アイヌモシリより


※アイヌモシリとは、 アイヌ語で「人間の静かなる大地」を意味する言葉。本来、特定の地域を指すものではないが、今日では北海道を指す場合や、樺太、千島列島など古くからのアイヌ居住地を指すことがある。 対となる語に、カムイモシリ(神の住むところ)がある。また本州をシサムモシリ(隣人の島)、 サモロモシリ(隣の島)と呼んだ。(ウィキペディア)

 以下のものは、右の談話室への佐々木あずささんのコメントだが、皆さんにもぜひ読んでいただきたく、あずささんの許諾をえないままこちらに転記します。

 先生の知的好奇心爆裂にびっくりの私です。そのとおり!単一こそ弱く、くじけたら木っ端みじん。先生のおっしゃるように多様性こそ力です。多様性は話し合わなければ物事を進みません。阿吽の呼吸とか、以心伝心なんて、独裁者のたわごと。そうです。本来の意味とは違う使い方がされている「忖度」は言わずもがな。「ぼくちゃんのおもっているとおり君たちはお仕事をすればいいんだぜ」なんてほざきながら、このゴールデンウイークに(血と汗の結晶である)税金をつかって外国をうろつきまわる豪遊議員たち。いやー、腹立つ。今日はメーデー。150人くらいしか集まらない小さなメーデーに参加した私。「建交労」の旗のうしろを、ニッカポッカ(なつかしいでしょ?!)やつなぎの作業着を身にまとった真っ黒に日に焼けた屈強なおじちゃまたちの後をついて歩きました。体と知恵をフル回転させてケガをしないようにチームワークで仕事をする方たちの血税の価値を、豪遊議員たちに知ってもらいたい!!!と痛感しながら歩きました。

 さてさて、アイヌ語の地名からナキウサギまで、そして阿波根昌鴻さんにまつわる新しい知識を頂戴しました。阿波根さんの「5本の指」のお話、ご存知でしょうか。親指、人差し指、中指、薬指、小指。どれひとつなくても力はだせません。俺の方がえらーい。俺がエラーイ。と言っていたら何にもできません。其々が違う力を持っているからいいのです。どの指が一つ欠けても、同じ力は出せない。だから5本の指、全部が大切なのです。私たちも同じです。誰が一人が偉いのではないのです。一人ひとりに価値があるのです。

 こんな内容だったと思います。先生のおっしゃっていることに通じますね。多様性ですね。今日も素敵な学びに感謝します。ということで、FBにアップさせていただきます。

カテゴリー: モノディアロゴス | 7件のコメント

辺境・混血こそタカラ


 談話室への佐々木梓さんのご報告によると、呑空庵十勝支部の集会に斜里からも参加したとか。斜里、たしかこれはアイヌ語由来の地名ですね。北海道の地名は、大正などともろ本土由来の地名はあるにしても、そのほとんどがアイヌ語由来の地名であることは、先人たちの見識の深さを示し、実に喜ばしく、そして誇りにすべきことである。斜里はアイヌ語の「サル」または「シャル」が転訛したもので、いずれも「アシが生えているところ」を意味しているとか。

 そういえば私の生まれ故郷の帯広は「広い川原」を意味するオベレオベレというアイヌ語から来たと覚えていたが、いまネットで調べると、正確にはアイヌ語で「川尻が幾重にも裂けているもの」を意味する「オペレペレケプ」(川尻・裂け・裂けている・もの)の前半部の音を採り、それに十勝平野の広大さにちなんだ「広」をつけ「帯広」としたと出ていた。オベレベレじゃなくてオペレペレか。

 数年前、道議会の一議員が、先住民への支援金を出すのが惜しくて、北海道には先住民など存在しないなどと、実に愚かな、というより無知蒙昧の暴言を吐いたことがあったらしいが、それこそ己をわきまえない、天に唾する態の妄言である。

 アイヌ民族の南限がどこまでであったかは知らぬが、私の住んでいる相馬地方にもその確実な痕跡がある。だいぶ前、少年時の耳に残っていた「バッカメキ」という地名がどう考えてもヤマト言葉ではなく、アイヌ語らしいと思い、少し調べたが不明に終わった。母方の先祖が八戸の出であることから、もしかして遠い先祖はアイヌではなかったかとの期待感からの探索だったが。(本ブログ2008年11月20日「北の大地=アイヌモシリ」参照)

 いずれにせよ日本民族は純粋培養の単一民族などという発想自体、実に想像力の欠如であり、その意味でヘイトスピーチ参加者の頭の程度を疑わしめる。もしかして自分の血の中に朝鮮民族の血が流れているかも知れないのに。

 先日の集会では阿波根昌鴻さんの朗読劇もあったとか。わが遠き先祖アイヌ(と自分では思っている)もかつてはそうだったが、沖縄の人たちは、いまこの瞬間にも辺境であることからの不当な差別や蔑視を受けている。阿波根さんの有名な言葉「ヌチドゥタカラ」(命は宝)にはしなくも表れているものも、純粋培養・単一民族を自負するヤマトンチュウにはない実に骨太な思想である。

 ちなみにアイヌとはアイヌ語で「人間」を意味する言葉で、もともとは「カムイ」(自然界の全てのものに心があるという精神に基づいて自然を指す呼称)に対する概念としての「人間」という意味であったとされている。実に大らかで豪胆な発想ではないか。

 いや学ぶべきは人間からだけではない、十勝坊主の周辺に今も可愛らしく、いやネズミほどの小さな体ながら幾たびもの寒冷期をたくましく生きてきた大先輩、ナキウサギに相当な敬意を払わなければならない。このエゾナキウサギは今から1万年前以上前の氷河期に、シベリヤ大陸から北海道に渡ってきたらしく、その頃は氷河が発達して海面が下がり、大陸と北海道は陸続きになっていたそうだ。氷河期が終わった後は、氷が溶けて海水面が上昇し、 北海道は再び島になったが、それでもナキウサギは涼しい山岳地帯に生き残ったので「生きた化石」と言われている。確か開発の名のもとに、この絶滅危惧種も文字通り絶滅の危機に瀕したことがあったが、それは人間たちの手前勝手な、そして恩知らずの愚挙以外の何物でもない。

 ユウチューブにその可愛らしい動画が見つかった。可愛の何のって、パンダやコアラの比じゃない。ぜひ一度見てください。動画だけでは我慢できなくなって、たぶん実物より少し大きめ(それでも10センチ)のぬいぐるみ三匹を今からアマゾンに発注するところ。一匹は美子の添い寝用、もう一匹は愛に、そしてもう一匹はお爺ちゃんの遠い先祖だよ(まさかウソですよ)と川口の孫たちに上げるつもり。

カテゴリー: モノディアロゴス | 2件のコメント

女物のズボン?


 着替えはいつも二階の居間に積み重ねられている洗濯済みの衣類の中から適当なものを選んで穿いたり着たりしているが、この数日美子のズボン類を穿いている。自分のものを山の中から探すのが面倒で、つい上の方にあるものを穿いているわけだが、先日はトレーナーのズボン、そして昨夜は風呂上りに見つけたジーパンである。まさか穿けないだろうと思ったら、何と胴回りもゆったりしていて、太っ腹(?)の私にも余裕で穿けたのである。

 美子がそんなに太っていたはずもないのだが、胴回りがゴムになっているので適当に穿いていたのだろう。ジーパンに女物はない(と思う)ので私には好都合。つまりトレーナーには「社会の窓」がなかったわけだ。思わず「社会の窓」などと言ってしまったが、これ完全に死語だろう。でもなぜそう言ったのかが気になり、ネットで調べるとおおむねこんな風に出ていた。

 「この言葉は、1948年から1960年にかけて当時のNHKラジオで放送されていた番組の1つ『社会の窓』がその由来。この番組自体が社会の裏側を探るといった内容のものだった。 つまり、当たり前では見えない、あるいは普段は見られないものが見える状態、などといった意味で、男性用ズボンの前部分に装着されている股間部チャックなどが、そうした言い方をされるようになった。」

 ネットなど今では功罪相半ばするというより、むしろ罪の方がはるかに肥大化してしまったが、でも辞書にも載っていない言葉、その意味を探ろうと思えば、下手をすると何十人以上もの人に聞かなければ分からないものが、ネット検索で一瞬のうちに答えが見つかる。

 いま横で気持ち良さそうにまどろんでいる美子のために、ばっぱさんが残した「昭和の流行歌」という全20巻のカセットテープを取っ替え引っ替え流しているが、ちょうど(嘘じゃありませんよ)高倉健の「唐獅子牡丹」になった。そして先ほど出た「コカン」に関連して馬鹿話を書いたことを思い出したのである。つまり高倉健が唄う「唐獅子牡丹」の一か所がどうしても「男の股間」に聞こえたという話。皆さんの方にはそれがあるのかどうか分からないが、私の画面には右上に検索エンジンがあり、それで「男のコカン」で検索すると、立ちどころに2015年9月22日に「男のコカン?」という題で書いているのが見つかる,という具合。

 話がどんどん横道に逸れてしまったが、といってもともと女物のズボンを穿いている男の話だったわけで、自分でも馬鹿らしくなってきたのでこの辺で退散します。お後がよろしいようで、♪♫

カテゴリー: モノディアロゴス | 2件のコメント

びっくりマーク六つ


 昨日大判の美麗な冊子が戸嶋靖昌記念館の安倍三崎さんから送られてきた。戸嶋さんの「ロペスの像」の絵が表紙を飾り、上部に小さくスペイン語と日本語でタイトル「日本人画家・戸嶋靖昌によるウナムーノへのオマージュ」、そして下段に「いま、ウナムーノを問う」と書かれている。81ページに及ぶ内容はウナムーノと戸嶋靖昌に関するたくさんの図版、それらを補完する両者の数々の言葉、そして最後に「特別インタビュー×執行草舟」が締めくくる。すべてスペイン語・日本語併記である。巻末を見ると「図録企画・編集・デザイン 主席学芸員 安倍三崎」とあり、見事な出来栄えである。圧倒され、そして感動した。

 さっそく安倍さんにこうメールした。
「資料届きました。驚きました。素晴らしい。今回の企画の全体像が見事に現出しました。何よりもその全体像の企画者、遂行者、実行者の執行草舟さんの情熱に打たれました。そしてその有能な助手・安倍三崎さんにも絶大なる拍手そしてお祝いをお伝えします。
 二つの国の文化の間にこのように見事な、そして真実の交流がなされるのは実に画期的です。天国の戸嶋靖昌さんもきっと大喜びしていることでしょう。
 どうかこの佐々木の心からなる賛同と称賛、そして尊敬の念を執行さんに伝えてください。」

 それに対して安倍さんから即座にこう返ってきた。
「佐々木孝先生の名訳があってこその、全体の企画です。社長が佐々木先生によってウナムーノを知り、ウナムーノと交流し、最終的には情熱の哲学を後世に伝えたいという大きな気持ちへと拡大していかれた起源は、佐々木孝先生なんです!!!!!!」

 びっくりマーク六つ。私への過大な評価の言葉を彼女の許しも得ずにここにご披露したのは、物言わぬ愛妻とひっそりと暮らすこの満身創痍の(皮膚炎で)落魄の老サムライのせめてもの矜持と許してたもれ。

 言い忘れたがこのカタログは今年五月十七日(木)から六月十五日(金)まで、スペインはサラマンカ大学の「日西文化センター」で、皇后美智子妃殿下の名を冠したホールで開催される展覧会用に作成された図録である。定価500円(税込み)となっているから、ご所望の方は戸嶋靖昌記念館に問い合わせてみて下さい。

戸嶋靖昌記念館 執行草舟コレクション http://www.shigyo-sosyu.jp/
〒102-0083東京都千代田区麹町1-10 バイオテックビル内 TEL: 03-3511-8162(直通)FAX: 03-3511-9726 e-mail: misakiabe8@gmail.com

 なお同企画の日本での開催は、駐日スペイン大使館を会場として本年九月十一日(火)から十月九日(火)までとなっている。残念ながら私は行けませんが、皆さんぜひ会場に御足を運ばれんことを。

※ 追記 その一つ前のメールで安倍さんからこんなニュースも届いていた。それは日大の角田哲康教授が『情熱の哲学』を哲学の授業の教科書に指定され、何十人もの学生さんと一緒に情熱の哲学を学ぶのです!と意気込んでいらっしゃる、との知らせである。若者たちの中からウナムニスタが誕生することを強く願っている私にとってこれ以上の朗報はない。

カテゴリー: モノディアロゴス | 4件のコメント

複合汚染


 以下にご紹介するのは、清泉時代の教え子、仁平美弥子さんからの私信であるが、読み終わって教えられるところ甚大であった、いや大きなショックを受けたと言っていい。私のコメントは後からのこととして、まずは全文を読んでいただきたい。実名でご紹介するについてはご本人からの了解を得てのことであり、感謝したい。

「佐々木先生
 桜の頃もはや過ぎて、今年の新緑の季節の到来が早く、温かすぎる春です。奥様の術後、自宅療養も順調の様子で何よりです。先生が担われる介護のお仕事もさらに大変になっていると思いますし、先生の皮膚炎が良くなっていない様子が心配で、お節介とは思いましたが、この手紙を書いてます。

 以前にもお話ししたかも知れませんが、私は冬場の乾燥による手荒れから主婦湿疹がひどくなったことがあります。老人性の乾燥膚なので、もう治らないと言われ、その痒みに耐えられず、皮膚科を転々とし、ステロイドを多用し、弱いものが効かなくなると一段階強いものを処方され、遂にはステロイド依存によるアトピー性皮膚炎になってしまいました。このままだと破綻するしかなく、夏場でも手袋をして外出するなど、両手はもうボロボロでした。

 いろいろなものを試し、最後に辿り着いたのは「ノンアトピー友の会」でした。そこでステロイド剤(人工の副腎皮質ホルモン)の怖ろしさを知り、また私たちの周囲にある化学物質についても、それらがいかに人体に悪影響を及ぼすかを学びました。食器用洗剤、洗濯用洗剤、シャンプー、浴用石鹸その他の石鹸類にも、汚れを簡単に落とす為に界面活性剤が使われており、これらは環境(下水など)を汚染、破壊するだけでなく、皮膚にもとても良くないことを知り、全て自然由来のものに切り換えました。 

 ステロイドを完全に止めた後はしばらくリバウンドがあり、一時的に炎症がひどくなりますが、次第に落ち着いて、現在は両手とも完全に治癒しました。この経験を通して薬の恐ろしさを身に沁みて理解しました。どの薬剤も症状や炎症を一時的に抑える為の対症療法でしかないこと、根本的な治癒は薬ではできないし、薬を使い続けることは、内臓にも身体にも負担をかけ続けるものであること。

 先生の皮膚炎の処方薬は、おそらく飲み薬は抗ヒスタミン剤ではないでしょうか。それらより、もちろんシアバターの方がずっとましです。私が使っている石けんと酵母くん(ビニールの袋に入っている)はノンアトピー友の会の製品で、今でも私が使っているものですので安心して試してみて下さい(洗顔などに)。それからミヨシ(MIYOSHI)の石けん類とシャボン玉浴用石けんは市販のものですが、無添加製品で膚への刺激が無く良品ですので、私も使ってます。

 主人は脳梗塞になってから、やむなく血液サラサラ薬を服用しています。しかしコレステロールの薬や糖尿病の薬は服用せずに食事の改善に努めています。医者は安易に薬を処方しますが、薬はたし算ではなくかけ算として考え、身体への負担をかけない様に心がけています。

 60年前にレイチェル・カーソンが『沈黙の春』で化学製品による自然破壊と発病について警鐘を鳴らし、40年前に有吉佐和子が『複合汚染』で化学合成物、農薬などの相乗作用での環境汚染と人体への影響の怖ろしさを世に問うても、現実は全く何も変わらず。

 人間は時短、便利を求め、利潤を追求し、大切な生命を危険にさらして生きています。企業は法律の穴をかいくぐり、人々も真の安全を見窮めようとはしません。私たちは市場規模拡大のための利潤と効率の大量生産である加工食品と食品添加物による食のグローバル化=危険のグローバル化であることを知ろうとせず、手軽さを求めて生きています。化学物質問題は全て後回し、それは国をあげての経済的合理性へ、そのための政治へと繋がるものです。

 なんとも文章力のない手紙になってしまいました。私は自分の体験をお伝えしたかっただけなのですが、余計なことをしているのかも知れません。もしそうでしたらどうぞお許しください。
 季節の変わり目、疲れもたまりますのでお身体ご自愛くださいますように。どうぞお元気で。

       4月15日  仁平美弥子
追伸 柳貞子さんが逝去されたとのこと、清泉でのコンサートの時の美しい歌を思い出しました。」

 以上、仁平さんからの手紙全文である。ショックを受けたというのは、今回の皮膚炎経験で漠然と感じ始めていた危惧を実に見事に言い当てられたからである。皮膚炎が治らないことに苛立ち、次々と薬を替えて塗布するうち、体の中に蓄積されてゆく化学物質によって、それこそ有吉佐和子の言う複合汚染が進行してゆくのでは、という恐怖である。
言葉を換えれば、老人になると自然に弱くなるにしても人間が本来持っている免疫力とか治癒力をますます弱らせていくのではないか、との恐れである。そういえば昔、子供たちは傷や炎症が治りかけのカサブタをいっぱい顔や体につけていたような記憶があるが、最近めったにそういう子供の姿を見ることがなくなった。おそらく強い成分の塗り薬などで治りが早く、しかも跡が目立たないようになったからではなかろうか。しかしそのために返って本来持っているべき免疫力や治癒力を次第に摩滅させてきたのではないか。

 実は右の談話室にも書いたように、昨日からクリニックで処方されたアナミドールはやめて、タンポポとヨモギの発酵液「ばんのう酵母くん」を使い始めた。目薬にも使える安全この上なしの液体である。顔だったらさすがに躊躇するだろうが、目の触れない脇腹などの炎症が変化を見せ始めた。赤く薄い段丘状になってきたので、見ようによっては悪化しているとも見えるが、しかしこれが治りかけの印に見えるのだ。説明はむずかしいが、体がそう伝えてくる。実はアナミドールという薬は、仁平さんからもらった文献に拠れば、人間が自ら分泌する天然副腎皮質ホルモンの代表たるコルチゾンの1087倍の強い薬らしい。確かに薬の説明文に長期にわたって使用しないようにとの注意書きがあった。実は先日、クリニックに薬を処方してもらう際、一向に効かないレスタミンコーワの代わりにこのアナミドールを十本ももらってきたのだ。仁平さんからの手紙で助かった。

 それにしても仁平さん、良くぞ知らせてくれた。清泉時代の彼女で覚えているのは、大学近くの高校(名前は忘れたが彼女の母校)で教育実習をしているときに担当教員として訪ねたこと、そして彼女が西文研究室の助手時代に大学の聖堂で今のご主人と結婚したこと、そして最近のことでは、東日本大震災が起こって直ぐの四月に、確か石巻の友人を見舞う娘さんと一緒にご夫婦で我が家を訪ねてきたことだ。他人の困苦を黙って見過ごすことのできない性分は、娘さんにもそっくり遺伝したらしい。

 ともかくここに彼女の手紙をそっくりご紹介したのは、このブログを読まれる方々の中にもきっと役立つ情報が含まれていると信じたからである。私もさっそく今日、まだ読んでいなかった『沈黙の春』と『複合汚染』がアマゾンにあの破壊された価格で出ているのを見つけ、さっそく注文したところである。原発反対、戦争反対の目標に新たに複合汚染反対の目標が加わったわけだ。三つとも同じ禍根(人間の飽くなき欲望)に由来する。さあ忙しくなるぞ。

カテゴリー: モノディアロゴス | コメントする