投稿者「fuji-teivo」のアーカイブ

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。

豆本の最終形?

 累計日本語版2700冊、スペイン語版400冊になったところで、ようやく気付いた。平和菌の増殖法を加えなきゃ、と。これまでもかなり作ってから「解説」を加えることを思い付いたが、覚醒はいつも遅れてやってくる。歌詞だけの本だ … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

出て来ぉ〜い!

 昨二日、夜は八時半からのFMひばりの放送時間が近づいてきたので、さて日頃使ってない小型ラジオでもセットしようかと思ったとたん、大変なことに気付いた。左耳にあるはずの補聴器が無いのだ。夕食前、頴美と一緒に美子を病室に見舞 … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | コメントする

世界一美しい場所

 表題の言葉は、昨年から隣の小高区に定住されている作家・柳美里さんが現在企画しているプロジェクトの謳い文句である。その実体は小高駅前の柳さんのご自宅に併設されて地元の人たちが集まり話し合えるブックカフェのこと。その企画の … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

中間ご報告

 ご心配かけましたが、昨日、美子無事入院しました。付き添った息子夫婦によると担当医師はとても誠実そうな人だというので安心しました。でも午後、私が初めて病院に行ったとき、ナースステーションで応対してくれた若い女性は、いかに … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | 6件のコメント

むしろ攻勢に出よ!

 このところのご無沙汰は、私のことではなく妻・美子が一時期容態が悪化したためであった。これまでもつまらぬことも含めていろいろご報告してきたし、結果的には快方に向かっているので、自分自身の頭の整理のためにも簡略に(そうなる … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント