くたばれ関白宣言!


 前にも書いたが、美子の無聊をなぐさめるため(?)、夫婦の居間にはほとんどいつもCDやテープからの音楽が流れている。このところばっぱさんが残してくれた「昭和の流行歌」という20巻物を代わるがわる聞いているが、その曲が流れ出すととたんに気分が悪くなる、というより腹立たしくなる。だったら飛ばせばいいのだが、カセッターまで行くのが面倒で、腹を立てながら美子の食事の介助などしている。

 その曲とは1979年発表のさだ・まさしの「関白宣言」である。なぜ腹が立つかと言えば、小心者のくせに口だけはやたら偉そうな歌詞が気に食わないのだ。さだは一種コミカルな線を狙ったらしいが、「北の国から」とかグレープ名でリリースした「無縁坂」、「精霊流し」などなかなかいい曲があるのに、なんでまたこんな駄作を、と気になってネットで調べると、なんと「発表されるや否やその歌詞をめぐって女性団体などから(女性差別)、(男尊女卑)と反発を受けるなどの騒動となった」との解説があり、とたんにばからしくなった。つまりそれら婦人団体がさだ・まさしの何十倍もアホに見えたからだ。「関白宣言」批判では同じに見えても、その根拠は真逆だからだ。

 急に思い出したが、昨年だったか例の「平和菌の歌」の1番にあった「不美人」という言葉に東京のある婦人グループが女性差別だととんでもないイチャモンをつけてきたことがあった。あまりに馬鹿らしいので、以後拙者の周囲に顔も見せるな、と追っ払ったが、ウーマン・リブとかフェミニストを自称する奴らのかなりの部分は、ただ観念的な女性尊重を言挙げするだけで、本当の意味での女性の尊厳の主張からほど遠い連中であることが多い。

 つまり歌詞にある「柳眉逆立つ不美人」という言葉の意味さえ理解できない頭の固い連中だったということ。だってそうでしょう、どんな美人でも柳眉逆立てれば不美人になりますぞ、という含意が読み取れなかったわけだから。ちなみにわが恋女房のことを言うと、彼女はそうした頭でっかちで観念的な女性運動を毛嫌いしていた。こうした頭でっかちで何にでもクレームをつけたがる女性が最近とみに増えてきたように思える。しかしそれもこれも男が不甲斐ない、情けない存在になっているということの逆証明だが。

 ついでに言うと「おいどんは」などと亭主関白ぶっている、いわゆる九州男児が昔から嫌いだったが(さだ・まさしは長崎出身だからオイドンとは言わないだろうが)、実はそんな男たちを実際に牛耳っているのが九州の女性軍だとはとっくにお見通しである。

 要するに日本という国が一見平和、実は内面グダグダになってしまったということなんだろう。またまた腹が立ってきたのでこの辺でやめておく。だれかモンクアッカ!

カテゴリー: モノディアロゴス | 3件のコメント

戦時体験記を読む日々


 本日送られてきた「カトリック新聞」8月27日号に私の投稿記事が載ってました。内容はいつもの持論だし、いずれ上のメディア掲載履歴に収録してもらいますが、ひとまず皆さんにもここで読んでいただこうと発表されたものと全く同じ原稿をコピーすることにしました。なおタイトルは編集者につけてもらいました。

「このところ上下二冊、合わせて千百ページにもなる本を毎日少しずつ、しかもアトランダムに開いたページを読むのを日課にしている。一気に読まないのは内容自体が四千二百通もの読者からの投稿だから、つまり一篇一篇が飛ばし読みできない重い内容だからである。本の名は『戦争ー血と涙で綴った証言』(朝日新聞テーマ講話室編)、出版年は一九八七年、ちょうど三十年前の古本である。

 読んだ形跡がないのは恥ずかしいが、しかし私にとっては今がまさに読み時だったのだと思いなおして真剣に読んでいる。現今の実に愚かなドタバタ政治への危機感からだけではなく、もう少しで七十八歳になるというわが身を顧みての或る種の義務感からである。つまり国政を司る現在の総理が昭和二十九年生まれ、戦争の悲惨さなど全く知らずに高度成長期に人間形成を果たした世代で、道理で戦争と平和に対して実に危うい舵取り(むしろ火遊び)をしていると最近特に感じているからだ。

 と言ってもちろん私に実戦の経験があるわけではないし、本土での空襲や沖縄での地上戦に遭遇したわけでもなく、少年時、旧満州からの引き揚げの途次、夕焼け空を背景に鉄路にへたり込んだ敗残兵の一群を見た、つまり戦争の尻尾を見ただけではあるが、しかし子供心にも戦争の愚かしさ悲しさをしっかり胸に叩き込んだ世代である。前述の本の中にもそのころの回想記が何篇か含まれているが、中に「真っ先に逃げたのが高級将校たち、次に軍隊や警察などの組織体であって、守護されるべき開拓民は置き去りにされ逃げ遅れた」とあるように、平時いかに美辞麗句を並べられようと国は国民を守ってはくれないことを骨身に沁みて味わった世代である。

 しかしいつしか八月六日・九日の原爆投下記念日も十五日の終戦記念日も、その時だけのおざなりの回顧で過ごしてきたと白状せざるを得ない。八月のカレンダーに十一日の「山の日」が旗日になっているのに、十五日には何の記載もないことに気付いて今更のように驚いているうっかり人間に成り下がってしまった。

 戦時体験記を読むことを日課にしたのは最近のことであるが、しかし一月十五日の本欄に書いた例の「平和菌の歌」という布表紙の豆本は一日も欠かさず作り続け、いろんな人に配って来た。いま現在他の二つの歌と一緒の日本語バージョンは累計二千冊、「平和菌の歌」だけのスペイン語バージョンも三百を超えた。もちろん「平和菌の歌」の4番に「原爆・原発被った今も 懲りずに推進求めるアホは…」とあるように、原発事故を被災した私にとって原爆と原発は全く同根のもの、前世紀最大の狂気と愚かさの産物である。その歌のリフレインは「ケセランパサラン」だが、これは十六世紀にスペイン人伴天連(神父)が伝えたとされる謎の言葉であると同時に、綿毛に似た不思議な生物を意味する。私はそれを世界中の人々の心に棲みつきますようにとの願いを込めて「平和菌」と名付けた。」

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

或る私信


X.Y様

 お早うございます。例の決別の辞、お見通しのように、あまりの無反応に業を煮やして、年寄りの冷や水というか、歳甲斐もなくあるいは歳相応に半ば冗談に「拗ねて」みました。不思議なことにかえってアクセスが増えてます。これも半ば予想していた効果でしょうが、でも音もなく闇に沈んでいるのっぺらぼうの読者はやはり不気味です。時には声を出してくれないかなと思ってます。でも「拗ねる」のもなかなか疲れますのでほどほどにします。ともあれご心配かけました。

 いま「カルペ・ディエム」もスペイン語にし、ばっぱさんの遺言のことも解説したいと自力でスペイン語に訳し始めました。そうすることによって、「平和菌の歌」誕生の背景がよりよく理解されると思いますので。
 ではまた。貞房識

カテゴリー: モノディアロゴス | 2件のコメント

お願い、そして決別の辞


 長い間お付き合いしていただきましたが、今回思うところがあって本ブログを本日限り閉鎖することにしました。皆様のネット画面には出ているのかどうかは知りませんが、私の画面には毎回アクセス数が出ています。本日のアクセス数は122(累計595,395)です。前から申し上げている通り、もともと本ブログは私自身が生きる上で、行く手を照らす探照灯の役目を持たせてきたものですが、しかし時おりの皆様からの反応が大きな励ましであったことも事実です。しかし今回、平和菌の豆本拡散のお願いをしたところ、ひそかに恐れていた通りいっさいの反応が返ってきませんでした。むしろそんなお願いなどせず、そしてアクセス数など気にせず黙々と書いていればよかったのかも知れません。今回のような情けない、そして滑稽な現実に気付かなくても済んだわけですから。

 しかし知った以上、この先ここで書き続けることが正直しんどく、いや正直アホらしくなってきました。ブログに限らず何かを巷間に問うという行為自体には、こうした厳しい現実が突き付けられることもあると覚悟しなければならなかったのかも知れません。今回の厳しい、そして滑稽な現実は、正直自分でも意外に思うほどダメージが大きいです。しかし外出、旅行などもできず蟄居する身にとって、このブログが外界と繋がることのできる唯一の手段でしたので、つい甘えが出ました。

 長々とお話するつもりはありません。冒頭に申し上げたように、以後はアクセス数などの反応を気にせず、ひたすら自分のために書き続ける所存ですので、どうか皆さまも、こんなブログなど読まないでご自分の生活を大事になさってください。それぞれ自分の選んだ道を進みましょう、ということです。

 閉鎖といっても先ほど申し上げた通り私には他の選択肢がありませんので、このまま書き続けますが、皆様に対しては私の方からも一切の関係を断つということです。平たく言えば皆様にとって本ブログは本日限り閉鎖されたとご理解いただきたいということです。どうぞ明日からはアクセスなどしないでください。アクセス数が明日からゼロになることを心から期待しています。そして以後に出る数字は、時には当方の呼びかけに快く応じてくださる新しい読者のアクセスと考え歓迎します。
 
 では、沈黙の闇の中に無言のまま立ちつくす皆さま、お元気で、さようなら。
 めったに読まない聖書の次の章句が響いています。
 ♪♬ 笛吹けど踊らず(マタイ伝 11-17) ♬♬♪
 あるいはダンテ『神曲』地獄篇第三曲49の次の言葉。
 「我等また彼等のことをかたるをやめん、汝ただ見て過ぎよ」(山内丙三郎訳)

※余計な追記 なお平和菌の歌の豆本は死ぬまで作り続けますが、拡散については何とか別の手段を見つけますのでご心配なく。

カテゴリー: モノディアロゴス | 6件のコメント

チキティンの話


 チキティン(chiquitín)なんて奇妙な言葉だが、スペイン語で「ちっちゃな奴」を意味する。実はこれ、数日前から私たち夫婦の居間に時おり、それも食事時ほんの数分現れるハエにつけた名前。もちろん初めのうちは、いや今も、手で追い払っているが、彼はすぐ退散する非常に行儀のいいハエ君である。止まるのも決して食べ物の上ではなく、お盆のへりに行儀よく止まるだけ。そのうち何か不思議な愛情(まさか!)みたいなものを感じ始めたのは我ながら不思議だ。

 そして大昔に観た映画のワンシーンが記憶の底から蘇ってきた。『翼よ! あれが巴里の灯だ』(The Spirit of St. Louis)である。これは1957年、チャールズ・リンドバーグの伝記映画としてビリー・ワイルダー監督、ジェームズ・ステュアート主演で封切られたものだが、パリを目指して単独で大陸横断飛行の途中、眠気を催す主人公の周囲に寄り添うように現れた一匹のハエに、彼がやはり何とも不思議な親近感を抱くようになるという印象的な場面である。

 べつだん私は生きとし生けるものすべてに対する分け隔てない愛を説く宗教者ではない。しかし独房の窓から入ってきたハエ一匹にも心動かされる囚人ほどではないが、大震災後とりわけ命あるものへのやさしい気持ちが生まれたことに気付くことがある。そう言いながら肉も魚も野菜も毎日食べ続けているわけだが、しかしエスキモーなどの狩猟民が必ず獲物への深い感謝の儀式をしてから殺したり食したりすることを美しい習慣だとは昔から思っていた。※

 だから捕鯨に抗議する集団にはいささかの違和感を持っている。つまりブタや牛をばくばく食べながら、鯨に対してだけ差別的な愛情を示すのはおかしいと思っているからだ。だったらベジタリアンのように、知能の多寡で差別などせず、すべての肉食を断ったらどうだ、というわけだ。

 その意味でも、あの南相馬が生んだ不世出の思想家・埴谷雄高の『死霊』第七章《最後の審判》の中で、ガリラヤ湖畔でのキリストの行ないに対する根源的な批判はいま強く胸に迫ってくる。その箇所を引用しよう。

「いいかな、イエス、死を恐れて、新しい生へと《復活》したところのそのお前がまだ飢えつづけて、まず真っ先の振舞いとして、焼き魚を口に入れたとき、食われる魚の悲哀、食うお前の悲哀、そして《復活》してまでもなお、《食わざるを得ない生》の底もない悲哀をーー嘗て、「ひとの生くるはパンのみに由るにあらず、神の口より出ずるすべての言葉による」と荒野でいみじくも述べたそのお前が、それらの深い悲哀の一片だに自覚しなかったのは驚くべきことだ」

 もしも人類がこの悲哀を深く自覚していれば、キリスト教徒による十字軍(要するに殺戮と略奪の聖別)も、そして今も繰り返されるイスラム教徒によるテロ(彼らもそれをジハードと美化している)も起こりえないはずだ。生きとし生けるものすべてに対する愛と感謝、そして生きるためにはそれらのいくつかを殺さざるを得ないことへの深い悲哀……

 このように生きていることはまさに「生かされている」ことだと心から自覚することがなければ、世界から暴力と戦争が無くなることは決してあり得ない。
 
 実はあのチキティン、昨夜やはり食事時に現れたので、思わず近くにあった殺虫剤を噴霧したから、もしかしてどこかで死んでしまったのでは、と心配(?)していたが、今朝、美子の食事介助のとき、また元気な姿を見せた。もちろん彼が良き伴侶を得て(?)たくさんの子供連れで現れたら、永遠の冥福を祈りながら殺虫剤を吹きかけるだろう。嗚呼、スペイン黄金世紀のカルデロンさんがいみじくも言った通り、生まれ出ずること自体が大いなる罪(el delito mayor del hombre es haber nacido.)、だったら謙遜に、慎ましく、しかし勇気を奮って、明るく感謝の気落ちを忘れずに生き続けるしかない。

 実は昨日、これまで毎日作ってきた「平和菌の歌」の豆本に重大な改変を加えた。つまりせっかく豪華な布表紙の本を作るなら、その豆本を見るだけでそこに込められた作り手の祈りが分かるような工夫をなぜしてこなかったのかと突然気が付いたわけだ。これまでは、それについての東京新聞の記事や「青淵」の投稿文などをプリントして渡すようにしてきたのだが、なぜ本体に簡単なメッセージを付けなかったのかと反省したわけ。それでスペイン語版(『平和菌の歌』に関する部分だけ)にも日本語版にも以下のような文章を8ポの小さな字で印刷した『解説』を巻末に加えることにした。

「※解説 「カルペ・ディエム」は古代ローマの詩人ホラチウスの言葉。大震災後、その頃はまだ歩けた妻・美子と小高い丘の上にある夜ノ森公園を散歩していた時に実際に見た光景を歌ったもの。
 「しっかりそしてまじめに」は、震災後九十九歳で避難先の十和田で亡くなった亡母の遺言。
 『カルペ・デイエム』と『平和菌の歌』のリフレイン「ケセラン・パサラン」は十六世紀、スぺイン人バテレン(神父)によって発せられた「これからどうなる? 事はなるようになるさ」ほどの意味の言葉であると同時に、白粉(おしろい)を食べて生きるという綿毛に似た謎の生物を指す。
 しかし禁教令の布かれた当時の日本の絶望的な状況での言葉として、「最悪の事態だが、ここで諦めず、不退転の覚悟をもって自分らしく力を尽くして生きよう」との意味になる。 
 私はこうしたメッセージの結晶体であるあの不思議な生物(胞子)を「平和菌」と名付け、核兵器であれ原発であれ核の無い世界構築のため、世界中に拡散させたいとの願いを歌にこめた。
 またこのケセランパサランは、アメリカの人気作家カート・ヴォネガットが作中しきりにつぶやく〝So it goes“ とも、そしてあのビートルズの〝 Let it be“とも不思議な共鳴音を発している。」

 以上ですが、どうか皆さんも平和菌拡散にこれまで以上にご協力ください。豆本作りは無理としてもせめて豆本の散布(?)や本ブログ読者の拡大など(ここ数年、たぶんリピーター百数十人から全く増えてません。ひそかに読んでくださるのは、それはそれで嬉しいのですが。もちろんチャンチキ芸能人の何十万というアクセス数など夢にも望んでません)。佐々木のためなどと考えるといろいろ抵抗があるでしょうが、ひとえに真の世界平和構築のためとお考えになってご協力ください、これまで立野先生や佐々木あずささんたちがしてくださってきたように。豆本は死ぬまでゆっくり作り続けますので、返信用封筒同封の上佐々木までご連絡下されば、少し日数がかかるかも知れませんが喜んでお分けします(もちろん無料で)。
 またまずメールで申し込みたい方は、上方にある「富士貞房と猫たちの部屋」をクリックすればEメール送信欄がありますので、そこからご連絡ください。
(と書きながらこれまで全く反応が返ってこない現実に半ば絶望してますが、でも決してあきらめません)

※ その日のうちの追記
 だから日本人が言う「いただきます」も、キリスト教徒が唱える「食前の祈り」も、単に(?)神様に向かってだけでなく、こうして食膳に供されている食物そのものへの感謝の祈りでもあるべきだ。またイスラム教徒も特定の動物だけを神聖視したりすることなく、またそのまま食べることが禁じられているものであっても(特別な儀式と祈祷が必要らしい)、だれもが心から祈ることによって食することが許されたならいいのになあ、と思う。もし私にイスラム教徒の友人がいたとしても、下手に食事などに招待できないのは悲し過ぎる。つまり同じ物を共に食することによって宗教や文化の違いを自然に乗り越えることができるからだ。
※※ 埴谷さんは、文字通り生きとし生けるものすべてを射程に入れておられる。つまり響きが面白いがどんな豆か知らないチーナカ豆まで、いやさらに遠く微生物まで、もちろん平和菌までも包括している。アンドロメダ星雲からチーナカ豆そして平和菌まで、ものすごい埴谷宇宙の広さ、こんなとてつもない思想家と知り合い、可愛がられたことを今になってやっとありがたく思っている愚かな私。改めて真の弟子となるべく、本気で彼の作品を読み続けよう。

カテゴリー: モノディアロゴス | 3件のコメント