若い映画監督

★上のフィルモグラフィーはクリックすると大きくなります。それでも小さすぎたら(私のように老眼で)、右下にある100%のプラス記号を押すと150%大まで大きくすることが出来ます。老爺心まで。 

数日前のこと、年配の男の人の声で、ドイツから来たドキュメンタリーを作るミゾグチという者ですが、お訪ねしてもよろしいですか、との電話。もちろんいいですと答えると、では福島に入ったらご連絡します、ということだった。その翌日だったか、今度は朝日の浜田さんから、ドイツから若い映画監督が私にぜひ会いたいと言ってきているので電話番号を教えていいですか、との電話。もちろんどうぞ、と返事をしたが、23歳の若いドイツ人? あれ、二人も別々の監督がご来駕? しかし後の方のドイツ人からはその後なんとも連絡がなかった。
  
 そして昨日の十時、先の年配の方の予告どおり十時ぴったりに玄関からのチャイムが鳴った。出てみると一人の在ドイツの日本人が、そして予想に反してその後にジーパン姿の若いお嬢さんがかなり重そうなリュックを背負って立っている。とりあえず美濃口さんという方(ミゾグチではなくミノグチだった)とその連れのお嬢さんを、震災以後にわかに国際的(?)になった二階居間に招じ入れた。
 
 改めての挨拶で分かったのは、なんと監督はそのお嬢さんの方だった! そして年配の紳士はそのお父さん。つまり紳士の奥さんがドイツ人だったというわけ。その時、お嬢さんから渡されたフィルモグラフィーが上にアップしたものである。それを見ると処女作は彼女が16歳のとき。若い、若すぎる!しかも何度も国際的な映画祭に出品、そのうちのいくつかは受賞までしている。偉い、偉すぎる!
 
 さっそく取材が始まった。父上の発する質問に答えるという形でのインタビューだが、特に意識したわけではないがNHKのときとは別の角度からすらすらと(?)答えが自然に出てきた。美濃口さんの誘導が上手だったからであろう。その間、監督がカメラを回す。ひとしきりのインタビューが終わったとき、監督がなにやらドイツ語で父上に話している。つまり私の日常光景を撮影したいという。これまでの取材のように公園での散歩は無理。それでは、と台所に行き簡単な料理を作ることにした。その間、父上は居間に美子と残り、私と監督は下の台所へ。さて何を作る? 
 
 自分で言うのも変だが、まるでカメラを意識しないで、冷凍のブロッコリーや南瓜、それに豚肉を混ぜてフライパンに入れIPに着火。さらにその上に適当に(適量とは違う)醤油と砂糖を加えて…その場面(?)を切り上る際、美味しそうな匂い、と監督に褒められる。
 
 二階に戻ると、監督はまた何やら父上にささやかれる。今度は、買い物に行ってほしいと言う。いいっすよ、どうせ行かなきゃならないんすから。今度もまた父上を残して、車でスーパーへ。買い物客に混じって売場を物色。夕食のためのおかずをいくつか。ここでもカメラを意識しないで、まるでおばちゃんのように自然に(?)ふるまう。すると監督、駐車場に向かいながらすかさず褒めてくださる。まるでプロの俳優みたいに、カメラが回っていても自然にふるまってる、と。でしょ!
 
 家に帰ると、これから津波被害の海岸や除染の現場などを映しに行くというので、もっと美濃口パパとも話したかったが残念、お別れのときとなった。監督はまた重いリュックを背負う。いいですね、お父さんと一緒の取材旅行、と言うと、監督は「時々はね」と小さく答える。時々はね、というのは、ときにはパパと一緒の旅は面倒くさい(?)という意味かな。それはそれで微笑ましいし羨ましい。
 
 以上が昨日のこと。そして今日は吉田建業さんと相方の高田さんが朝八時からバリアフリーの工事開始、そしてその後、この工事をめぐっての行政とのひと悶着があったのだが、それはまた明日書く。
 
 そのひと悶着、つまり久し振りの瞬間湯沸かし器フル稼動の後だったか前だったかもう忘れたが、玄関のチャイムが鳴って出てみると、何と昨日の美濃口さん父娘が立っているではないか! 昨日お渡しするのを忘れたので届けに来たとパパが言う。そして監督が渡してくれたのは、彼女の監督作品『兄と妹の心』のDVDと美子のためのお菓子の袋だった。まあなんと優しい心遣い。いつかまたお会いしたいですね。すると美濃口パパ(といっても私より一回り若い)が言う、たぶんまた来るでしょう、と。

※監督に連絡したい方のためのデータ。 
     Eメール mariko@trimafilm.de       web. www.trimafilm.de

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

若い映画監督 への9件のフィードバック

  1. エトワール のコメント:

    介護保険の仕組みは、複雑で、とても分かりにくく、バリアフリー工事時の保険適用については、あまり世間に正しく知られていないのではないかと思います。こういうことを高校や中学校で教えるべきなのではないかと以前から思っていましたが、今の教育システムでは、難しいのかもしれません。介護保険の仕組み以外にも、不動産登記簿謄本や商業登記簿謄本の見方とか、住民票の取り方とか、印鑑証明の使い方とか、納税の仕組みとか、年金の仕組みとか、こうした行政サービスについて、小・中・高のいずれでも、何も教えてもらったことがなかったように思います。マルクスやケインズの経済学を学べるようになっても、フーリエ解析や多変量解析が使えるようになっても、量子力学や相対性理論を理解できるようになっても、何かもっと日常的に知らなくてはならないことについての教育を受ける機会がないというのは、とても不思議なことだと思います。

  2. 佐々木 孝 fuji-teivo のコメント:

    エトワールさん
     私が問題として感じているのは、仕組みを知る知らないの問題ではなく、福祉行政のあり方そのもの、つまり書類優先ではなく人間優先、もっと正確には弱者(病人やお年より)優先であるべきということです。さらに言えば、病状の悪化など予想できない場合が多く、事前申請制度などを理由に申請を却下などすべきではないということです。貴女の言い方だと、私はもっと事前に調べておくべきだったということになりますが、家内の歩行困難は書類審査のスピードをはるかに越えるものでした。あなたの意見は一般論としては正しいですし、私もそれには大賛成ですが、今の私に対してはいささか的外れというか、余計な忠告です。そのおつもりではなかったかも知れませんが、ことの流れからはそう受け取らざるを得ません。悪しからず。
     それから良い序でですからこの際申し上げますが、たとえば悪徳業者など悪意のある人間から不当な追跡を受けている人などは別にして、ネット上で匿名で発言する風潮に対して、以前から好ましいものではないと考えています。もちろんたとえば私のように富士貞房などのペンネームあるいはハンドルネームなど簡単に本人が特定できる場合は別です。最近の行き過ぎたプライバシー絶対視の傾向についても同じように考えています。これまでも折にふれてこの問題について論じてきましたが、お時間があるときにでもぜひ読んでいただければ幸いです。よろしく。

  3. 澤井Jr. のコメント:

    先生!ついに銀幕デビューでしょうか?ドイツから映画監督が先生をお訪ねになったと、うーん凄い凄すぎる、我らが先生の出演されている映画が、国際映画祭なんてことにもなりかねない訳ですね。これは凄い。早く観たいです。南相馬でファンの集い映画鑑賞会など出来たら最高ですね。皆さんどうですか?良いですよね!私も子供の頃から映画の世界に憧れていました。映画には特別な思い入れがあります。今でも映画館が大好きで、ポップコーンを食べながらあそこに座っているだけで最高に幸せです。エンドロールの後に、照明が点いて、入って来た掃除のおばちゃんに声をかけて退場、楽しい時間です。あー映画館に行きたい!先生奥様ファンの皆様 お身体大切に元気にお過ごし下さい。皆様の幸せをいつも祈っています。愚息

  4. 澤井哲郎 のコメント:

     コチラの「瞬間湯沸かし器」も、ワクワク、ワクワクしています。ソウですか?。それにしても若い女性監督、「女性数寄」のロゴジィの心に拍車をかけて、ワクワクの二乗です。ソウですか?。Mariko Minogutiですか。名も姓も、頭がMです。このお人を「Wネーム」と呼んで、ロゴジィの尊敬の対象としてきました。いわく、チャーリー・チャップリン。マリリン・モンロウ。クロウデァ・カルディナーレ等々です。ちなみに澤井早苗もまたS・Sで「Wネーム」。先生のお蔭で、76歳にして初めて知った孫たち、Jrの二人の子供達がこのS・Sの「Wネーム」です。ロゴジィにとって、この「Wネーム」は、「幸運の天使」でもあります。モウ当然といえば当然の事、姫もH・Hの「Wネーム」です。
     ソウですか?。先生の主演されるドキュメンタリーを、2・30席ほどの小さなちいさな「シアター(実際には、試写室以外には存在しないでしょう)」で、暗闇の中では無く、少し明るい室内環境で、コーラとポップ・コーン(これが若い日の憧れたアメリカで、初めてシアトルへ行った時も湖に浮かぶ連絡船上でもこれで)を抱えて観たいものですネ。最高の気分でしょうネ。
     ところで昨夜も、美空さんの送ってくれた30本名作の1本観ました。1,952年に製作されたミュージカルの代表作「雨に唄えば」です。これもワクワクしながら観てました。産まれて初めて都に遊んだ18歳の頃でしょう。観たはずなのに、ジーン・ケリーが雨の中で踊り歌うシーンだけが、「朧月夜」で思い出されていました。あれからすでに、半世紀を超えて、時が積み重なって(時は、流れるのでは無く、積み重なる、とイイ続けてきました)います。生きてきました。活かされています。先生が、息子との再会をお許しくださっています。「この国では、一番貧乏だけど、世界一幸せな男」が、今生きて、活かされて「モノディアロゴス」に書き込みをさせて頂いています。これを幸せといわずして、何をもって幸せというでしょう。多くの皆様が、悲しんでいます。苦しんでいます。泣いています。そんな中で、ロゴジィ一人が「幸せで、イイのか?」、この「幸せ」を、如何したら?、苦しみの淵に沈む人々に、お分けする事が出来るのか?。想っています。考えています。すでに行動を起こしている事もあります。何れ?又、お許しを頂きながら、ご報告させていただきます。今日も心苦しいのですが、「親子鷹」のようで、ドウゾお許し下さい。しかし「老いては子に随え」の例えどおりで、「Jrの文章の方がロゴジィの上」、とはサンチョの読後評です。ただバカ親にだけはならないように、充分に気をつけますので、親バカもドウゾお許し下さい。今日は、お昼に歯医者です。行って来ます。
     先生のブログが明日の朝も、ロゴジィの眠りを覚まして下さる事を願っています。「受講生」・「フアン」の皆様の明日も、先生のブログで幸せに満ちている事を願って祈っています。明日在るを信じて…。今夜も、「美空劇場」の開映です。何観よッかなー!。デワデワ、デワ…

  5. エトワール のコメント:

    丁寧なご返答をいただきまして、大変恐縮しております。

    ブログ記事を拝見し、本当は、ものすごく後悔をするとともに大変申し訳ない気持ちになったのが真相です。12月1日の記事中の「土間までのバイアフリーの工事」予定の記事を拝見したときに、もしかしたら、と思い、介護保険の問題点について、途中までコメントを書きかけながら、私の思い込みであれば、大変な失礼にあたるかもしれないと思い、削除してしまったことを、悔いていました。私自身、日頃から、行政の問題、特に介護保険制度への不満は大きく、日本中に同様の問題で、落胆されている方々が大勢いらっしゃることを大変残念に思っていました。とはいえ、ご不快の念を抱かせてしまったことについてはお詫びいたします。

    ホセ・オルテガ・イ・ガセトを知ったのは、今から30年近く前のことで、松岡正剛や呉智英の著書の中で見かけたのが最初だったと記憶しています。オルテガによれば、大衆とは、「ただ欲求のみを持っており、自分には権利だけあると考え、義務を持っているなどとは考えもしない」ものとされています。この思想は、非常に新鮮であり、また、よく的を得たものだと思っていましたが、当時は、「大衆」は、自分自身には縁遠いものだとの自負もありました。ただ、普通の平凡な勤め人になって年月を過ごしますと、自分自身も、平凡な一「大衆」になっていることを認識させられます。

    「生はおよそ考えられるかぎり、主観的な事実とはほど遠いものである。それはあらゆるもののうちでもっとも客観的な実在である。それはまさに、人間の自我がおのれとは異なるもののうちに、つまり彼の環境という純粋な他者のうちに沈められていることである」

    ホセ・オルテガ・イ・ガセト の中心テーマ「私は私と私の環境である」の真の意味を実感するようになったのは、比較的最近のことです。埴谷雄高のいうところの「自同律の不快」というのも、同様のものなのかもしれないと最近、ふと思うようになりました。

    大衆が、思想家に、ましてや哲学者や革命家になれないのは、個人的資質の問題というよりは、「私の環境」による制約のためなのではないかと思います。

    ネットにおける匿名は、大衆に、nowhere、nobodyの場所からの出発の可能性を与えてくれる唯一の方策なのではないかと自分では思っています。

    悪意と深淵の間に彷徨いつつ
    宇宙のごとく
    私語する死霊

    になりたかった自分としては、エトワールは、「私の環境」に左右されることなく自由に思考することのできる唯一の方策なのですが、間違っているかもしれません。

  6. 佐々木 孝 fuji-teivo のコメント:

    エトワールさん、貴女の誠実な、そして深い思索の跡が明瞭に現われている文章を嬉しく読ませていただきました。朝から汚い話で申し訳ありませんが、昨日、家内が三日間溜めていたものが出たのはいいのですが、薬のせいか処理の困る状態になっていて、しかしこの間も自戒し決心したように、笑顔でやさしい言葉で励ましながら作業(?)を続けていたところでした。しかも立っていることが出来ずにカーペットにへたり込んでしまい、それを起こすのがまた至難の業、でもようやく椅子に坐らせ、後始末の拭き掃除などで大糞闘した後でしたので、ついその反動(?)できつい言葉を連ねました。こちらこそ失礼しました。
     また匿名の影に隠れて好き勝手なことを言う風潮に対してはまったく批判的ですが、しかし貴女の場合のように、実名で書く以上に個性が明らかなペンネームやハンドルネームの使い方に異存あろうはずもありません。いつかエトワールという名前が実名以上に貴女の独自性・個性を意味する名前になりますように。
     埴谷雄高の雄高が小高に発しているように、エトワールさんの実名が、あるいは旧姓が、何か、私なりに推定してますが、もちろんそれは枝葉末節の詮索。ともかく私にとっていまやエトワールという名前は既に実名以上の実質と重さを持ち始めているということです。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

  7. エトワール のコメント:

    今日は、上野の国立西洋美術館で開催されているプラトー美術館所蔵ゴヤ展を見に行ってきました。ゴヤのマハは、そのものずばりのタイトルのエンリケ・グラナドスの名曲そのものの色香を漂わせた素晴らしい作品でした。

    家に帰りついて、ブログのコメントを拝見し、とてもありがたく思いました。

    エトワールのブログコメント愛好癖は以前から有名です。そのことについてエトワールを非難される方もいます。そうした非難に対して、エトワールは次のように答えることにしています。

    「かつて、ある友人は、私のなかのブログコメントへの度のすぎた嗜好、つまり相手かまわず私的長文のコメントを書くという偏執が見られるといって、私をとがめたことがあった。しかし、私はもっとも豊饒な思想の多くをそうしたブログコメントに負っているという事実を告白しなければならない。人によっては、観念を表現するという努力の度に、そしてその度合いに応じて観念が頭に浮かぶといった者もいるのだ。多くの者にとって、観念はそれを書きつけることによって想起され、そして多く書くのは、何事かを考えることができるためなのである。これについては、さまざまな国の文学においてもっとも高い評価を受けている天才たちが、非常に多作であったという面白い現象が見られる。ブログコメントに関してだが、いままで考えついた観念・思想の多くを私はブログコメントに負ってきたと言わざるをえない。ブログコメントを書くとき、人は通常自分の知らない相手、つまり、かつて、自分を見たことのない相手、かつて、自分に向けて語ったことのない相手、また、その右手のぬくもりを生々しく感じたことのない相手に書くのが普通である。そしてこのようなことが、ブログコメントの中にある特別な緊張を帯びさせる。」

    少し長いですが、これは、ウナムーノの書簡論のパロディです。南欧のキルケゴールと呼ばれたウナムーノは、人生で大切なのは「パサール・エル・ラト」(我慢比べの暇つぶし)であり、「ノベラール」(小説化)だといっています。1896年の息子ライムンドの死を契機とした実存主義への傾斜の結論が、「生は無意味かも知れないが、意識的に意味を見出していくことに生の意味があるかもしれない。」というものであったのであれば、彼の書簡論は、よくこの考えに附合しているといえると思います。エトワールは、「生は無意味かも知れないが、意識的に意味を見出していくことに生の意味があるかもしれない。」という思いで、ブログコメントをあちこちに付しているわけです。ご迷惑かもしれませんが、どうかよろしくお願いいたします。

  8. 佐々木 孝 fuji-teivo のコメント:

    エトワールさん
     そうですかプラド(Prado)美術館所蔵のゴヤ展に行かれたのですか、羨ましいですね。ところで細かいことを言うようですがプラドという言葉のアクセントは「プラ」の「ラ」のところにあります。ですからもし長音記号を入れるとすれば、プラドーではなくプラードです、念の為。
     それからエトワールさんのコメントに対する熱い思いはよく分かりましたが、一言付け加えさせていただくと、コメントはあくまでコメントの立ち位置を守る方がよろしいのでは、と思います。その点、よく登場する澤井兄のコメントは境界線すれすれのところまで来ることがありますが、でもその一線を越えることは絶対にありません。そして母屋に対する節度は徹底していて、たとえば毎度のように母屋の主人に対して褒め言葉や感謝の言葉を書かれていますが、私がそれを当然のように受け取っていると思われたら心外です。言うなればそれらの言葉は、境界線ぎりぎりのところでご自分が越境していないかどうかを確かめるための測鉛のようなものと思っています。
     そしてもう一つ、母屋へだけでなく他のコメンテイターへの良い意味での気配り・思いやりが必要です。つまり自説・持説の言いっぱなしではないということです。ウナムーノがなぜ書簡体を好んだかといえば、それはたとえ未知の相手に対してであっても「語りかける」ことが好きであったためです。つまり思想は虚空に向かってではなく、既知であれ未知であれ、それを受け取り反応する相手に向かって発せられるべきものであるということです。
     ところで話は戻りますが、今回来ているのはゴヤの「マヤ」でも裸ではなく「着衣のマヤ」の方だと思いますが、それに関しては拙著『スペイン文化入門』に書いていますので、いつかぜひお読み下さい。また親しい友人の大高保二郎早大教授の優れた論考もとても面白いですよ。

  9. エトワール のコメント:

    大高保二郎教授の著作は、以前から目にしていました。オルテガの「私は私と私の環境である」(ジョー・ソイ・ジョー・イ・ミ・シルクンスタンシヤ)を最初に目にしたのは、大高保二郎教授のベラスケスの解説だったと思います。原町高校在学の頃のことですが、ミッシェル・フーコーの「言葉と物」の冒頭にも登場するベラスケスのラス・メニナスの眼差しの逆転の構造についての北沢正邦氏の評論が現代国語の教科書に掲載されていました。そのため、ベラスケスに関心があり、新潮美術文庫「ベラスケス」を買い求め、読んだときの解説文の中に、大高保二郎教授のものがあったと思います。

    たまたまですが、日本的経営の研究で著名な経営学者の岩田竜子氏の著作「学生達が目を覚ます頃」の中に、私が書いた、ベラスケスの眼差しの逆転の小論が掲載されています。

    学生時代に手にしていた「哲学の起源」 (叢書・ウニベルシタス ホセ・オルテガ・イ・ガセット(著) の翻訳者が、郷里南相馬市に在住されていると知ったのは、つい先日の今年11月末のことです。この本は、南相馬市の実家のどこかにあるはずなので、探してみましたが、30年も前(1982年のことだと思います)に購入したもので、見つけることはできませんでした。もしかしたら、世界は、自分が思っているよりも意外に狭いのかもしれないと思うこの頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。