くたばれ、データ神!


 以下に述べることは、もしかすると病院慣れ、あるいは通院慣れしている人には当たり前、何をいまさら、と笑われることかも知れない。

 二週間あるいはもっと前からだったか、最初は腹回り、背中、次いで足、最後は頭部へ湿疹が広がり、クリニックから処方された飲み薬や軟膏でも治らず、ついに紹介状をもらって総合病院の皮膚科で診察してもらうことになった。しかし寝たきりの美子を置いて長時間外出することはできない。弱った、どうしよう?

 その病院の皮膚科は毎週金曜だけの診察しかなく、そのため大勢の患者さんが押しかけているようだ。金曜はちょうど午前中にヘルパーさんが来て美子のお風呂、昼過ぎには訪看さんが来てケアの日で、出かけるとしたらその後しかない。おまけにその日は三時から歯科医院の予約が入っている。皮膚科が予約制だったらいいのだが、そうではない、さてどうしよう?

 ともかく電話で聞いてみることにした。
「クリニックからの紹介状を持って今日の午後診察していただきたいのですが、寝たきりの家内を置いていくので、例えば今から2時間後に診察などということは可能ですか?」
「いいえ、皆さん順番を待っておられるので」
「いやいや、割り込もうというのではありません。順番の最後あたりに診察してもらえればありがたいのですが…」

 電話の向こう側のセニョリータは「でも皆さん順番待ちしているので」の一点張り。埒が明かないので、クリニックに電話して、先生に何とか相手側の先生に連絡してもらえないだろうか、と頼んでみたが、予想通りそれはできません、とのつれない返事。

 いやこれ以上実況放送並みに逐一経過を報告するつもりはない。歯科医の診察後、その病院に行き、何とか事態を進展させようとして応対に出た職員に先ほど電話に出てくれた職員に会いたいのだが、と言ってもいま席を外してますとの冷たい返事。しかし最後に応対してくれた事務局員(というのであろうか)の次の一言で一気に事態が動いたのだ。
「それではこうしたらいかがでしょう、とりあえず受付を済ませ、そうですね今からだと五時頃、いまお渡しする番号札をもっていらしてみては? 少し待つことになりますが」
「いえいえそれは当然覚悟してます。ぜひそうしてください」
待っていたのはその答えなのだ。つまり「とりあえず受付を済ませ、渡された番号札(ここで初めて番号札の存在を知った)を持って、適当な時間を見計らって、再度来院すること」

 初めからそう言ってもらえれば、こんなに事態が紛糾しなかったはず。もちろん私もそういう方向に話を進めればよかったのかも知れない。しかし病院慣れしてない私としては馬鹿正直に正面突破を試みるしかなかったのだ。

 ここで言わせてもらえれば、学校にしろ病院にしろ、どこか内向きになっていて、外部の人に対する思いやり、親切、つまり忖度(こういうときにこそ使う言葉だ)が少ないのではないか。一つの例を挙げれば、例えば他医院への紹介状には、「…先生、御侍史」と書いてある。実は80年近く生きてきてこの「御侍史(おんじし、あるいはごじしと読む)」という言葉に初めてお目にかかった。これはドクターが手紙を書くとき、相手の医師の宛名を「○ ○先生御侍史」「○○先生御机下」とする医療業界にだけ残っている独特の慣例で、意味は秘書やお付きの人のこと。 つまり「先生に直接手紙を出すのは 失礼なので、お付きの人が開けてくださいね」という意味らしい。いうなれば寿司屋さんやヤクザ屋さんの場合と同じ業界用語・隠語である。

 先日も或る不動産屋さんとの連絡で、相手方の事務員が司法書士先生、とやたら「先生」を付けることに対して、すまんが司法書士といえどもいわばあなた方の仕事仲間、それなのに外部の客への文書に「先生」の連呼はおかしい、と文句を付けたことがある。

 つまり外部の者に対してはすこぶる冷淡というか不親切なのに比べて、内部の者、とりわけ業界同士の関係がすこぶる丁寧というか互いに謙譲の美徳発散というわけである。その丁寧さ、親切さをもうすこし外部の者にも振り向けてもらえんだろうか、というのが正直な感想である。

 この点、もしかすると近ごろ民間より公的機関の方が進んでいるかもしれない。というのは、先日、印鑑証明を貰おうと市役所の窓口付近でうろうろしていると、一人の女性職員が近づいてきて「何をご所望でしょうか、あゝ印鑑証明でしたら、ここにあるこの用紙にこことこことここに必要事項を記入して、何番の窓口に行ってください。書類ができましたら番号でお呼びします」と即座に指示してくれた。以前はそんなサービスなどなかったのに、ごく最近大きく変わったようだ。書類への記入などに慣れていない市民にとっては実に頼もしくありがたいサービスである。

 つまり今回のことに話を戻すと、外部からの問い合わせに即座に適切かつ親切なアドバイスをしてくれる受付さんがいてほしいということだ。なんなら市役所並みに、入り口付近で迷っている人の案内のためだけの専任の職員がいてもいいはずだ。

 さてその日、言われた通りに五時近くに病院に戻り、63番という番号札を受付に見せると、この廊下の一番先にある皮膚科の前でお待ちください、と言われた。前客(?)が五人ほどいて結局は診察完了まで小一時間かかったが、担当医は患部を見て即座に頭皮用のローション、体全体に塗る軟膏を処方してくれた。

 午後いっぱいかかった病院での奮闘もこれでめでたく完了。ネットで調べるまでもなく、現代人の皮膚病は食物その他の影響でおそろしく複雑化していて、即効薬はなさそうだ。たぶん今回の薬にも劇的な効果など求めず、根気よく、そしてストレスをできるだけ感じないように(これが難しい)付き合っていくことになりそうだ。

 ついでに憎まれ口をもう一つ。今日の午後届いた「県民健康調査」(福島県・県立医科大学発行)という10ページ近くの文書について一言苦言を呈したい。震災後、毎年のように送られてくるこの種の調査に応じたことはない。その無意味さに毎回腹立たしい思いをさせられるからだ。震災直後の調査では、あなたは事故があったときどうしましたか、どこに避難しましたか、その時の手段は…こうして忌まわしい過去のことについて根掘り葉掘り聞くことは、特に老人にとっては苦痛を強いられること以外の何物でもない。一体そんなことを調べ、そして統計にして何のため、将来の同種の事故に備えるため? ザケンジャナイ!、そんなことのために時間と金を使って統計表を作るなら、こんな事故がもう絶対に起こらぬよう、日本全体の廃炉を考えた方がずっと世のため国のため、そして国民のためになるとは思わないのですか。

 今回の健康調査にはこんなふざけた質問まである。
最近一か月の食事についての設問で、「人と比較して食べる速度が速いほうですか。」
過去30日の間に、「どのくらいの頻度で絶望的だと感じましたか。」「どのくらいの頻度で自分は価値のない人間だと感じましたか。」

 おいおい、ふざけるんじゃない! こんなことを聞いて、統計して、それでどうするの?

 現在の日本の学校も同じようなことをやってる。学力テストしかり、成績管理しかり。すべてはデータ神のため。(先日、震災のため学力テストの成績が悪かった生徒・児童の今夏の休みを五日間短縮するという愚かな(ここで初めて言う)決定をした東松島市の教育委員長あての意見書(めいたブログ)には、予想通り何の返事も来ない。)

 そんなつまらぬことに精を出すより、例えば先ほどの病院の例のように、組織や同業者ではなく、患者一人ひとりの方を向いてくださいな。データ神ではなく、ウナムーノさんが言うように肉と骨を備えた具体的な人間を大事にしてくださいな。

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

再度、馬主さんに


※右の談話室に書いたものですが、本体の間が空き過ぎたのでこちらに移します。

 野嶋さん、お返事ありがとうございます。実は最初のメールを、もしかしてこれはフェイクかもしれない、と少し疑がってました。しかし文章全体からは書き手の誠実なお人柄が歴然としてましたので、これはモノディアロゴス君の馬主さんだと判断しました。それが今回のメールでさらに確実なものとなりました。疑いの切っ掛けとなったのは、野嶋さんが「談話室」投稿の際にメールアドレスを書かれなかったからですが、しかし昨今のフェイク横行の時代ですから当然の警戒と思います。
  
 さて今回のメールでモノディアロゴスという言葉に出会われた経緯が少し分かりましたが、でも文字通りの直訳「一人対話」から「魂の叫び」を連想されることは先ずあり得ないので、野嶋さんが目にされたそのスペイン人の文章は間違いなくウナムーノに関連したものではないかと思われます。前回も申し上げたように、この言葉は辞書にはなく、グーグルやヤフーの検索エンジンで調べてみても、ウナムーノか私のブログ、おっと現在はモノディアロゴス君に関連したものばかリですから。
 
 いずれにせよ野嶋さんの持ち馬と私がウナムーノを介して運命的と言ってもいいような出会いをしたことは間違いありません。
 
 実は今、今年の九月から東京とサラマンカという二つの都市でウナムーノにまつわる各種行事がスペイン大使館、サラマンカ大学、そして拙著『情熱の哲学 ウナムーノと「生」の闘い』の監修者である執行草舟さんの「戸嶋靖昌記念館」の三者の間で進められており、その下準備のため記念館の安倍三崎さんがサラマンカに飛んでいます。その彼女から昨日、ウナムーノ記念館でフランスの著名なウナムーノ研究者のレバテご夫妻に偶然出会い、ご夫妻に拙著を差し上げたそうで、その時もらったアドレスに、私からもご挨拶のメールを送ったのですが、そこにも今回の野嶋さんとの出会い、そして「焼き場に立つ少年」が教皇に渡った経緯を説明しました。 
 
 つまり前回のメールにも書きましたように、今回の珍しい出来事がすべてウナムーノがらみで展開したように思えてならないからです。今年の正月に新聞報道がなされたからご存知と思いますが、長崎原爆投下直後のあの少年の姿は、モノディアロゴス君の登場そのものを連想させるように思えるからです。右の「談話室」で阿部修義さんがこう書いていました。

「そういう発想をされた馬主さんが、どんな方なのか想像しています。きっと、劣勢からゴール間際でライバル馬を差すような強い馬になると思います。」

 どうか野嶋さんも、以後モノディアロゴス君とあの少年の凛とした姿とを重ね合わせて下されば嬉しいです。私は競馬に関しては全く何も知りませんが、今回初めてネットでG1が競走馬最高の晴れ舞台であることを知りました。それだけモノディアロゴス君に期待しておられるのでしょう。

 私(たち)も以後モノディアロゴス君の活躍を心待ちにしています。どうかこれからもお時間のあるときで結構ですから、モノディアロゴス君のこと教えてください。

 今回のメールでご子息が大学でスペイン語を学んでおられることを知り、びっくりしました。実はドバイで成績を出せなかった馬の名がディオスコリダーと聞いて、もしかそれはスペイン語のDios Corridaつまり神の走りではないかと思いましたが、当たってましたね。お二人ともスペインに関心をお持ちとは、また何たる偶然でしょう。私は生涯の大半を大学でスペイン語教師でしたから、ご子息のお勉強になにかお役に立つことがあれば喜んでお手伝いします。手始めに『情熱の哲学』でも差し上げたいのですが、このブログの上方にある「富士貞房と猫たちの部屋」にメールの欄がありますので、そこからご連絡ください。部外者には分からない個人的なメールアドレス交換になりますからご安心ください。最初からお返しをねだるのは、はしたないですが、モノディアロゴス君の写真どんなものでも結構ですからいただけませんか。

 以上、すこし長いお返事になりましたがよろしくお願いいたします。

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

とうとう競走馬に!


 私モノディアロゴスは2016年3月3日、つまり雛祭りの日に北海道新冠(にいかっぷ)町の橋本牧場で生まれた競走馬です。でも雌ではなく牡でーす。調教師は松下武士 (栗東)さん、馬主は野嶋祥二さん。でも勝ち星はまだありません。聞くところによると、私と同じ名前のブログを発信している富士貞房(佐々木孝)さんは、私と同じ道産子ということですが、でも彼は足の短い十勝馬で、私はもちろん足の長―いサラブレッドでーす。ブログの方はどうでもいいですが、どうか皆様、モノディアロゴスの応援お願いいたします。

※天国のウナムーノさんもさぞかしびっくりしていることでしょう。一世紀も前に自分が創案したモノディアロゴス(独対話)という言葉が、遠い北国誕生の競走馬の名前になったのですから。そのうち馬主さんに連絡して、彼の写真でももらいましょうかね。
※※ さっそく橋本牧場にメールしてみましたが、もちろんまだ返事が来ません。万が一返事が来るようでしたら、その時は、今度産まれる仔にフジテイボーという名前はどうですか、と勧めてみるつもり。フジテイボー、どうです競走馬にぴったりの速そうな名前でしょう? (名前だけはね)

★ お気づきかも知れませんが、右の談話室にモノディアロゴス君の馬主さんがお見えになってます。

カテゴリー: モノディアロゴス | 7件のコメント

岩谷徹ギャラリーのご案内


 ご覧のように今日から澤井セミナーハウスと並んで岩谷徹(とおる)さんのギャラリーへの入り口を設けました。岩谷さんを知ったのはばっぱさんがその絵画のフアンだった齋藤輝昭さんから紹介されたのが最初でした。岩谷さんは1936年福島県郡山市に生まれ。 企業勤めの経験を経て、 35歳で渡仏、以来28年間もパリの屋根裏部屋(のようなところ)に住みながら版画家として修業し、メゾチントという銅版画技法を用いて能面シリーズ、杉の樹林の小品など、月、貝、木々の葉、海などを モチーフに多くの作品を制作。 日本のみならず海外での個展でその素晴らしい作品が高く評価されています。しかし私にとって氏は本業のお仕事より、帰国後、私のように日々の感懐を豊かな人生経験を踏まえて紡ぎだすその「とおるちゃんのブログ」に多大の共感を寄せてきました。
 澤井さんのセミナーハウスがいわば現代政治学部とすれば、岩谷さんのそれは芸術の香り立ちこめる現代美術学部兼ギャラリー、いやそう言ってしまえば澤井さんの発案である南相馬大学の一部のように聞こえるかもしれませんが、そうではなく独立対等の学群の一つとお考え下さい。岩谷さんのギャラリーもどうぞご覧になってください。
※すみません、以前はギャラリー見学もできたのですが、現在はブログだけになってました。「岩谷徹」で検索すればその作品のいくつかを見ることができますので、そちらで見てください。

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

或る公的(?)私信


昨日の朝日新聞デジタル版に次のような見出しの記事が載っていた。
「学力下位返上へ夏休み5日減 東松島市、授業30時間増」

 長いので要点だけまとめると、小中学校全国学力テストで全国平均を下回っている宮城県東松島市が、今年から例年よりも5日早く2学期を始め、これにより授業時間を30時間増やすことを今月29日の市教育委員会で正式に決定する、という。
 学力低下の理由として、工藤昌明・市教育長の「中学3年の生徒は震災時に小学2年だった。避難所や仮設住宅といった、勉強がしにくい生活環境に長くいた」とする談話が紹介されている。

 この記事を読んで、真っ先に思ったのは、学力低下を真剣に憂慮していることは充分理解できるが、しかしそのことを休みを削って授業時間を増やすことへと短絡させることへの疑問、もっとはっきり言えば憂慮である。

 世界の教育現状について調べたことはないが、日本のように、真面目に(?)小中学校から全国学力テストを実施し、それでランク付けを堂々と公表している国は、あってもごく少数であろうし、それも学校教育先進国(?)日本を見習ってのことではないか、と推測している。

 このことに関して、数年前ソウル大統一平和研究所から、原発事故被災者の一人としての見解を求められて書いた拙文(翻訳されて定期会合で朗読され、のち機関誌に収録)の一部を紹介したい。

「私は長らく教師をやっていましたから、国民の真の覚醒のために教育が重要なことは痛いほどよく分かります。しかし現実の学校教育の実態はこれまた嘆かわしい状態になっています。知識を記憶させることには熱心ですが、生きる力、考える力を養うといういちばん大事な教育がないがしろにされてきました。
 大震災直後、被災地の学校はすべて閉鎖されて避難所などに使われましたが、私は当時ブログにも書いたように、真の教育に目覚めるための好機到来とばかり内心期待したものです。つまりこの際、教師も親も、そして当事者である児童も、教育とは、学ぶとは何かを考え直す絶好の機会だと思ったのです。この機会に親と子が向き合い、日ごろ読めなかった良書をじっくり読んだり、時おり巡回してくる教師に課題を出してもらったり質問したりできる手作り教育の好機と思ったからです。これからの長い人生にとって、半年あるいは長くて一年のこうした体験は実に貴重な財産になったはずです。しかし実際は原発事故現場から30キロ圏外にある学校にバス通学をさせ、教室が狭いので廊下で学習させるなど実に愚かな対策を講じました。教育関係者には明治開国以来の盲目的学校信仰が骨がらみになっていたわけです。
 最近の新聞紙上では経済協力開発機構(OECD)が実施した国際学習到達度調査(PISA)の結果が話題になっていますが、それについて私はきわめて懐疑的です。たとえば問題処理能力で日本の子供は好成績を上げたそうですが、これについては完全に否定的です。コンピュータ・ゲームなどでの障害物や迷路を抜け出す能力は一種の慣れの、想定内の問題ですが、しかし今回の原発事故のようなそれこそ想定外の「問題群」に対しては無力であることは、大人たちの体たらくを見てもはっきり証明されました。想定外の問題に対しては、ろくろく学校にも行けない発展途上国の子供たちの方がはるかに高い能力を示すであろうことは容易に「想定」できます。つまり人間にとってより重要かつ手ごわいのは、「生きる」ことに直接かかわってくる、つまり「死活の」問題群なのです。」

 知識偏重の学校教育からいい加減抜け出したらどうだろう。私の究極的な案は、文科省への中央集権の廃止、教育の地方分権化だが、いまそれについて論じる用意が無いし、あまりに過激と警戒される恐れがあるので、ここは笑い話でお茶を濁す。私の知っているある女の子は、はっきり言えば私の姪っ子の一人は、小学生だったころ「どうだった、通信簿?」と聞いたら、「うん、良かったよ、2,2、3,3、2,4,4…」と得意そうに答えた。どうも5段階評価の数字を、走りっこ並みの1番、2番と考えていたようだ。でもこんな子でも、のちに早稲田大学を卒業することができたし、こう言う私も、試験の成績と通信簿評価に因果関係(?)があることを、中学生になってからの或る日、学校帰りの途次、青天の霹靂のようにようやく悟った。これは極端な例だが、でもそんな中学生でも、のちに(一流とはとても言えないが)大学教授にまでなったのである。

 要するに言いたいのは、小学生や中学生の時の学力試験の結果なんてそう気にすることはないということ。そんなことより、世の中の出来事について自分なりに考えてみたり、本を読んで人間の生き死にについて思いめぐらしてみたり、そしてそれよりももっと大事なことは、自分の日常生活に起こるすべての事象について自分なりに判断したり(たとえそれが親や教師の言うことと違っていても)することである。

 まっ、こう言ったからといって、今さら東松島市の決定が覆るはずもないだろうが、ふだんより(でも来年からずっとですか?)五日も早く始まった登校日に、みんなで楽しく夏休みの宿題をやったり、……いやいやそんなことより、せっかくだからこの機会に、今回の夏休み短縮について子供たち自身の率直な意見を聞いたり、例えばこの私のような考え方をする人も世間にはいるんですよ、と伝えてみたり……要は生徒たちに学力低下などという理由付けで決して自信を無くさせず、ましてや教育長談話のような事実があるのだから、それこそ何百年に一度という得難い体験をむしろ奇貨と見做すよう教えるべきだ。

 かく申す78歳の老人にしても、今回の大震災で、国の在り方、人間の生き方などいろんなことを根底から考え直すきっかけになったのですから。

 たぶん今回の経緯に教育熱心な(?)父兄、とりわけ言いたがり(失礼!)のお母さんたちの突き上げが大きく影響しているはずですが、どうか教育長、そして先生方、この年寄りの愚見をも、すこし聞いていただければ幸いです。

 おやおや、いつのまにかこの孤老の話し相手がいつものブログの読者友人ではなく、東松島市の教育長殿に変わってしまいました。そう、通常の意見書、陳情書の形式ですとなにか堅苦しいので、失礼とは存じますが、ここは思い切ってブログそのままをお送りさせていただきます。

 最後にしつこいようですが、日ごろからの私の主張を述べて、この型破りのお手紙を終わらせていただきます。

 今や日本人の物作りについては、世界中から関心を寄せられ称賛されている。確かにその物作りの精神は良し、されど人作りにそのまま当てはめることは愚か。もともと人間はでこぼこ(きれいな言葉で言えば個性的)にできており、その事実を曲げて等質の金太郎飴製造機のように児童を扱うことは愚の骨頂である。

 東松島市の皆様、とりわけ子供たちの教育に日頃より奮闘しておられる教育長、教育委員、そして教員の皆様への心からの応援の言葉をもって、最後のご挨拶に替えさせていただきます。

     二〇一八年新春
                南相馬の住人 佐々木 孝

追伸 新年早々起こった珍しい出来事についてブログに書きましたので、それも併せて送らせていただきます。ローマ教皇への願いが私ごとき一介の老人でも聞き届けられたことをお知らせして、せめて小生の願いも教育行政に対する一つの意見として聞いていただければ幸いです。(さてはおぬし、味をしめたな?)

カテゴリー: モノディアロゴス | 2件のコメント