投稿者「fuji-teivo」のアーカイブ

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。

あらゆる瞬間が奇蹟

 以下のものは今朝届いた岩谷徹氏からの私信(おはがき)であるが、これまた氏の許しを得ないでここにご紹介したい。いつものように画用紙をハガキ大に切った一面いっぱいに「仮面をかぶる頭のオカしい女」の絵が着色肉筆で描かれている … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

愛=かなし

※以下のものは、「談話室」への阿部修義さんのコメントですが、阿部さんのお許しも得ないで勝手にこちらに移させていただきました。なぜかはお読みいただければお分かりと思います。  「岩谷さんのブログは、先生が増設されてからは毎 … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | コメントする

老いたる道化王

 一昨日、いつものアマゾンからのものではない、かなり大きな小包が届いた。縦横ともに40センチ、厚さ5センチほどのかなりの重さ。送り主の名前を見てすぐ合点した。そうだ銅版画だ!  郡山市在住のメゾチント版画家・岩谷徹さんか … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | コメントする

最期の迎え方

 半ば習慣化していることだが、早暁、布団の中で、半覚半睡(これ私の造語です)の中で、いろいろ複雑なことを考えたり思いついたりしている。大半は目覚めてから思い返すと他愛もない妄想のたぐいだが、なかに、時おり、なかなかいい着 … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | 2件のコメント

アイヌモシリより

※アイヌモシリとは、 アイヌ語で「人間の静かなる大地」を意味する言葉。本来、特定の地域を指すものではないが、今日では北海道を指す場合や、樺太、千島列島など古くからのアイヌ居住地を指すことがある。 対となる語に、カムイモシ … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | 7件のコメント