偉い坊やがいたもんだ!


 昨十五日は聖母被昇天の祝日そして敗戦記念日だったが、美子が二月末に装着してもらった胃婁器具のちょうど半年ぶりの交換の日に当たり、午後一時、介護タクシーの送り迎えで日帰り入院。息子夫婦が付き添ってくれ、手術そのものはごく簡単だったらしく、午後三時ごろ無事帰ってきた。 

 喜ばしいことがもう一つあった。呑空庵初台支部の中野恵子さんからこんなメールが入った。
「今朝6時50分、朝の祈りで行方不明の2歳の男の子が無事でいますように心込めてお願いしました。その時間に見つかったようで、今度は感謝の祈りです。良かった!!!」

 山口県防府市の二歳児・藤本理稀(よしき)ちゃん発見のことだ。理稀ちゃんは家族5人で帰省していた周防大島町の曽祖父の家の北側にある山の中で見つかった。発見したのは捜索ボランティアの尾畠春夫さん。

 凄い坊やがいたもんだ。二歳だから三歳の大五郎より偉いかもしれない。沢の傍で三日三晩、坊やは頑張った。尾畠さんの呼ぶ声に「ぼく、ここ―」と応えたそうだ。
エライっ!この間亡くなった秀樹じゃないが、タカシ、感激!だ。発見者の尾畠さんは私と同じ78歳、馬鹿な78歳もいるけど、こんな偉い78歳もいるんだ。
 そしてこんな坊やがいるんだから、日本の未来は明るいかも知れない(それ飛躍のし過ぎーっ!)

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA