敗残の兵と西瓜


死んだばっぱさんの月命日(2012年1月2日、享年99歳)など実の子供たちでも全く思い出さないであろうが、かたじけないことに澤井さんが時おり思い出させてくれる。今日も澤井さんのブログの冒頭に書いておられる。右の「澤井セミナーハウス」を直接訪ねてもらえばいいのだが、私自身が16年前に書いた思い出の記の枕としてその部分だけ氏の許しも得ずコピーさせていただく。拙文はその後に続ける。少し長いけれど、お時間のある時にでも読んでいただければ幸いである。

「今日は2日、月こそ違え、千代バッパ様の「月命日」です。あの日の朝8時ホテルの玄関口で、車いすに乗ってお見送り下さった千代バッパ様の笑顔が、不思議で異常な愚老の自脳に、お声と共に残されています。「何処からお出でか?。」、「東京です。」、「今度は私が逢いに行きます。」、と言って下さり、時々逢いに来て下さっています。何時もお優しい笑顔で、「又来るよ。」、とお帰りになられますが、今頃はあの世で愚老の母と仲良く、思い出話に花が咲いていることでしょうか?ネ。愚老の忘れられない一首に、

三人の子みつめる中に西瓜一つ 購いてあわれ兵士に捧ぐ≫ 千代女。満州は、朝陽駅に降り立たれた三人の子の手を引く千代バッパ様が、駅頭に立って放心状態の兵士三人に、「無条件降伏の敗戦」を知らされていました。その時の情景を詠まれた一首だそうですが、三人の兵士はどんな思いで「西瓜にカブリついた」のでしょうか?ネ。それを見詰めていた三人のお子の心情は?…。」

以下は16年前の拙文とそれに触れた6年前のブログ(すみません全体では三層構造になってます)

「いやそんなことより、今日ばっぱさんのことを考えていて、一つのエピソードを改めてご紹介したいと思ったのである。改めて、と言ったわけは、過去に一度それについて書いたことがあったから。ネットにはない2002年のブログ(行路社版『モノディアロゴス』には収録されている)だから、まずそれをここにコピーしてみる。

「  ★タントゥム・エルゴ(かくも偉大なる<秘蹟を>) ★

映画やドラマでは、重要な場面、劇的な場面には必ずその場を盛り上げる、あるいは緊張感を高めるための効果音や音楽が挿入される。もちろん現実世界では、たとえそれがどれほど重要かつ決定的な場面であれ、それに見合った音楽が鳴り響くわけではない。時にそれはあまりにも非・劇的な、いかにも日常的な音、たとえば赤ちゃんのむずかる声、あるいは街角で吹き鳴らされる豆腐屋のラッパの音(ちと例が古すぎるか)だったりする。

しかし思い出の中の情景には、想起されるたびにある特定の音楽が連想されるということがある。というより、ある特定の音楽が過去のある特定の情景を喚起する、といったほうが正確かも知れない。たとえば私の場合、「タントゥム・エルゴ」というグレゴリアン聖歌を聞くたびに、少年時のある光景が立ち上がってくる。「タントゥム・エルゴ」にもいくつかバリエーションがあるが、あのいちばん重厚なやつ、地を這うような重低音が響くやつである。たいていこの曲はミサの後の聖体降福式(今は聖体賛美式と言うらしい)の時にもうもうと立ち昇る香煙の中で歌われるが、その旋律を聞くたびに、終戦時の満州のどこか寂しい町はずれの鉄路を、そして血塗られたような夕焼けの中でへたりこむ日本兵の一団を思い出すのだ。いや、もう少し正確に言うと、その曲が鳴り響くあいだ、ともかくも敗走する日本兵の一団は行軍しているのだが、曲が終わるや否や、彼らは線路のここかしこに座り込んでしまう。そして実際に見た光景は、鉄路の上にへたり込んだ彼らの群像なのだ。

このとき、かの地で夫に先立たれ(病死)、幼い三人の子供を連れて引揚げの途中にあった我らの(?)バッパさんには、腹を空かせたわが子らの姿が一瞬視界から消えたのか、何個かの西瓜を買い求めて、これら敗残の兵たちに恵んだのである。さてこの彼女の行為を何と評価しよう。教科書にも載せたいくらいの美談、個人的な幸・不幸など国家の大義の前には一顧の価値すらない、とする烈女の物語とするか、あるいは腹を空かせた幼い子どもたちを栄養失調の危険にさらした母親失格の悪女とするか。

いやー、白状すれば、書こうとしていたのは宗教体験における典礼・儀式の意味、その効果性だった。しかし退院後しばらくは神妙だったバッパさんがまたまた勢いを盛り返してきたので、ついいじめたくなったのである。もうやーめた。(九月二日)」

これを書いた当時は、いわばばっぱさんの烈女ぶりを揶揄するだけであったのだが、今次の(?)大震災を経て、少し考えが変わったのである。つまり子供たちの空腹は、これら敗残の兵たちの空腹に比べれば屁のようなもの、ばっぱさん決して間違っていなかった、あなたは偉かった! と心から思えるようになったということである。つまり兵士たちの空腹は、敗戦によっていわば己れの存在の根拠そのものを奪われた者たちの絶望であり飢餓感であった。このときばっぱさんは自分の子供たちの空腹よりもこれら兵士たちの空腹を癒すことが先だと感じたのだ。要するに私的なるものを越えた公的(パブリック)なるものを優先させた。

もちろんこのとき、ばっぱさんが自分の子供たちを優先させたとしても決して咎めることなど誰にも出来ないであろう。母が自分の子供たちを守るのは当然だからである。たがしかし、時には私的なるものを超えた公的なるもの、それは何も国家とかお上と限定してしまうと誤解が生じるが、ともかく家族から始まって地域へと広がる人間たちの共同体と考えた方が分かりやすいが、ともかく私的なるものを越えるパブリックなるものへの思いやり(忠誠心などと言ったらそれこそ語弊がある)と言い換えてもいい。そしてそうしたものへと広がる思いが、最近の母親たちに決定的に欠けているような気がしてならないのである。

核家族などという言葉さえ最近は聞こえなくなったほど、まさに核家族化は意識面でも実際面でも行き着くところまで行き着いたという感じがする。地域共同体なるものもいわゆるイベントもの、お祭りでしか機能しなくなってから久しい。

こういうことを言うと、最近とみに勢いを増しているかに思える復古主義者(大阪の維新なんとかみたいな)と間違われそうだが、違うんだなー、決定的に違うんだなー。

でも夕飯の後、寒い二階のパソコンでこれ以上書き続けるのは無理。この問題はまたそのうちもっと整理した形で蒸し返すつもりだから、今日はこの辺で。

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

敗残の兵と西瓜 への3件のフィードバック

  1. 阿部修義 のコメント:

     この西瓜のお話は私もよく知っていますが、澤井さんの文章から昭和20年の8月末ごろのできごとなんでしょう。ここで忘れてはならないのは、先生のお父様の稔さんが中国で昭和18年の12月に病死されたことです。ばっぱさんは、幼い三人の子供を一人で連れて敗戦した日本へ帰られるわけですが、この時の心情は肉体的にも精神的にも苦難の極みに達していたはずです。まさにばっぱさんの行動は「愛」から発せられた行動としか考えられません。そして、ヒルティがこんなことを言っていたのを思い出しました。

     「もし人類に、苦難において与えられる教化の最大の補助手段がないならば、人類はキリスト教をもってしても救いに達するわけにゆかないだろう。(中略)充分な力と慰めの裏づけある苦難は、人生がわれらの教育のためになす最善のものであり、また特に力の最善の補助手段である。事実われらが有するおおかたの力と本当の識見とは、われらが苦難の時期に集めた経験から由来している。その生涯において苦難を味わったことの余りに少ない人は、済度し難いほどに凡庸であり、人間的教化のどんな手段をもってしても進展させることはできない。それゆえあなたがたも、苦難なくしては決して真の愛に達しないであろう。苦難の欠如は人間をかたくなにし冷たくする、不親切に近づきがたいものにする。最良の天分を賦与されている人々すらもこのような欠陥に全く打ち克ち得ない。然るに自ら苦しみを味わっている人、また生涯においてすでに多くの苦難にあずかった人は、いま現に苦難の中にある人々の情感や要求に対してかなり強い感じをもつことができる。現世において愛は苦難によって産み出される。『ヒルティ著作集8悩みと光 力の秘密より』」

  2. 澤井禮道(哲郎) のコメント:

    佐々木総長!。

    何時も有り難うございます。時々は「モノディアロゴス」学部の「談話室」前を通るのですが、談話室に鎮座される方々の、格調の高さに怖気づいて後退りが続いていました。しかし、その「室名主」の筆頭格であられる阿部様に、愚老の名前をお呼び頂いていますので、今日は「蚤の晋三(心臓)」を膨らまして、厚かましくも罷り出でましてございます。
    とにかく遅ればせながらも、「愛の峠越えから50年、おめでとうございます!」。心より、お祝い申し上げます。しかし、これはまさに落語の「手遅れ」です。どうぞお許し下さい。それにしても、
    総長の皮膚炎たいへんですね。一日も早く回復されることを、愚老も強く願って祈っています。
    一日も早く報告しなければならないスペイン大使館の「ウナムーノ展」、最終日に往ってきました。会場入りして記名簿に名前と連絡先を書いている時に、黒スーツに身を包まれた物静かな若い女性が近づかれて、「今日の催しをどの様にお知りになられたでしょうか?。」とお尋ねでしたので、「佐々木先生の弟子です。」と申し上げていました。「お祝い」も、「報告」も「手遅れジッチャン」が、こうゆう時だけはタイミングピッタリです。
    さすが総長の力は偉大です。この女性の態度は変わらないまでも、その「特別待遇」振りが、鈍くなっている愚老の感性にも、ハッキリと伝わって、それから一時間ほど、この女性を独占して素適な会話が続いていました。この女性がお書きになったスペインでの展覧会の報告書?を頂いて帰りましたが、この小冊子に書かれている文章の格調高さと勉強の豊富さに、鈍い愚老の感性にも「激・動の二感」が走ります。知性と教養を小さな体?に一杯に詰め込まれて、しかも「普通なるが如く」振舞われている奥ゆかしさ、もう愚老の感性はメロメロでした。
    「その人の名は、安倍三崎さん」。
    戸嶋記念館の執行先生の愛弟子でしょうか?、「首席学芸員」の肩書を持っておられました。「素晴しい人のもとには、素晴しい人が…」。「素晴しい大学の談話室にも、素晴しい人が」は、理の当然のことなのでしょうか?ネ。何時もと同じように、長くなっています。その後、お誘いに応じて「戸嶋記念館」もお訪ねしていますが、その話は、「また来週?のこころだー!。」です。末筆になっていますが、
    佐々木総長、美子奥様、ご子息、穎美さん、我らの天使 愛姫さんのご健康とご繁栄をお祈りしています。もちろん「談話室」の皆様方のご健康とご繁栄も…。
    しかし、大切な事を「末筆」だなんて、ヤッパリこれも愚老特異の「手遅れ」で証果?ネ。では又参上仕ります。
    末筆超えで畏れ入りますが、懐かしいお名前が「談話室」にありました。守口さん、お元気のようですネ。
                            深大寺 豚爺拝。

  3. 守口 のコメント:

    ばっぱ母上の73年前の、刹那の<絶対行動>に胸打たれました。そしてそれは、息子さんの佐々木兄いへの<絶対教示>になっていたのだと、いま確信しました。
    阿部さんが教えてくださったヒルティの言葉とともに、われわれ凡庸な民にあっても、生きて行く上での最も深遠な指針と深い慰めを、受け留めました。
    有難うございます。
    澤井さん、すばらしい文章、嬉しく読ませていただきました。
    ウナムーノ展、ご一緒すればよかったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA