豆本の最終形?


 累計日本語版2700冊、スペイン語版400冊になったところで、ようやく気付いた。平和菌の増殖法を加えなきゃ、と。これまでもかなり作ってから「解説」を加えることを思い付いたが、覚醒はいつも遅れてやってくる。歌詞だけの本だと何のことか分からないので、それまでは「東京新聞」の佐藤直子記者が書いた記事をコピーして添えたりしていたが、そうだ解説を加えればそんな手間が省ける、と遅まきながら気づいたのだ。

 今度も、平和菌をどうすれば増殖できるかを説明しなければ、豆本もらっても戸惑うだろうな、とようやく気付いた。それで昨年いや一昨年だったか(もう忘れている)渋沢栄一記念財団機関誌「青淵」のために書いた文章の一部を要約すればいい、と夕食後急遽編集して豆本サイズに印刷してみた。これで6ページ増えるから合計38ページと少し分厚い、いやそれほどでもない厚さになった。ここで改めてご披露しよう。

     平和菌増殖のための三つの要諦 

1.魂の重心を常に低く保つこと。日本はいま地に足がつかぬままの漂流状態(一億総ドリフターズ化)にある。個人は言うに及ばず、政界、マスコミ、そして悲しいことに教育界までもが浮足立っている。
 名匠小津安二郎が描いた戦後の貧しい日本人がなぜあのように美しく気品があったか。それは彼が三脚の脚を切らせてローアングルで撮ったからだ。いずれにせよ重心を低くすることによってたやすくは流されず、事の実相が見えてくることは確実である。                                                                              
                          
2.すべての事象を「生成の状態」に戻して見つめ直すこと。つまり人間の生死は言うに及ばず、すべてものには始まりがあり、そして終わりがあるという冷厳な事実を確認することである。
 例えば近代国家はたかだかここ数世紀の過渡的なもの、このままの形で永遠に続くはずもない。もちろん領土問題などいくら国際司法裁判所に訴え出ても、いつを起点にするかで全く異なる裁定が下るはずだ。なのに日本だけでなく世界中の国々が時代遅れの国家像から抜け出せないまま愚かな紛争を繰り返している。                                                   
                                         
3.すべての事象をそれ本来の正しい遠近法に引き据えること。とりわけ常に等身大であるべき人間を絶対に数字や記号に還元してはならない。いまの教育は児童・生徒をひたすら成績という数字に収斂させ、そして行政は市民を御しやすいナンバーにしようとしている。                 
 言うまでもなく戦争とはまさに相手国を、かつての「鬼畜米英」のようにただただ憎悪の対象に、そして人間を点(標的)にまで極小化すること以外の何物でもない。

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

出て来ぉ〜い!


 昨二日、夜は八時半からのFMひばりの放送時間が近づいてきたので、さて日頃使ってない小型ラジオでもセットしようかと思ったとたん、大変なことに気付いた。左耳にあるはずの補聴器が無いのだ。夕食前、頴美と一緒に美子を病室に見舞ったときには確かにあったはず。さあそれからが大変。日ごろから机周辺はバーミューダの魔のトライアングルよろしく、机から落下したものが不思議に消えてしまう。懐中電灯を点けての捜査もむなしく、なぜか消えてしまうのだ。そして数日後、思わぬところから出てきたりする。

 昨晩も暗い隅っこまで隈なく探したし、もしかして、と周辺の紙袋をひっくり返したりしたが出てこない。胃腸炎もすっかり癒えたので久しぶりに夕食に缶ビールを飲んだせいか、病院から帰ってきてからの我が行動がうまく思い出せない。降参! 息子夫婦に来てもらってさらに捜査網を広げたがそれも無駄に終わった。

 待てよ、もしかして病室で美子の方にかがみ込んだときに落としたか。まさかとは思ったが藁をもつかむ思いで、病院のナースステーションに電話を入れ、万が一病室に落ちていたら取っててください、と頼み込む始末。こうなると放送など聞く気にもなれず、未練たらたら、さらに二度、三度と机の周辺を探し回ったが、ないものはない。

 とりあえずは机に向かって、その時来ていた清泉時代の教え子E・Mさんへのメールにまでボヤキ節を書き込む。すると彼女から「補聴器だから、ちゃんと聞こえてると思いますが…」と彼女には珍しくボケをかましてきた。その時のメールの件名が、表題の「出て来ぉ〜い」。

 ところが補聴器君、おっとまだ正式に紹介してませんでした、彼はパリミキからレンタルで借りてきてまだ三日目の、耳穴にすっぽり入る超小型の補聴器で、レンタル中に失くせば四万円の損料を取られる代物。恥も外聞もなく騒ぎまわるだけのお値段である。

 ところが、ともう一度繰り返すが、E・Mさんの「出て来ぉ〜い!」という呼び声が聞こえたのか、それからしばらくして寝る段になって、丸椅子に腰かけてズボンを脱ぎ、股引を脱いだ時、足元にポロンと小さな塊が転げ落ちた。ウッソでしょー補聴器君だよーっ!

 つらつら考えてみるに、夕食時にビールを飲んだあと、まだ治りきらない皮膚炎、とりわけ背中のそれが猛烈に痒くなり、急いで孫の手を背中にこじ入れて掻いたとき、知らぬうちに補聴器君が襟元へ滑り落ち、そのままシャツとセーターの間を落下し、さらには緩めのズボンと股引の間をかいくぐって靴下のあたりで止まっていたらしい。

 もちろん翌朝、ナースステーションにお詫びの電話を入れたが、その時応対した看護師さん、先日の無愛想な彼女とは打って変わってとても感じのいい看護師さんで、補聴器が出てきたことを心から喜んで下さった。

 以上、桜の開花はまだまだ先のことですが、独居老人には迷惑至極の補聴器君の落花(落下)の舞のご報告。爾来、補聴器の落花(落下)狼藉を未然に防ぐ意味で、補聴器の下の小さな輪っかに輪ゴムを通して耳に掛けることにしました。♪♫

カテゴリー: モノディアロゴス | コメントする

世界一美しい場所


 表題の言葉は、昨年から隣の小高区に定住されている作家・柳美里さんが現在企画しているプロジェクトの謳い文句である。その実体は小高駅前の柳さんのご自宅に併設されて地元の人たちが集まり話し合えるブックカフェのこと。その企画のことを知ったのは北海道新聞の岩本記者からで、聞いた途端「これこそ真の復興!」と感動して、さっそく柳さんのメールアドレスを教えてもらってお近づきを願った。その返信で、柳さんがこれまで地元民600名と「南相馬ひばりエフエム」の「柳美里のふたりとひとり」という鼎談番組にどなたかとご一緒に出ませんか、との出演依頼を受けた。局そのものは残念ながら三月に閉局となるそうだが、柳さんはこの番組でこれまで都合300組の地元の人たちと話し合ってきたという、その企画にまたも脱帽。

 つまりこの番組を通して、これまで報道されることのなかった地元の人たちの本音を、そして復興への真の手掛かりを聞き出すことができたのではと考えたからである。つまり一対一の対談では、相手側も緊張するだろうし、話の接ぎ穂を失うこともあるが、招かれた側が気の知れた友人同士であれば、話の内容そのものが立体化し具体化されるはずだからだ。おそらくブックカフェ「フルハウス」(これは柳さんの小説の題名でもある)設立のヒントは、この番組から生まれたに違いない。

 収録は25日(日曜)の午後二時から、場所は拙宅・呑空庵。その番組収録のあと引き続いてラジオ福島の菅原美智子さんとの対談もあり、さらには柳さんを取材中のNHKのカメラマン氏も加わって、総勢十名以上。幸いというか残念というべきか、美子は入院中なので、家じゅうの椅子を並べて、黙居老人としては嬉しい長時間取材であった。

 実はこの話が出るまで柳さんの作品を一つも読んでいなかったし、返信メールの一つで柳さんは最近出た『情熱の哲学』を購入してお会いするまで読むつもり、と書かれていたので、慌てて貞房文庫の目録で探すと『水辺のゆりかご』があったが、私が読んだ記憶はないのでこれは美子が読んだものらしい。しかしどこに隠れているのか見つからない。それでは、とアマゾンに急遽、二冊を注文したのだが、美子の入院に付随するごたごたでついに読まないまま当日を迎えた。そのことを率直に柳さんに白状したが、柳さんもまだ拙著を読んでいなかったそうで、これでおあいこ。しかし一切の先入観無しでお会して正解だったかも。というのは初対面から柳さんの中に気の合う友人を見出したから。柳さんにも言ったが、もしもばっぱさんが生きていたら、そして美子が認知症にならなかったら、私同様、すぐ親しい友人になっただろう。たぶんこれは『情熱の哲学』の前書きにも書いた「魂の同質性」のしからしむるところ。つまり人と人を強く結びつけるのは、たとえば何に感動するかとか、どんなものが好きか、ということ以上に、何に対して闘いを挑んでいるか、あるいは何に対して真に怒っているかが決定的要因だと思っているので、柳さんの中にもその「怒れる人」を初対面から感じたからであろう。

 もちろん私の側の「ふたり」はいつもお世話になっている西内さんとだった。そしてその鼎談の後にラジオ福島の収録が続いたが、なにせ人との会話に飢えた独居老人(美子が傍にいないのでまさに独居状態)には格好の獲物が大量に舞い込んだ(皆さんスミマセン)なので、まったく疲れを知らずに話し続けた午後でした。

「世界一美しい場所」の話に続いては「世界一ばっちい話」です。

 そして翌日が美子の手術。息子夫婦に付き添われての病院訪問だったが、気のせいかどうも足元がふらついていた。
 さらにその翌日(つまり昨日)の昼前、前から予約していたパリミキからの補聴器レンタルの交渉で二度ほど自宅との間を往復したあと、いつものように昼食を食べて机に向かったが、或る人へのメールの返信を書いているうち、なぜか続ける根気が無くなり、ベッドに横になったが眠れず、仕方なく起き上がって(スミマセン、ここからはちょっと汚い話です)机に向かう途中、吐き気を催し、堪えられずすぐ傍にあったゴミ袋に大量に吐瀉した。こんな体験は初めてなので自分でもびっくりしたが、ちょうど心配で来てくれた息子夫婦がすぐクリニックに電話してくれた。一人だったらその知恵さえ思いつかなかったかも知れない。

 終業間際のクリニックに息子が車で連れていってくれ、診察にも同席してくれた。息子を頼もしいと思ったのは(たぶん)これが最初。そして医師の診断は熱もなく下痢症状もないウィルス性胃腸炎。おそらくこの十日余りの心労やら疲れで普通なら免疫力が働くのにそれが働かなくって招いた結果なのだろう。

 スミマセン、美しい前半部のあとにこんな長々としたばっちい報告までして。処方してもらった二種類の錠剤を昨夜から今朝、昼の食事前に飲んだ成果が出たのか、いまはすっかり落ち着いてます。

 最後に今日「南相馬ひばりエフエム」の今野さんから来た放送日程をお知らせします。
FMラジオのことは全く知りませんが、全国どこからでも聞けるのではと思いますので、お時間が空いていればぜひお聞きください。

「第293回 柳美里のふたりとひとり
初回放送 3月2日(金)夜8時30分~(30分番組)
再放送 3日(土)午後1時30分~   6日(火)夕方4時~
南相馬ひばりFMは市内では87.0MHzで、全国(全世界)でもネット回線を利用したサイマルラジオ http://simulradio.info/ や無料アプリListenRadio(リスラジ) http://listenradio.jp でお聴き頂けます。」

※今回のブックカフェはクラウドファンディングという方式で資金集めが行われたが、私はフェイスブックなど使ってないのでどう協力したらいいのか分からず、鼎談当日、かえって面倒をおかけすることになったかも知れないが直接「貧者の一灯」を差し上げ、これで口だけの応援ではなく実質的にもちょっぴり協力できたと自己満足してます。
 柳さんのブログhttps://motion-gallery.net/projects/fullhouse-odaka
に拠れば、いま現在、コレクター 488人 現在までに集まった金額 7,283,050円 残り日数 9時間だそうです。

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

中間ご報告


 ご心配かけましたが、昨日、美子無事入院しました。付き添った息子夫婦によると担当医師はとても誠実そうな人だというので安心しました。でも午後、私が初めて病院に行ったとき、ナースステーションで応対してくれた若い女性は、いかにも機械的、不親切な応対だったので思わず我が瞬間湯沸かし器が沸騰してしまいました。

 そのあと、何も意思表示のできない美子の入院生活がにわかに心配になりましたが、幸いいつもお世話になっている訪看さんのリーダーYさんの大の親友がそこの外来担当の婦長さんでしたので、Yさんを通じて陰ながら見守ってくださるようお願いしました。これでようやく安心しました。

 今日は夕方息子たちが行ってくれることになっているので、午前中、私は直接病室に行かず、その婦長さん宛てのご挨拶の手紙と、美子の紹介を兼ねて、例の朝日新聞の ”Withnews”の記事と東京新聞の豆本についての記事のコピー(と豆本五冊)を受け付けに置いてきました。そのうちこれらを書いてくださった朝日の浜田さん、東京新聞の佐藤さんに改めて御礼を言わなければなりません。

 ところで先日来の話に戻りますが、どんな組織でも受け付けなどはたいして重要な仕事と位置づけられていないようですが、私の経験では受付にこそ有能ですべてに気の付くベテランを配すべきと思います。なにせその組織の顔なんですから。
 手術は来週初め、そのあと一週間ほど病院で具合など見るようです.

 最後に少し嬉しいニュースを一つ。先日、清泉時代の教え子Nさんからのメールで、このあいだの朝日の日曜読書欄で『情熱の哲学』が週間ベストテンに入っていることを知りました。こういう時の頼みの綱・西内さんが販売店で手に入れて持ってきてくれました。なるほどいま話題の西部邁『保守の真髄』第7位、鴻上尚史『不死身の特攻兵』(第10位)を抑えて、堂々総合の第4位でした。法政大出版局の郷間編集長は、「小局としても、このランキングに載るようなことは、ほとんど前代未聞」だそうです。これもひとえに執行草舟さんや安倍三崎さんのおかげだと思ってます。私一人では決してこのような結果にならなかったはずです。ここでも感謝です。

 ともあれ、どうぞこれからも美子のことを心の片隅で結構ですからお心に留めておいてください。お願いいたします。先ずは中間ご報告まで。

カテゴリー: モノディアロゴス | 6件のコメント

むしろ攻勢に出よ!


 このところのご無沙汰は、私のことではなく妻・美子が一時期容態が悪化したためであった。これまでもつまらぬことも含めていろいろご報告してきたし、結果的には快方に向かっているので、自分自身の頭の整理のためにも簡略に(そうなるかな?)今日までの経過をご報告する。

 五日前の夜だったか(それさえもう忘れかけている)いつものように歯磨きと口の洗浄をしたとき、美子の口の中に大量の食ベかす(と言ってもエンシュアという栄養剤にとろみをつけたもの)が残っていた。スポンジでは間に合わず歯ブラシでかき出してもかき出してもまだ残っている。ともあれその時は五、六枚のティッシュに取ってなんとかきれいにした。

 翌朝、そうだ、今思い出した、12日の振り替え休日の朝だった、十時からヘルパーさんたちによる入浴の時、血圧が異常に低くなっていて、急いで訪看さんを呼んだ。入浴は中止して、ともかくベッドに寝かせ、安静にした。午後一時からの訪看さんたちのケアの時に、喉から管を入れて食道の残留物を吸い出してもらった。夜になって、その日お休みで仙台に行っていた石原医師が帰る早々駆けつけ、呼吸が楽になるように酸素マスクを装着してくれた。実はその前、訪看さんが仙台にいる石原医師に現状報告をした際、救急入院を勧められたらしいが、私は最後まで自宅で世話してください、とお願いした。石原医師も訪看さんも私のたっての願いを認めてくれた。

 相変らず熱はないが血圧が低く、呼吸も弱々しい。今晩が山ですというようなことを告げられ(実は難聴のためよく聞き取れなかったがそのような意味だと頴美に教えてもらった)その夜は椅子の上で時々仮眠をとりながら朝方まで見守った。ところが朝になって少し顔色が良くなり、点滴を受けるようになってからはさらに快方に向かった。当分、朝と晩に訪看さんが交代で点滴をセットし、液が無くなると頴美が上手にその跡を手当てするというルーティンになった.

 こうして一応危機を脱したが、いつまでも点滴を続けるわけにもいかず、明日あたり石原医師と今後のことを相談することになった。おそらく胃婁の手術を病院で受け、あとは自宅で栄養剤の補給をすることになるのではなかろうか。

 数えてみれば今日で一週間、そして点滴をするようになってから六日目の夜を迎えたわけだ。緊張していたせいか、あっという間の一週間だった。でも負けるもんか、という負けじ魂は持続していた。いやむしろ攻勢に出ようとさえした。もっとも私にできることと言えば、この間、相変わらず私家本や豆本の印刷・製本が主だったが、しかし二日目、前から約束していた客人を迎えることにも躊躇しなかった。客人とは大阪で現在研修中の、バルセローナ大の院生マリオ・マロ君だ。彼はいま原発事故後の民間の復興状況を論文にまとめているそうだ。
 
 彼の来る前夜、あることを急に思いついてさっそく実行に移した。それは先ずスペイン語版作品集の原稿をB5の紙に印刷し、それを布表紙の美本に作り上げることから始めたが、最終的な狙いは、滞ったままのスペインでの出版を推進するための奇策を一歩進めることだった。つまりこういう逆境に意気阻喪するのではなく、これまで延ばしのばししてきたことをまさに今、その一歩を進める。つまり以前ロブレードさんに勧められたganchoすなわち出版社に売り込むため、ひいては将来の読者を惹きつけるための釣り針を考え付いたのだ。そう、例の「焼き場に立つ少年」の写真を麗々しく(?)表紙にし、そして表紙裏に本年正月のローマ教皇のメッセージにそのまま使われた私のスペイン語キャプションと、「それが一字一句そのまま使われた謎」を載せること、それである。自分でも少しえげつない戦法とは思うが、なにこの逆境を乗り越えるため、それで美子の回復への切っ掛けになるなら、ローマ教皇も許してくださるであろうし、終戦時、ほぼ私と同じ年ごろだったあの焼き場の少年も目をつぶってくれるだろう、と踏んだのである。

 翌日、予定通り訪ねてきたマリオ君はさすがにとんでもないときにきてしまったな、と恐縮したが、いや私にとってこの状況からの気分転換にもなるからぜひ一緒に話をしようと引っ張り込んだ。そして前の晩に作り上げた大型の美本を献呈し、私の奇策をも白状した。すると彼は案の定、感激してくれ(?)、この本は私の宝物にします、そしてこの作品集の解説も四月に論文を書き上げてから書きたい、との申し出てくれたのである。奇策第一段階成功!

 その後、ロブレードさんもこの秘策に大賛成、そして唯一交流を続けてくれていたVerbumという出版社の編集者にもそのガンチョを紹介してもう一度出版のことを考えてください、と連絡した。もしかするとこの奇策が効を奏して、少し可能性が出てくるかも知れない。カタルーニャ問題で出鼻をくじかれたところもあったが、もしかすると…

 これらすべては、作品集の著者まえがきの最後に書いたことを目に見える形で実現するためである(ちょっと格好つけ過ぎかな)。

「この作品集の最後を飾るのは朝日新聞のWithnewsに浜田記者が書いた記事『南相馬に住む或る夫婦の物語』である。なぜなら兎にも角にも私の全生涯は妻・美子あってのもの、彼女無しでは私の一生などほとんど意味をなさないからである」。

※ 先日マリオ君に進呈したのはB5版の大きな私家本だったが、そのあと工夫してA5判の布表紙の袋とじ本を作った。もちろん表紙を飾るのは「焼き場に立つ少年」である。これを写真に撮ってロブレードさんなど関係諸氏に電送した。

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント