投稿者「fuji-teivo」のアーカイブ

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。

累計2,300人!!!

現在スペイン大使館を会場に開催中の「いま、ウナムーノを問う」展、いよいよ今日と明日が最後になりました。今回の展示会の実質的立案者でありその推進役を果たしてきた戸嶋靖昌記念館の執行草舟さん、そしてその学芸員の安倍三崎さんか … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

戸嶋靖昌「受難」

※以下のものは右「談話室」への阿部修義さんのコメントですが、せっかくですので、ここに全文を移させていただき、合わせて画集から「受難」の一部をコピーしました。もちろんまだ会期中なので、スペイン大使館でぜひ実物の全体をご覧に … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント