勘違いの連鎖(その2)

「おや、久しぶりだね、こうして君と話しするのは。さてはまた馬鹿話したくなったな」

「ピンポーン! 話はほかでもないが、今回孝と美子の金婚記念に、少し恥ずかしかったけど、美子が喜ぶと思って50年前の結婚式の写真をアップしたろ」

「それでどうした? 恥知らず、と非難ごうごう?」

「いやそれはなかったけど、写真を見た或る人から思わぬ褒め言葉をもらった」

「だれが? 美子なら当然かも知れんが、まさか君が?」

「君も覚えているだろうが50年よりもっと前、つまり大学4年生のときに、、、」

「容貌に全く自信の無かった君に下級生からもらった最大級の賛辞だろ、(※もし調べたい方がいらっしゃいましたら「「紡ぐ」ということ」(2012 年 11 月 23 日 )と「勘違いの連鎖」(2016 年 11 月 5 日)参照のこと)」

「そう今回、似たような賛辞があったんさ。でも今度はフィリップじゃなくエディー」

「エディー? エディー・マーフィ?」

「違うよ、マーフィーとは肌の色がだいぶ違うし、芸風が違う」

「君いつから芸人になったん?」

「、、、ともかくマーフィーじゃなくエディー・フィッシャーさ」

「だれ、それ? 名前は聞いたことがあるけど、どんな人か知らないなあ」

「実は僕もそう。で、急いでネットで調べた。すると「オー・マイ・パパ」など唄った歌手で、それでどんな男か顔写真を見た。もちろん僕に似てないけどなかなかいい男。で、その時突然気が付いたんだ、その褒め言葉をメールしてきたNさんの説明を。つまりNさんはこう書いてきた、【先生 イケメンですね。かつて学生たちが先生がハリウットスターのエディ・フィッシャーに 似ていると憧れたのがよくわかりましたよ。私が若かりし頃、映画館でエディ・フィッシャー主演の『花咲ける騎士道』を見て憧れたことを思い出しました。】」

「そうなんだよ、Nさんジュラール・フィリップとエディー・フィッシャーを取り違えたんだよ」

「するってーと」

「そう、今回新たに私が似ているという映画俳優がもう一人いたんだ、というのはとんだ糠喜びで、実はNさん、以前のうろ覚えの私のブログを話題にしただけなんだ。つまり似ていると思ったのはあくまでフィリップだけ」

「まあいいじゃないか、少し記憶違いだったけど、孝の若かりし頃の写真を見てNさんが贔屓スターに似てる、と錯覚したんだから、喜ばなくちゃ」

「まっそういうことにしとくか。自分のことだけ話題にしたら美子がっかりするかも知れないので、一つだけ思い出したことを言うと、むかし家族でスペイン旅行をしたことがあったろう? 行きか、帰りかに寄ったローマの或るレストランで給仕の小父ちゃんがリップ・サービスで、美子のこと、わーお美人ですな、まさに日本のジーナ・ロロブリジーダでんな、と言った」

「でんな、とは言わなかったと思うよ」

「いいでないの、ローマ方言と思ってくれよ。となると孝と美子はジュラール・フィリップとジーナ・ロロブリジーダが夫婦になったようなもんか」

「いいのかい、そんなこと言って」

「いいのいいの、現在の二人のこと考えたらだれでも大目に見てくれるさ。むかし美子の認知症発症のことを知った或る人に言われたよ。君たちあんまり仲がいいから運命の神に妬まれたんだよ、って。それにこれ以上いじめる神様んていないさ。かえって同情してくれるんでねえの」

「ところでジーナさん、、、」

「ロロブリジーダさん?」

「彼女、91歳でまだお元気らしい」

「だったら日本のロロブリジーダさんもそのくらい長生きしなくっちゃね」

「そういうこと」

Please follow and like us:
error
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください