あゝサムライJapan!補遺


 なにはともあれ、今年のWBCは日本チームの勝利で終わった、めでたしめでたしである。準決勝の対アメリカ戦、決勝の対韓国戦とも、初めから終わりまでテレビ観戦をした(決勝戦は歯科医の予約が入っていたので途中見れなかったが)。サッカーの国際試合以外にスポーツ観戦にこれだけ時間を割いたのは久しぶりである。誰もが言うように、対韓国戦は手に汗握る好試合となった。

 あれだけ熱戦を繰り広げれば、日韓両国あるいは両チームのあいだにあった不必要なワダカマリは消えてしまうのでは、と考えながら試合終了を迎えたが、予想通り両国国民の受け取り方・報道の仕方ともにさわやかな幕切れとなった。レフト内川の超美技や最後の打者イチローの見事な一撃など、珠史に残るファイン・プレーだったが、しかし一歩まちがえれば、日本は負けていたであろうし、今ごろ日本国民は相当落ち込んでいたに違いない。日本側の狂喜乱舞を見ながら、これで韓国側は立ち上がれないほど落胆したにちがいない、と思わず同情したほどである。

 しかし韓国側は、というか韓国国民は戦うときは実にしたたかだったが、負けっぷりもまたしたたかだった。つまり日本側が負けたときよりも立ち直りが早かった。島国の人間と半島の人間の気質の違いがもろに出たと思われる。冒頭の「めでたしめでたし」はその意味での言葉である。私自身、もし日本が負けたら、おそらく相当なダメージを受けていたにちがいないからだ。

 先日の、原監督の選手起用のやり方や、イチローについてのコメントは、この勝利の後でも取り消しをするつもりはない。つまり粘り強い選手起用とかなんとかは結果論であって、イチロー自身も認めているように、最後の最後まで彼は大変なブレーキだったことは事実で、彼の代わりにもっと調子のいい選手をそのつど起用していれば、もう少しスムーズな勝利への道をたどれた可能性は高いのである。原監督はすんでのところで第二の星野監督になることを免れたのである。

 薄氷を踏んでの戦いが続いたからこそ、奇跡的な勝利の喜びはひとしおだった、と言えばそれまでだが、見ている方からすれば、そこまでヤキモキさせないでくれ心臓に悪いから、と言いたいのだ。冒頭の「なにはともあれ」の意味である。

 日本での選手生活のあと、父祖の国韓国に行き、韓国プロ野球発展のため尽力した新浦寿夫氏の言葉は、その意味で今回いちばん胸に響いた。つまり日韓のたがいに対するライバル意識には、「どうして特別な感情が支配するのか、もっとさわやかなものであってほしい」というコメントである(「朝日新聞」3月24日)。

 選手たちの素晴らしい技や面白い試合は、見る者に他に換えがたい不思議な喜びと元気を与えてくれる。日本列島がこの数日間熱気と元気に包まれたのは嬉しいが、たとえ逆の結果であっても、そこに何がしかの喜びと元気を、そして勇気を感じとれるようなスポーツファンでありたいものだ。これはたぶんに自戒をこめての願いである。なにはともあれ、めでたしめでたし。 

※ホイのホイ(誤植ではありません)
 試合終了時に一番心配していたのは、選手のうちのだれかが、報復としてマウンドに日章旗を立てることだったが、幸いそんな馬鹿はいなかった。ただ中継解説者のだれかが(声からして清原ではなかったが)「勝ってマウンドに日の丸立てろ」などという檄を飛ばしていたヤツがいた。それが誰であったかなど詮索するのも腹立たしいが。
 それから先日のサムライ談義で言い忘れたのは、三島由紀夫自刃に抗議しての韓国の詩人金芝河(キム・ジハ)の次の言葉である。
    どうってこたあねえよ
    朝鮮野郎の血を吸って咲く菊の花さ
    かっぱらっていった鉄の器を溶かして
    鍛えあげた日本刀さ  (詩篇「アジュッカリ」から)

 別に自虐的になるために引用したわけではない。菊の花であれサムライ・スピリットであれ、それを特別視し絶対視することから自由になるための呪文としてである。

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク