投稿者「fuji-teivo」のアーカイブ

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http:/fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。

或る私信

X.Y様  お早うございます。例の決別の辞、お見通しのように、あまりの無反応に業を煮やして、年寄りの冷や水というか、歳甲斐もなくあるいは歳相応に半ば冗談に「拗ねて」みました。不思議なことにかえってアクセスが増えてます。こ … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

お願い、そして決別の辞

 長い間お付き合いしていただきましたが、今回思うところがあって本ブログを本日限り閉鎖することにしました。皆様のネット画面には出ているのかどうかは知りませんが、私の画面には毎回アクセス数が出ています。本日のアクセス数は12 … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | 2件のコメント

チキティンの話

 チキティン(chiquitín)なんて奇妙な言葉だが、スペイン語で「ちっちゃな奴」を意味する。実はこれ、数日前から私たち夫婦の居間に時おり、それも食事時ほんの数分現れるハエにつけた名前。もちろん初めのうちは、いや今も、 … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | コメントする

遺伝子と平和菌

 先日この欄で紹介した「焼き場に立つ少年」の写真にスペイン語のキャプションを付けてスペイン語圏の友人たちに送ったことは既に書いたが、さっそく反応してくれたうちの一人、メキシコのM・Aさんのお返事を以下に紹介したい。いや正 … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

朝から愚痴

 昨日から例の「焼き場に立つ少年」の写真にスペイン語のキャプションを付けて、スペイン語圏の友人たちに送っているが、今朝もメキシコとスペインから大きな反響が戻って来た。それにしてもここのブログの友人たちは何と反応の遅いこと … 続きを読む

カテゴリー: モノディアロゴス | 2件のコメント