嬉しい話のてんこ盛り(その二)


ご報告したいことがいくつか溜まってしまったので、この際一挙に書かせてもらいます。

最初は、ご心配いただいている皮膚炎のことですが、もしかすると少し快方に向かっているのかも知れません。両腕などにあった赤みを帯び、凸凹に盛り上がった皮膚が、今は健康な皮膚のように見えます。しかし痒みは一向に消えません。つまりかゆみは皮膚の内部から湧き上がってきます。だから塗り薬などはかなり前から一切付けてませんし、体質改善以外の道はないわけでしょう。そのため乳酸菌入りの錠剤など三社ほどの商品を毎日飲んでいますが、その効果が表れるまでは相当の時間がかかりそうです。

掻かないで我慢などするとストレスが溜まるので、指の爪を短く、そして丸く研いで一生懸命掻いてます。下手をすると何時間も掻いていることがあり、時には楽しみにさえなってます。いつか健康な肌になって掻かなくてもいい時が来ても,このささやかな楽しみを懐かしく思うかも知れません(ウソですよ!そんな変態じゃない!)

こんな悪戦苦闘にも思いがけない副産物がありました。つまり84キロもあった体重(ありすぎです)が、ここ数か月のあいだに70キロまで落ちたことです。痒みのためもあって食欲減退、さらに肉類などほとんど食べないので、意図しないままに小食になったせいでしょう。他にどこか不具合があれば心配ですが、今のところそれはありません。先日美子の往診に見えられた石原医師によれば、そのうち精密な検査をするけど見たところ問題はなさそうだということでした。.

すみませんね、面白くもない皮膚炎の話などして.これからは楽しい話ですのでご安心ください。

先ず最初は、先日阿部修義さんからのメールで知ったのですが、あのモノディアロゴス君が11月4日の京都競馬で一着になったそうです。競走馬のピークが何歳なのか知りませんが、彼はまだ2歳。馬主の野嶋さんの話では、いつかドーハのレースに出したいそうですが、もしかするとその夢が現実となり、我らのモノディアロゴス君、世界的な名馬になるかも知れません。期待しましょう。  .

続いてはそれよりもっともっと嬉しい話です。先だっては韓国版『原発禍を生きる』が金浦市に住むヨセフ金永泰さんという得難い友人を見つけてくれ、政治家たちの愚かな駆け引きとは全く関係のない、真の民間外交の切っ掛けを作ってくれましたが、今度はそのスペイン語版が素晴らしい友人を探し出してくれたのです。現在はアフリカ西端のベルデ岬に住む作家ホアキン・カンポスさんです。先日とつぜん彼からメールが届き、以来、仲の良い恋人並み(?)の頻度でアフリカと日本の間をメールが飛びかっています。

恋人並みなどと下手な比喩を使ったが、彼は44歳、脂の乗り切った作家で、しかも高級ホテルのシェフでもあるという珍しい人である。既に7冊も著作を世に問い、今さらに一冊準備中とのこと。

その彼が言うには、既にハビエルさんが訳し終えて出版社を探している私の作品集を、これまで彼の本を何冊か出してくれた出版社に掛け合って是非出版したいという嬉しい申し出。私に異論があろうはずもない。私も御礼に、彼のその新著を訳して、先ずは呑空庵から、そして折をみて出版社を探しましょう、と伝えたときの彼の喜びようは文面からも伝わってきた。

いや、彼の話はさらに具体的になって、その出版社のあるセビリヤに直接出向き出版のことを掛け合うつもりだと言う。そしてその節は、私の教え子のいるカルメル会修道院も訪ねたいと。

この話はさらに広がる。つまり現在付き合っている中国人の彼女と、来年の九月、バルセローナで結婚するつもり。その足で新婚旅行もかねて南相馬の私に逢うためだけに日本に行きたいとまでおっしゃる。となると、頴美の友達が新しくできることにもなる。

彼はマラガ生まれで長らくアジア、特に中国とカンボジアで生活体験した後作家になったのだが、彼の一番あこがれている国は日本、そして生涯の最後は北海道の東端・根室で生活したいとまで思い詰めている。その彼が、私へのメールを書きながら読んでいる本が上島鬼貫のスペイン語訳ときた。なに鬼貫? 知らなかった,あの芭蕉と並び称される俳諧の巨匠なのだ。知らなかった! それで大急ぎでアマゾンに一巻本全集を注文した。それにしても鬼貫の俳句集の翻訳を出しているのは世界広しといえどスペインだけでしょう。恐るべきスペイン。

彼についてもっと書きたいけど疲れました。またの機会にしましょう。

※今朝の追記

もう一つ嬉しいことがあります。今日12月8日は美子の75回目の誕生日です。話すことはできませんが、穏やかな顔でいつも私に力を与えてくれます。少なくとも(?)あと10年、二人で元気に生きてみせます。応援よろしく願います。

 

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

嬉しい話のてんこ盛り(その二) への5件のフィードバック

  1. 阿部修義 のコメント:

    美子奥様

     お誕生日おめでとうございます!  2018年12月8日

     先生のお顔が随分スリムになられたのではと「美子、金婚おめでとう!」の下段にあった最近の先生のお写真を拝見して思っておりましたが、10キロ以上痩せられたんですね。あまりに短期間なので少し心配はしていますが、血液検査で数値に異常がなければ問題ありません。先生が今まで地道になされてきたことが、広く世界に向かって浸透されているんだと金さんやカンポスさんとの親密な交流からも窺えます。上島鬼貫(うえしま おにつら)私も初めて聞きました。美子奥様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

    • fuji-teivo fuji-teivo のコメント:

      阿部修義様
       いま起きがけに追記を書いて、ふと談話室を見ましたら、阿部さんからの祝辞が既にありました。心より感謝申し上げます。

  2. 守口 のコメント:

    佐々木兄殿
    美子奥さまのお誕生日、誠におめでとうございます。
    この間お送りくださった孫の愛さんの写真を拝見しますと、美子おばあさまによく似てきておられて、びっくりです。これなら、兄殿もお寂しくないのではないかとさえ思うほどです。
    追記)私は時々馬に乗ることはありますが、モノディアロゴスの馬の話は知りません。
    競走馬の話は私ではないのでは・・・?

    • fuji-teivo fuji-teivo のコメント:

      守口さん
       勘違いでした。正しくは阿部修義さんから、しかも日にちは11月4日でした。お騒がせしました、すんまそん。さっそく訂正しておきました。
       

  3. 佐々木あずさ のコメント:

    呑空庵主 孝先生
    すっかりご無沙汰しておりました。巷の、愚かな独裁政治のおかげでてんやわんやの毎日です。メールをいただきながら、今度と思っているうちに、もう十勝は真冬です。今日、先生からのメールを頂戴し、私の筆不精に恥じ入っております。とにかく、素敵な方たちを結び付けておられる先生、私たちのお尻をポンポン叩いてくださいませ。モノディアロゴス君のように、ちょっとは踏ん張ってみますから。
    ばっぱ様が先生に献上したキビ団子を送ります。どうぞ養生、ご自愛いただきますようお願いいたします。
    北海道十勝 不肖の弟子 寄りあい処呑空庵 佐々木あずさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA