローマ法王庁(バチカン)が1日までに発表した。法王はこれまでも核兵器廃絶を呼び掛けており、改めて平和を訴えた。
 バチカンは写真について、亡くなった弟を背負った少年が火葬場で順番を待っているところだと説明。「かみしめて血のにじんだ唇により悲しみが表現されている」と指摘した。
 写真は1945年に長崎で原爆が投下された後、米軍の従軍カメラマン、故ジョー・オダネルさんが撮影した。(共同) 」

 今朝(ということはスペインでは昨夜)マドリードのペドロ・ガージョさんから、「以前君から送ってもらった写真がなぜかカトリック関係の新聞に載っていたよ」とのメールが届いた。

 私もこのニュースを知ったとき、なぜ教皇が数ある原爆関係写真の中からこれを選んだのか、不思議に思うと同時に、さすが目の付け所が違う、と感心した。

 以下の推測は、「鬼ころし」の謎追求と同じくらい、手前勝手な想像(あるいは妄想)であるので、そこんところはよろしく。

 実は去年の終戦記念日近く、ネットで見つけたその少年の写真についてここでも話題にし(八月九日)その写真を友人たちに拡散した。そのうちの一人、前イエズス会総会長でフランシスコ教皇の親しい友人でもある(つまりイエズス会内部ではニコラス神父は教皇フランシスコの上司に当たる)ニコラス神父にも送った。確かその時は総会長職をベネズエラ 出身のアルトゥーロ・ソーサ神父(67歳)に譲っていたと思うが、しかし何かの機会に教皇にその写真を送っていた可能性(あくまで推測)がある。核兵器廃絶に熱心な教皇、もしかしてそのメッセージを発する際に、ニコラス神父から送ってもらっていたその写真を思い出したのかも知れない。

 いや別にそれを私の手柄(?)だなんて強弁するつもりはない。ただ言いたかったのは、ろくでもない誹謗中傷の情報がまるで宇宙塵のように飛び交っている現在、だれでもこれはと思う情報、特に平和への熱いメッセージを世界に拡散することができるということをぜひ知ってもらいたいだけ。

 さあ皆さん、いまからでも遅くはない、ぜひ全世界に向けてあの少年の写真を拡散させましょう。私はあれ以来、その写真を大きくコピーして額に入れ、応接テーブルの上に飾ってます。私にとって、あの少年の凛とした立ち姿がもっとも美しい日本人に思えて仕方がないのです。時に同国人に対する深い絶望に襲われるときでも、あの少年の姿を見て勇気を奮い起こしています。

※ いまガージョさんから送られてきた”Aleteia”(ギリシャ語で”真理”を意味する)というカトリック広報紙のコピーを見ていると、教皇庁から出された写真の説明文、つまり少年の悲しみは、ただそのきつく結ばれて血のにじんだ唇からそれと分かる…のスペイン語は、確か私が日本語の説明文を自己流に訳したキャプションそのままである。「焼き場」(crematorio)という単語を和西辞典で調べた記憶がある。ということは、いよいよその写真がニコラス神父経由のものだという確率が高くなる。もしそうだとしたら、嬉しいし名誉なことだ。
※※ 推測から確信へ
いまその「アレテイア」と言う広報紙に載った教皇庁からの説明文をよく見ると、私の作ったスペイン語が、句読点を含めて一字一句すべてそのままであることが判明。
“Un niño que espera su turno en el crematorio para su hermano muerto en la espalda. Es la foto que tomó un fotógrafo americano, Joseph Roger O’Donnell, después del bombardeo atómico en Nagasaki. La tristeza del niño sólo se expresa en sus labios mordidos y rezumados de sangre”.
 なぜ確信したか、と言えば、それを読んで我が友人(東外大大学院のかつての教え子)古屋雄一郎さんから、スペイン語圏の人にとってアメリカーノは南米人を指すのでここはestadounidense,つまり合衆国人にした方がよくありませんか、というコメントに対して、いや多くの人にとってアメリカ人はその北米人を意味するからこのままでいいでしょう、と答えたことでもそれと分かる。つまりアルゼンチン出身の教皇なら、そこはestadounidenseにするところ、私の意を汲んで(まさか!)そのままアメリカーノにしているところから、これが佐々木製のキャプションそのままであることがはっきりした。ワオ!、私のスペイン語が世界中に拡散されている!

カテゴリー: モノディアロゴス | 3件のコメント

サクラサク


 もうだいぶ前から老眼鏡の蔓(つる)の付け根のネジが両方とも取れてしまい、細い針金で応急処置をしたのはいいが、微妙に焦点がボケて何とも気色悪い。午後、他の買い物ついでに三年前にそのメガネを買ったパリミキに行ってみた。中年の感じのいい男性店員さんが、どうぞそこに腰かけてお待ちください、と言うので、椅子に座ってぼんやり店内など眺めていると、通りがかった一人のおばあちゃん(と言って私くらいの年齢か、というと、私はおじいちゃんだ)がつかつかと寄ってきて、「これどうぞ」と赤い包み紙の小さなお菓子を三個ばかり渡していった。びっくりして目で追う私に「オスソワケ」とにこやかに笑って去っていった。

 そこに店員さんが戻ってきて、「はい直りました」。「お値段は?」と言う私に、これまたにこやかに「いいえ無料です」「……ありがとう、すみません」

 店の外は寒い風が吹いていたが、その店の中はすでに暖かな春風が吹いていたようだ。

 家に帰ってその三つの小さなお菓子を改めて見てみた。キットカットだった。赤い包み紙には「キット、サクラサクよ」、別のものには「最後まであきらめないで」とのメッセージが入っていた。きっとあのおばあちゃん、この春受験する孫娘にでも買ったのだが、しょぼくれた爺さんの姿を見て、この人にもサクラがサイテほしい、と思ったのかも知れない。

 小さなお菓子一つでも、この世知辛い世の中に春風を吹かせることができる!

 そうだ、私はキットカットの代わりに、毎日作っている「平和菌の歌」の豆本をいつもポケットに入れておき、これはと思う人に上げることにしよう!

 あのおばあちゃんに一冊あげたかったなあ!

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

新年のご挨拶


 明けましておめでとうございます。

 当方、おかげ様で家族一同元気に年を越すことができました。美子は身動き一つできず寝たきりですが、月一の医師の往診で褒められるほど栄養状態もよく元気です。私の方も彼女の介護をすることで逆に力をもらい、日々『平和菌の歌』の豆本作り(現在累計2,285冊、スペイン語バージョン384冊)などに精進しています。また今月末には、長らく絶版になっていた旧著『ドン・キホーテの哲学』が、日本スペイン外交関係樹立百五十周年・サラマンカ大学創立八百周年記念出版の第1弾として、執行草舟さんの監修・増補改訂で『情熱の哲学 ウナムーノと「生」の闘い』と名を改め、法政大学出版局から上梓されます。

 他方、世界の現状を見て暗澹たる思い無きにしも非ずですが、十六世紀日本で苦闘を強いられたバテレンたちの「ケセラン・パサラン(力を尽くせばなんとかなる)」の心意気に合わせて頑張る所存です。
 
 今年も皆様のお力添えで、本「モノディアロゴス」もさらに仲間を増やし、それと同時にますます緊密な友情で結ばれますよう心から願っております。 そして皆さま方におかれましても、ご健勝に恵まれ更なるご活躍を祈り上げます!

        平成二〇年元旦 呑空庵庵主・富士貞房

カテゴリー: モノディアロゴス | 3件のコメント

VFPからのメッセージ


VFP(Verterans For Peace)のレイチェル・クラーク さんから以下のコメントが届きました。今年一月十二日の「元アメリカ海兵隊員の証言」に対するコメントです。皆さんへのメッセージでもあるので、右の「談話室」からここに移します。

2017 年 12 月 28 日 23:52

VFPのレイチェル・クラークと申します。昨年の記事をブログで取り上げて下さって大変感激しました。有難うございました。
今年は東京と長崎の間を二巡し、退役軍人のスピーキングツアーと、ゴールデンルールプロジェクトを中心に核問題に焦点を絞ったツアーを行いました。
詳細は、こちらをご覧くださいませ:https://www.facebook.com/VFP2016/

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

返信
fuji-teivo のコメント:

2017 年 12 月 29 日 08:45

レイチェル・クラーク様
 嬉しいコメントありがとうございます。正直言ってトランプのアメリカに(もちろん安倍の日本にも)がっかりしてましたが、あなた方の持続的かつ誠意ある平和のための運動に本来のアメリカの良心を感じます。どうかこれからも、日本だけでなく世界に向けて真の平和と人類の幸福を告げるメッセージを発信し続けて下さい。私も「平和菌の歌」を死ぬまで拡散します。
 あなたのコメントを読んで本当のクリスマスになりました。どうかVFPの皆様に私たちの心からなるエールを届けてくださいますように。

カテゴリー: モノディアロゴス | 2件のコメント

大木倒れる


 確か二日前(それさえもう忘れている)だったか、この季節には珍しく強風が吹き荒れた。クリニック経由で薬局に美子のエンシュア(缶入り栄養剤)をもらいに行くときの車さえ、信号待ちの時に煽られて車体が傾ぐほどの強さだった。これまでそんなこと心配したこともないのだが、こんな時どこかで出火でもされたら大変、と怖くなった。

 ところがその強風の爪痕が我が家の庭に残されていた。つまりかなりの高さ(名前は知らぬ)の立木が昨年あたりから葉もつけずに立ち枯れていて、そのうち伐ってもらわないといけないな、と思いながらも放っていたのが、案の定、この強風で根元から折れて塀の上に横倒しになっていたのだ。倒れた瞬間、当然かなりの音がしたはずだが、耳の遠くなったこの老人には何の物音も聞こえなかった。

 玄関脇の通路から回って近づいてみると、腐った根本からみごとに倒れていた。これが塀の方に倒れたからいいようなものの、もしも風の向きで家の方に倒れていたら、と思ってゾッとした。初めノコギリで適当な長さに伐ろうかと持ち上げようとしたが、根元近くは直径30センチはある大木で、日ごろから運動不足で体力がない老人にはとてもじゃないが無理だと分かった。

 さてどうするか。すぐ思い付いたのは、もう十年近く以前に、桜の大木やら、すぐ前のどこかの事務所の外階段からの目隠しのための塀などを作ってもらったシルバーセンターのこと。現役を退いた植木屋さんや大工さんなどが小さな工事などを割安で請け負ってくれるセンターである。さっそく電話連絡すると午後二人のスタッフが下見に来てくれた。料金は重さで決めるらしく、これはかなりの重さだけど枯れ木である分、少し安くなるでしょうとの見立て。いやいやこのままにしておくわけにもいかないので、料金が少しぐらい嵩んでもお願いします、と言った。明日来てくれるそうだが、隣のMさんの庭に入らなければならないので、そのことはよろしく頼んでください、とのこと。

 夕方、頴美と愛が少しばかりのリンゴ持参でお願いに行ってくれた。これで安心。

 ところで最近、特に震災後、隣り近所の付き合いが見事なまでに消えてしまった。家の前に並ぶ元市営住宅が復興工事関係者の借り上げ住宅になってからは、いわゆる「向こう三軒両隣り」は完全に死語となってしまった。他の地域の実情は知らないが、多かれ少なかれ似たようなものであろう。つまり少しばかり面倒な近所付き合いは軒並み消えたか、あっても非常に希薄なものになったのではないか。2002年に越してきた当時は、いわゆる隣組はまだ健在で、空気が乾燥する冬場など、夕食後、集会所に集まって、五、六人が組になって「火の用心!」と叫びながら近所を回ったものだ。そんな良風は、現在はどこにも見られなくなってしまった。 

 今日の夕方のテレビで、この南相馬でもスマホのSNSとかを使ったイジメに遭って、一人の女子中学生が自殺したというニュースが流れた。時に面倒くさい、顔と顔をつき合わせ、肉声で話し合う濃密な人間関係が無くなり、かわりに無責任で非人道的な言葉が空気中を飛び交っている。何、SNS? 何、ソーシャルネットワークサービスだと? ざけんじゃない! 何がソーシャルだ! ANSに名称を変えろ! つまり asocial(自己中心的で、反社会的な)ネットワークサービスの略称よ。

 NTTだかドコモだか知らねえけど、てめえらの流行らしてるスマホだかSNSだか、前から言ってるように人間社会を根底から蝕む黴菌をばら撒いてるんだぜ。俺が秀吉なら、刀狩りの代わりにスマホ狩りをするんだけどなあ。いけねえ、だんだんほんとに腹が立ってきた。この辺でやめないと破裂しちゃう。

カテゴリー: モノディアロゴス | 2件のコメント