累計2,300人!!!


現在スペイン大使館を会場に開催中の「いま、ウナムーノを問う」展、いよいよ今日と明日が最後になりました。今回の展示会の実質的立案者でありその推進役を果たしてきた戸嶋靖昌記念館の執行草舟さん、そしてその学芸員の安倍三崎さんから入った情報によれば、昨日までの来館者が累計何と2,300人ということです。

私自身は訪れることはできませんでしたが、本ブログの友人たちやかつての教え子たちが相次いで訪れたことは知ってました。もちろんそれは微々たる人数、だから最終的には1,000人になれば大成功と予想していました。それがその何倍もの来館者に恵まれたのです。

今日は祝日、そして明日が最終日、この二日間でさらに大勢の人が訪れるでしょうが、これを読まれる東京近辺の皆さん、もしまだ行かれてなかったら、最後のお誘いです、ぜひお友達を誘ってスペイン大使館を訪れてください。この日本でウナムーノの本国スペイン・サラマンカ大学での先行展示会の参観者を超える人数が訪れたとなれば、実に画期的な出来事になります。私の個人的な思いは、もちろんこのスペインの哲人の思想がこの極東日本で認知され再評価され、そして根付くことですが、同時にそれが原発禍の中でなおも迷走を続ける日本への厳しい警鐘でもあることを確信しています。

※ 10月8日午後6時。いま安倍さんから新たな報告がありました。つまり本日は300人以上の来館者があり、これで累計2,700人を超えてサラマンカ大学での来館者総数を超えたそうです。明日はさらに記録を伸ばすことでしょう。もちろん数そのものに喜んでいるわけではなく、この日本にも経済的・物的価値に飽き足らず心的・精神的価値を希求する人が多数存在することの現れで、実に大きな勇気が与えられるということです。

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

累計2,300人!!! への1件のフィードバック

  1. 阿部修義 のコメント:

     机上にいつも置いて少しずつ読み続けている『ウナムーノ著作集3 生の悲劇的感情』の先生が訳された「第Ⅸ章 信・望・愛」の中で、ウナムーノはこう言っています。

     「真の愛は苦しみの中にしかない。そしてこの世において、苦しみである愛を選ぶか、あるいは幸福を選ぶしかないのである。愛はわれわれを他のどこにでもなく、まさに愛そのものの幸福に導く。それは不確かな希望の、悲劇的な慰めである。愛が幸福なものとなり、自己に満足してしまうその瞬間から、もはや欲求することがなく、もはや愛でなくなる。満足せる人、幸福な人は愛することがない。彼らは無化と五十歩百歩の習慣の中にまどろんでしまう。慣れる(習慣化する)ことは、すでにして存在しないことの始まりである。人間は苦しみに対する能力を持てば持つほど、あるいはさらに正確に言うなら、より一層苦悩に対する能力を持つとき、それだけ一層人間に、つまり、より一層神的なものになる。」

     戸嶋氏の作品は、苦難の人生によって産み出された「愛」が作品の中に宿っているのを私は感じました。それはまた、ウナムーノの思想が厳然と生きているからなんでしょう。「真の愛は苦しみの中にしかない。」。戸嶋氏が生涯をかけて私たちに伝えたかったことのように私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA