嗚呼、八木沢峠


 いま美子は笑顔でルームマーチDXで足を動かしている、いや動かしてもらっている。このように膝の屈伸はできるのだが、居間から出て2メートル先にある3段の階段(旧棟と新棟を結びつける)が、ここ数日で大変な難所に変わってしまった。つまり20センチほどの段差がきつくなってきたのだ。ということは、身体機能の問題ではなく、脳から体への意志伝達機能がだめになってきたのであろう。
 
 いままでは、私の言うこと、たとえば「さあ足を上げて」という言葉が伝わらなかったりすると、イライラし、ときに叱りつけたりしていたが、ここ七日ほどの間の急激な悪化に直面して、腹が決った。つまりこれからはどんなときにも顔色一つ変えずに柔らかな表情で、絶えず優しい言葉をかけ続ける、と。なぜならいちばん辛い(であろう)のは、美子その人だからだ。
 
 それはともかく、今日は大忙しの一日となった。まず家の前の車停め(ただの地面だが)の車庫証明のため、その地面の持ち主の承諾書をもらいに、駅前の不動産屋さんに行く。ついでに言うと、50年程前にばっぱさんがこの家を建てたときには周囲は野原で、車などどこにでも停められたが(もっともそのころは車など使わなかったが)、家の前の土地の持ち主の代が替わった途端、駐車代を要求されるようになってしまった。それを聞いてばっぱさんが怒って文句言ってくると言い出したが、代替わりとなれば仕方がないと急いで止めた経緯がある。世知辛いのは世の常。
 
 次いで印鑑証明・被災証明書などをもらいに市役所に。被災証明書は初めてもらうものだが、車庫証明に添えるよう明記されている。出すと手数料が免除になるらしい。だったら文句を言わずに出しておこう。
 
 バリアフリーの工事については昨日吉田建業さんが下調べに来てくれ、今週半ばあたりから工事を始めてくれるらしい。ならば明日にでも、介護用品を扱っている店でいよいよ車椅子の物色といくか。
 
 こうして少しずつ、新しい事態への準備をしているあいだも、淋しいような、空しいような変な気持ちが続いている。だって今までだったら、こうして美子を家に置いて外出するようなことはなく、いつもシャム双生児みたいにくっついて行動していたからだ。そういえば、ほんの十日前まで、夜の森公園を散歩してたのではなかったか。公園を散歩することはもう出来ないのであろうか。この次行くときは、あの緩やかな坂道を車椅子に乗せて登っていくのだろうか。

 こういうことになるのが前もって分かっていたら、もう少し一緒に歩いておけばよかった。田舎に帰ってきた当初、散歩は並んではいたが手を繋ぐなどは滅相もなかった。それがいつの頃からかは手を繋ぎ、そして最後は両手で引っ張りながらの散歩になってしまった。いやそれでもいい。もう一度両手を引っ張ってあの坂道を登っていきたい。
 
 当たり前の行為がどれだけ貴重でありがたいものか、それが分かるのはいつも欠落してからだ。

 こうしていささか気の滅入る一日となったが、嬉しいことももちろんあった。菅さんがヴィオラの川口さんと組んだドュオ・スフィアの二枚目のCD『歌への旅立ち』と一緒に、前から約束してくれていた『嗚呼、八木沢峠』がついに完成し、そのCDも送られてきたことだ。2分15秒ほどの短いピアノ曲だが、どこかスペイン風の旋律も入っていて、あの八木沢峠を爽やかに吹きぬける風の音も聞こえてくるような美しい曲である。若い孝と美子が何度あの峠を越えたことか。そのうち喜彦君に頼んで、お望みなら誰もが聞けるような仕組みを作ってもらおうか。

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

嗚呼、八木沢峠 への6件のフィードバック

  1. 佐藤喜彦 のコメント:

    ご指名ありがとうございます(笑)

    youtubeに音楽を公開すれば皆さんがここでお聞きできますが
    著作権の確認だけしてもらえたら大丈夫です^^;

  2. fuji-teivo fuji-teivo のコメント:

     もちろん著作権の方は大丈夫ですが、手元にあるCDをどう喜彦君に送ればいいのですか? CDそのまま郵送するのか、それともパソコンで送る方法があるのか。メールで結構ですから教えてください。
     皆さん、ご紹介します。私が2002年に南相馬に帰ってきて、高校生たちと何か面白いことをしようかな、と思ったとき、真っ先に近づいてきたのが喜彦君、当時はまだ高校生。その後東京に働きに出て、今は確か建築関係の会社で働いているはず。南相馬からの避難者支援を八王子を中心に大きく展開して、マスコミでも紹介されました。いつか南相馬に帰り、地元の発展のために働いてもらえることを期待してます。このホームページやブログのお世話をいつもしてもらっています。皆さん、どうぞよろしく。

  3. 澤井哲郎 のコメント:

     そうですか!。先日予告編のあった、菅・川口(先生)の名コンビが、ついにいろいろ完成ですか?。素晴らしい!。この際ですから(このさいってどんな?際)喜彦「さんにお願いして、絶対聴けるようにしてください。「…あした待たるる…」で、楽しみが又増えますネ。何時か?行ける時は、「嗚呼・八木沢峠」を聴きながら、この峠を越えて南相馬へ向かいます。南相馬は、6時2℃晴れです。まもなく、待望の淳さん、頴美さん、愛さんがお帰りになられるのですネ。このことも、「…あした待たるるその宝船」。「一番苦しんだ人が、一番最初に幸せになる」、とは釈尊のご誓約とか?。これで美子奥様がご回復になりますと、もう万・万歳になります。モウ一度先生の、「良かった、良かった」が聴きたいものです。そのことだけを、ロゴジィも強くつよく願って祈っています。
     今日は歯医者です。敗者復活も成りました(?)。後は、最期の仕上げをごろうじろ(ご覧じろ)というところでしょうが、「勘違い」・「想い込み」のロゴジィが、そんなにウマク往くはずありません。又ドジで、マヌケで、オッチョコチョイを続けますので、今後共ドウゾよろしくお願いいたします。続きは昼からです。デワデワ、デワ…。
     
     

  4. エトワール のコメント:

    あまり、役にたたないかもしれませんが・・・

    認知症のお母様の面倒をみていた友人の話によれば、思い出の品や写真を手元に置き安心させる回想法や昔好きだった音楽を聴く回想法など、薬物以外の手段でも認知症の治療に有効なものがあるそうです。

    音楽療法の教科書によれば、バッハのゴルドベルク変奏曲や無伴奏ヴァイリンソナタ&パルティータなどがよいらしいのですが、友人のお母様の場合は、昔好きだったちあきなおみの「喝采」がよかったそうです。友人がマンドリンを趣味にしていたこともあり、マンドリンの序奏部のところを聴かれると、お母様は、大変嬉しそうにされていたそうです。

    奥さまは、お元気なときに好きな歌謡曲などおありだったのでしょうか。記事を拝見していて、また、ご一緒に夜ノ森公園の坂を登られる日が来るといいなと思っています。

  5. 澤井Jr. のコメント:

    「モノディアロゴス」本当にいいですね、最高です!最初の出会いから感じていましたが、上手く表現出来ませんが、先生の深く優しい心の波長に導かれて、集ったモノロゴファンの皆さんは素敵な人達ばかりですね。皆さんの優しい心に私は相当救われています。強く強く感謝しています。今年は私にとっても一生忘れられない激動の一年でした。地震津波が仕事や会社にも襲いかかってきました。多くの社員やその家族にもいろんな意味での苦難が悲しみがあったと思います。正直これはもう駄目かなと思った時もありました。そんな中での先生との出会い、モノロゴとの出会い素敵な皆さんとの出会いです。奇跡の連鎖が始まりました。何もかもが人生の流れまでもが何かの力に導かれているように変わってきました。昔父が「誰もが諦めるちょっと先に成功が有る!」と言っていました。その通りだと思います。先生奥様ファンの皆様お身体大切になさって元気にお過ごし下さい。皆様の毎日の幸せを祈っています。愚息

  6. 澤井哲郎 のコメント:

     昨日「昼から」、とのお約束(?)が、一日遅れになり、その為「親子鷹」になっています。ドウゾお許し下さい。今朝の深大寺は、晴れの予想に反して寒い曇りです。今日も朝から、検索したり電話したりで、老人ホームに相応しくないような大騒ぎです。こんな、ロゴジィにでも、問題を提起して「老いさせない」、というJrの作戦が功を奏しています。一昨日の映画の中でのセリフ、「誰かの不幸を得て、幸せになる」、のだとすると、「叱られたり」・「怒られたり」しなければならないほど、3,11以降「幸福の奇跡」が、並んで列をなして「一人居の老人ホーム」を訪れてくれています。76年間の人生でも最高の喜びで、今の喜びが「頂点」で無いことを願うという、相変わらずの「欲張り」です。ドウゾお笑い下さい。しかし「欲張り」も大切な願望です。
     すべては、先生と、先生の「モノディアロゴス」のお蔭と、「感謝」だけは捧げたい、と想い続けているのですが…。「お返し」が、何も出来ません。そんなロゴジィでも、忘れずに「祈る」ことは出来ます。今は出来る、「祈る」ことだけさせて頂きます。
     一昨夜になってしまいましたが、12日夜の「美空劇場」は、サスペンスの巨匠ヒッチコックがイギリス時代に「楽しんで撮った」といわれた1,938年(ロゴジィ3歳の時、昔々です)の傑作です。凄いですネ。今でも十二分に楽しめる映画を、昭和13年に製作していたのです。その頃のこの国は、愚かな軍部の迷走が始っていました。「個人」なら、「負けを覚悟で挑む、あるいは挑まなければならない時」もあるでしょう。しかし「国家」は、「勝つ、か勝てる勝負」しか、挑戦は無謀になるでしょう。軍は、「正しいコントロール」下に置けないのなら、解散(?)すべきです。時期戦闘機が決まりました。総額一兆円のお買い物。嗚呼ーッ!、ソレナノニそれなのに、未だ試験飛行もしていないF35でした。もっとも、モット早くに決まっていた?でしょう。又一つ沖縄に続く、無謀な決定でしょう。この国の迷走は、何時まで続くのでしょう。昔の軍歌の「討匪行」にありました。《何時まで続くぬかるみぞ 三日二夜の食もなく 雨降りしずく鉄兜》。
    宮城で、岩手で、福島で、全国で《三日二夜の職もなく 雨降り続く仮設部屋》が、苦しさを、悲しさを誘っています。昨夜は、オードリーの「シャレード」でした。1,963年ですから、ロゴジィ28歳。未だJrは誕生していません。Jrが、「30本とも全部観てるの?」、と質問されましたが、3分の2は未観です。ミュージカルの第一人者といわれた、スタンリー・ドーネンが撮ったサスペンスで、ジバンシーのデザインするオードリーの衣装が評判で、ヘンリー・マンシーニの音楽が全編に流れていました。青春(こんなロゴジィにも青春がありました。天井桟敷から声が掛かりそうで、「ウソーでしょう。噓!、信じられない」と聞こえています)が蘇ってきます。これもJrが仕掛けた、「若返り(かバカ返りか)術」なのでしょうか?。「老いては子に随え」で、今夜も「若返り」を楽しみましょう。何観よッかなー!。
     先生のブログが、明日の朝もロゴジィの「若返り(?)」を促してくださるように願っています。「受講生」・「フアン」の皆様の明日も「喜びに満ちた一日」になる事を願って祈っています。
     ワン・モア・シング。一番大切なお知らせが後になりましたが、「後になればなるほど味も増す」、「残り物に福あり」等々、この国では、「良い事は後に…」でしょう。みなさんも、待ちに待たれた佐々木Jrの淳さんが、頴美さん、愛さんのご家族共々来週半ばには、南相馬へお帰りになられる予定です。残念なことも一つ、千代バッパ様が、ご入院中でご一緒に帰郷になれません。ご長男博神父様にお託しになられます。しかし我等には、「祈り」があります。一日でも一時でも早く、千代バッパ様がお元気になられて、南相馬へお帰りになられる事を、強くつよく願って祈っています。ドウゾ、「受講生」・「フアン」の皆様にも、「お祈り」くださいますよう、お願いいたします。デワデワ、デワ、また明日を楽しみに…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA