見舞いと祝いの篆刻


 
 震災後まもない五月初旬、郵便の配送が再開してすぐ、一通の分厚い封書が届いた。開けてみると小さな箱に入った印鑑、というより篆刻(てんこく)印と言うべきか、が入っていた。一辺が9ミリほどの四角の石に彫られた字は、「呑空(どんくう)」。ほとんど使わない私の俳号、というより我が賤(しず)が庵(いほり)に密かにつけた屋号である。

 送り主で作者は、マコンド書肆主人・米谷勲氏。氏との最初の接触は、五年ほど前、私家本『スペイン文化入門』を注文されたときからではなかったか。その氏が2年前、労作『ガルシア・マルケスひとつ話』を贈ってくださったことから、『百年の孤独』などわが国でも数多くのファンを持つガルシア・マルケスの熱烈な読者であり同時に研究家・エッセイストでもあることを知った。発行元の書肆マコンドについてはこう説明されている。「マルケスに関するあらゆる書籍類を取り扱うことをめざし、2002年の正月休みに開店」とあり、その主人については「1960年青森県北津軽郡金木町(現在、青森県五所川原市金木町)生まれ。現在、妻と二人の子供、それに犬の一家(ポメラニアンのひな・ふう・みい・もぐ)と二世帯で神奈川県相模原市に住む」と書かれている。あれっ、歌手吉幾三と同郷だ!
 
 確か氏は大学では化学を専攻し、本職は特許事務所にお勤めのはずである。その氏が篆刻もなさっているとは初耳であった。篆刻などと、あたかも知っているかのように書いたが、実は何も知らないに等しい。辞書で調べると、「石や木などの印材に字を刻すること。書画などに用いる印章に、多く篆書体の文字を刻するのでそう言う」とある。

 で、その篆書とは「漢字の書体の一つ。春秋時代末(前5世紀)に完成した大篆と、それを簡略化した小篆とがあり、ふつうはこの小篆を指す」。読書人にとっては理想の趣味であろう。私もときおり、消しゴムなどを利用して蔵書印などを作ることがあるが、石に彫るなど夢のまた夢。羨ましいかぎりの高尚な趣味である。

 それはともかく、今日また氏から、今度は二つも、前回の数倍も大きな篆刻印が贈られて来たのだ。勝手ながら氏の説明をそのまま書き写す。

 「…『原発禍を生きる』の刊行を祝して(遅ればせながら)拙印二顆同封します…
<富士貞房>。先の<呑空>と一対になるように白文(地が朱色の印。逆が朱文)としてみました。本名の<孝>も彫ってみようと文字を眺めていると、<孝>の中に「子」のあることに気づき、これを<美子>さんの「子」に見たて、1顆の中に二人のお名前を刻みました。少し<孝>さんが強くなってしまったようです」。

 お見舞いとお祝いに篆刻印をいただくことなど初めての経験。独りで楽しんでいるのは勿体なく、つい自慢がてらご披露に及びました。

Please follow and like us:
error
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

4 Responses to 見舞いと祝いの篆刻

  1. 山本 三朗 のコメント:

    初めて投稿させていただきます。
    知人を通し先生のブログを知り、以前から一度投稿させて頂こうと思っていました。何故、今日投稿させて頂いたかと申しますと、昨晩の天体ショー(皆既月食)に感動したからです。20歳を超えた息子と共にショーの素晴らしさに感嘆していました。
    本当に様々なことがあった一年でした。最後に天(神様なのか仏様なのかは小生にはわかりません)がくれたクリスマスプレゼントかなと感慨深げに観賞していました。北海道の地でも、東北の地でも、この東京でもそして、沖縄の地でも同じ「月」を眺めて入る方が数多くいるのだなと思いました。そして、月や星、そして自身に希望や思いを抱くのだなと思いながら、寒空の中、皆々様に思いを寄せていました。
    佐々木先生、ご一家そしてこのブログのファンの方々のご健康とご多幸を、微力ながら祈り続けます。

  2. 澤井哲郎 のコメント:

     昨夜は、サンチョが知人の通夜帰り(ロゴジィは、水商売の産まれで、昔は「通夜帰り」のお客様は、一番大切にされた事を記憶しています)に、お立ち寄り下さって、「『地上最大のショウ』が始る時間に、見上げながら帰ります」、といっていましたところ、21時54分に「美空」さんからのメールで、「良いお天気で、皆既月食が始っていますが、東京はどうですか?」、とありました。外へ出て見上げてから、「観えてマース!」と「メルヘン」です。サンチョが、「天空ショウも最高ですが、『美空』さんのメ-ルも最高です」、といって帰られました。天井桟敷が、騒がしくなっています。イイのかー?、みんなみんな苦しんでるんだゾー!。ロゴジィだけが幸せで…。イイわけないのですが…、しかし「禍福は糾える縄の如し」で、巡り合わせです。苦しんでおられるお方も、「冬は必ず、春となる」といわれています。ドウゾ明日在るを信じましょう。この老人のように…です。みんなみんな最高デース!。みんなみんなに、「三感」を捧げます。
     篆刻とは、篆書、篆文の漢字の書体の一種を石材に彫ること、とあります。パソコンは、図書館を近寄せてくれます。ますます歩かなくなりますネ。「開運」の印でもあるようですネ。自分の彫ったものを、贈られる。粋なものですネ。イイお人には、イイ仲間が集まる。これも最高の事です。人間は、「神がお許し給う如くに、他人を許す」ものなのでしょう。「愛」をもって…。でしょうか?。それは多分、己を許すことなのでしょうネ。「人は、己の内に、エベレストよりも高い山を持っている。そしてその山を越えることが、人間の条件である」、とありますものネ。
     篆刻は、遠く殷の時代に遡るようです。「今日は、昨日の上に在る。昨日を知るものだけが明日の栄光を知る」とは、お隣の国の旧い格言です。「受講生」・「フアン」の皆様の明日が、光り輝いていることを願って祈っています。
     先生のブログが、明日の朝もロゴジィの「覚醒」を促して下さるように願っています。明日在るを信じて…。   ワン・モア・シング。今夜は、「美空劇場」開演です。何、観ヨッかなー!。楽しみです。デワデワ、デワ!…。

  3. 佐々木 孝 fuji-teivo のコメント:

    山本三朗様
     書き込みありがとうございます。本ブログへのアクセスは震災前に比べると確かに飛躍的に増えましたが、しかし私にとってそれはあくまで数字であり、どんな方々が読んでくださっているんだろう、ととても気になっています。今日もお一人、私の中で具体的な像を結んだ友人が出来たわけです。先輩(?)たちの勢いに負けないで、どうぞこれからも気楽に書き込んでください。他の方々もどうぞよろしく。

  4. 澤井哲郎 のコメント:

       小春日に つい誘われて 朝寝かな    哲子
    昔の年寄りは朝早かった、と記憶に残っていますが、今は年寄りは朝寝(?)でしょうか?。朝起きるのが、辛くなっていますし、それに流行りの「エコ」です。9日の天体ショウでさえ、「報」は、「皆既月食時に赤みが強ければ、地球汚染が増している証明」などと、脅かしです。「地球破壊」、といわれたこの国の「高度成長期」。それの数十倍のスピードで進む、お隣の「高度成長期」。お隣と同じに「高度成長期」を驀進するBRICs軍団。さらには、「アラブの春」で流出した大量の原油軍団。そして今また、「盗電」の怠慢による、「フクシマ」の人災軍団。
     「大丈夫カー!」。愚かな人属の、絶えざる文明への欲望によって、軍団攻撃を短時間に受け続ける地球の耐久力も、「欲望という名の電車」の暴走状態も、すでに「point of no return」を超えているのではないのか?。だから、昔のテレビほどにもお高いガイガーでカウントして、日々の安心を買っても、少しズームoutしただけで、安心は悲鳴に変わるのではないのか?。ホントは、朝寝どころか夜も寝てられないような、「瞬間湯沸かし器」のスイッチィをオンしちゃったのではないのか?。ロゴジィの「勘違い」・「想い込み」は、まさに「杞憂」子状態です。哲子なーんていう俳号で、ヘタナ一句をヒネッテいてイイのか?。
     嗚ー呼ッ!それなのにソレナノに、国会は「試合放棄(毎新)」で、今年のプロ野球の凡試合で、「金返せヨー!、俺たちァー、プロ野球観に来たダー」、と観客の叫び。公務員給与の引き下げ法案も「野ざらし」で、国家公務員のボーナス上昇です。「怒り」の、「正しい怒り」の頂点もモウトックに超えていますが、悲しい哉!、ロゴジィは何もしません、何も出来ません。
     先生の大切なブログ、3,11以降のロゴジィの「奇跡の出発点」である「モノディアロゴス」の広場(パリやローマの広場よりも、モットもっと魅力的な)をお借りしての、ボヤキ節です。
      あどけなき幼子達も若きらも 命むしばむ犠牲(いけにへ)となる  千代女
    千代バッパ様が北海道上士幌の地(ハゲ安診療所・御史先生の所で遊ばれた、平成12年8月「ヒロシマ」の日におもふ、と題された歌集の一首で、今の「フクシマ」に揺れるこの国を予言されたのでしょうか?。「悲しみを知らずして、ドンナ喜びを知るのでしょう」、と先日書かせて頂きましたが、「不安を知らずして、ドンナ安全を手に入れようというのですか?」、とも書き換える事が出来ます。心配があっても、不安があっても、悲しみがあっても、明日は安心が、喜びが、「奇跡の復活」を伴って我々の上に訪れる、と信じましょう。この老人のように…。
     先生の「生への広場」で、みんな集まって毎日毎日「寒気」の歌を唄いましょう。唄い続けましょう。やがてはその「寒気」の歌は、「奇跡」を伴って「歓喜」の歌に替わる事でしょう。
     先生のブログが、明日の朝も今朝と同じようにロゴジィの「覚醒」を促して下さる事を願っています。「受講生」・「フアン」の皆様の、明るい明日も願って祈っています。明日在るを信じて…。
     ワン・モア・シングです。昨夜の「美空劇場」は、1,939年製作の「ニノチカ」です。面白かったのなんの…。「これが映画だ!」、とでもいうような面白さです。当時最高の女優といわれたグレタ・ガルボ(当時は、ぐれたがる坊(悪くなりたがる坊や)と自分に合わせて暗記した名前)が初めて笑った、「ガルボ笑う」とのキャッチ・コピーも生まれた風刺映画です。「素適なエンディングは、考えているかい?」、が挨拶代わりであった、との伝説を残した名匠ビリー・ワイルダーが、脚本の一人として参加しています。外国映画の、特にアメリカ映画のセリフが、バツグンですものネ。映画少年だった頃の憧れは、「こんなセリフで、語ってみたい」でしたが、現実は口下手で、その為シャベリッチの独演会になったと、自己分析(天井桟敷から声あり、「俺たちのことを忘れたら、お前の独演会は成立しないのだ」。「口下手だから独演会なーんてよくいえるよ」。「嘘吐きー!、お前はヤッパ『盗電』と同じ体質だ」。「五月蝿い!、私は一辺を捨て中道を往く、と誓ったノーだ」。)です。昔が良かった!、などとはイイたくありませんが、輝いていた頃(?)の聖林映画、ヤッパリ万歳でーす。今夜も何、観よッかなー!、楽しみです。デワデワ、デワ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください