偉い坊やがいたもんだ!

 昨十五日は聖母被昇天の祝日そして敗戦記念日だったが、美子が二月末に装着してもらった胃婁器具のちょうど半年ぶりの交換の日に当たり、午後一時、介護タクシーの送り迎えで日帰り入院。息子夫婦が付き添ってくれ、手術そのものはごく簡単だったらしく、午後三時ごろ無事帰ってきた。 

 喜ばしいことがもう一つあった。呑空庵初台支部の中野恵子さんからこんなメールが入った。
「今朝6時50分、朝の祈りで行方不明の2歳の男の子が無事でいますように心込めてお願いしました。その時間に見つかったようで、今度は感謝の祈りです。良かった!!!」

 山口県防府市の二歳児・藤本理稀(よしき)ちゃん発見のことだ。理稀ちゃんは家族5人で帰省していた周防大島町の曽祖父の家の北側にある山の中で見つかった。発見したのは捜索ボランティアの尾畠春夫さん。

 凄い坊やがいたもんだ。二歳だから三歳の大五郎より偉いかもしれない。沢の傍で三日三晩、坊やは頑張った。尾畠さんの呼ぶ声に「ぼく、ここ―」と応えたそうだ。
エライっ!この間亡くなった秀樹じゃないが、タカシ、感激!だ。発見者の尾畠さんは私と同じ78歳、馬鹿な78歳もいるけど、こんな偉い78歳もいるんだ。
 そしてこんな坊やがいるんだから、日本の未来は明るいかも知れない(それ飛躍のし過ぎーっ!)

Please follow and like us:
error
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください