嬉しい話のてんこ盛り


最初はルルドの聖水の話である。

ルルド (Lourdes)は、フランス南西部、スペインとの国境に近い小さな町だが、1858年に聖母マリアが三人の薪拾いの少女たち(そのうちの一人は美子の洗礼名でもあるベルナデッタ)の前に出現して以来、カトリックの巡礼地となり、毎年約6万人の患者や病人を含む600万人の巡礼者や観光客が訪れているそうだ。

それが一躍評判となったのは、ノーベル・生理医学賞を受賞したアレクシス・カレル博士※が1902年に、巡礼団付き添い医師として,ルルドを訪問した際、重症の結核性腹膜炎の少女,マリ・バイイが聖水を浴び,急速にその症状が回復した事実に遭遇したからだ。そして、この時の事例を、「ルルドの奇跡」が実在したとして、リヨンの医学会で発表。 爾来ここの聖水は世界各地に大切に運ばれ拡散している。
※わが貞房文庫に彼の著作二冊あり。  ルルドへの旅・祈り(中村弓子訳)、春秋社、1991年、6刷。
人間この未知なるもの(渡部昇一訳)、三笠書房、1994年。

この聖水を昨日、頴美ちゃんが教会から少量だがもらってきたのだ。もちろんお爺ちゃんの皮膚炎のためである。

さてこの奇蹟の水を何としよう?これまでの数えきれないほどの数の奇蹟受益者のように熱い信仰に燃えているなら、躊躇なくその聖水を先ずは両腕の患部に薄く塗るであろう。しかし如何せん、この爺ちゃんそれほど信仰篤き人ではない、いやもっとはっきり言えばその資格が無いのだ。かといって市販の薬のように気安く塗るわけにもいくまい。透明の小さなガラスの器に密閉された聖水を机脇に置いて、時おり有難そうに眺めるだけだ。(ウソつけ! さっそく両腕に薄く塗ったくせに! バレたか)

次は母方の従弟たちのことである。数日前、とつぜんばっばさんの末の弟・永治叔父さんから久しぶりに電話があり、それをきっかけに母方の従弟たちとの交流を復活させたいとの熱い思いが湧き出てきた。これも寄る年波のせいと言えばそうだろうが、しかし同じ血が流れている人たちと仲良くしたいのは自然の情である。

先ずは永治叔父さんの二人の息子さんと接触を始めた。この従弟たちは、大昔、南武線稲田堤で数年間近所に暮らしたのでとりわけ懐かしい従弟たちである。ただ残念なのはいつも優しくて明るい悦子おばさんが先年亡くなられたことで、叔父は現在一人暮らし。しかし87歳になるのに今も水泳を欠かさず、すこぶる元気で、糖尿と皮膚炎(忘れてた、難聴も)患っている私など足元にも及ばない元気さである。

この二人の従弟たちでうっすら覚えているのは、優しい叔母さんに甘えている二人の幼い少年たちであったが、現在兄の方はもう少しで定年を迎えるサラリーマン、そして弟の方は、な、なんと今は新宿区落合のかなり大きなクリニックの院長さん(千葉大医学部、放射線科)で皮膚科もアレルギー科もあるので、そのうちオフの時を狙って皮膚炎についてアドバイスを貰おうなどと考え始めました。改めて考えてみると、母方の従弟に北海道は十勝上士幌町で「赤ひげ」ならぬ「はげあん」診療所を経営しているもう一人の従弟(北大医学部、整形外科)、さらにその子供たち、私からすれば従弟甥・姪に数人の医者がいるという家系になってました。ありがたい(何が?って糖尿、皮膚炎の爺さんにとって実際にお世話にならなくても心理的に安心です)

嬉しい話てんこ盛りなどと銘打ちましたが、汚い爺さんの皮膚炎(いえ汚いのは爺さんではなく皮膚炎の方ですよ)がらみの話がまた出たところで、他の話は別の時にでも。

ついでですから従弟のクリニックのことがネットに出てましたので、宣伝がてら(繁盛してるので宣伝無用かも)その箇所そのままコピーしましょう。

「東京メトロ東西線・落合駅そばの「落合駅前クリニック」は内科の他、小児科、皮膚科、アレルギー科、外科も標榜する。患者の主訴は、風邪や腹痛、生活習慣病の他、ニキビやアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患、切り傷、擦り傷、やけどなどの外傷が主だ。安藤策郎院長のモットーは「何でもすぐに診る地域のかかりつけ医」。日曜日にも診療し、患者個々の生活背景や思いをくみ取りながら、その人に合った治療を行うことを心がけている。勤務医時代は放射線科に所属し、さまざまな病気の画像診断を行っていた。「今後も自分の目の届く範囲できめ細かな診療を行いたい」と安藤院長は話している。」

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

呑空庵西漸(せいぜん)す


今回も思いがけないで出会いと展開があって、とうとう呑空庵支部が東京を越えて西に、しかも一気に九州は鹿児島市に誕生することになった。そもそもの始まりはモノディアロゴスの最新刊『遡行と螺旋』を注文なさった一人の読者との出会いだったのだが、彼のメールにこんな一文があったのを見逃さず飛びついたわけだ。

「カトリック新聞でウナムーノの記事を読み、佐々木様のことを知り、『原発禍を生きる』を現在読んでいるところです。そのうち勝手に「呑空庵鹿児島支部」を名乗るかもしれません。」

鹿児島市は我が敬愛する作家でありばっぱさんの従弟でもある島尾敏雄の終焉の地であるばかりでなく、私の最後の勤め先・東京純心の系列校・鹿児島純心の本拠地・川内つまり性懲り無く再稼働を果たした原発所在地にも近い。

これはぜひとも呑空庵支部を作っていただきたいとの強引かつ執拗な私の願いに、今日、彼すなわち山下和実さん(高校非常勤講師、67歳)から色よい返事をもらったたばかりなのだ。しかもそこには原発に対する彼のスタンス、そして地元の友人たちとの活発な関係が書かれてあり、これ以上ない最高の支部長(ごめんなさい、他の支部長さんたちももちろん最高です)誕生である。

「月2回定例の集まりをしているので、今度『原発禍を生きる』を紹介するつもりです。 一つは川内原発と改憲に異議を申し立てるグループでカトリック教会のメンバー10名足らず の集いです。もう一つは、高校時代の恩師と高校時代の教材を再読する読書会です。(中略)参加者に「モノディアロゴス」を紹介することで、「呑空庵支部」を名乗ってよければ 12月から開始いたします。」

これでウソ偽りなく「呑空庵は北は北海道から南は九州まで(いつかは沖縄まで)全国展開中です」と言うことができる。これをお読みの方で、それなら私の処にもと名乗りを上げて下さるなら、私・富士貞房この老骨に鞭打って日々更に豆本と私家本製作に邁進しますのでどうぞよろしく。

カテゴリー: モノディアロゴス | 2件のコメント