たまには写真でも


 先日いらした北海道新聞の岩本記者が撮ってくれました。
写真を二回クリックして拡大すれば分かりますが、「談話室」で阿部さんが言っているように、向かって枕の左側にいつも美子を守ってくれている氷河時代からの生き残り大雪山のナキウサギ(もちろんぬいぐるみ)がいます。
「歳とったなあ、無理もねえべさ、この間死んだ津川雅彦や、まだ生きてるけど生き恥さらしてけつかるあのバカ山根と同じ歳だもの。おやよく見ると補聴器の紐まで見えらあ」(以上モノディアロゴスならぬモノロゴス=一人ボヤキでした)。

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

たまには写真でも への1件のフィードバック

  1. 阿部修義 のコメント:

     先生と美子奥様のご長寿を切に願っております。今年は本当に暑い夏です。ご体調には気をつけてください。美子奥様の枕の横にいるナキウサギが平穏な日常の中でお二人に元気を与えてくれているんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA