圧倒された!


 今晩九時からのNHKスペシャル「6男4女 サーカス家族の夏」を観た。最近こんなに感動した番組、いやテレビだけじゃなく実生活の中でもこれほど感動したものはない。初めの部分を見過ごしてしまったから、夫がどこの国の人か分からなかったが、奥さんは日本人。したがって子供たちはハーフなのだが、こんな可愛らしく、しかも健気な子供たちを最近見たことがない。日本人がまともな時代にどこにもいた親思い、兄弟思いの子供たち。中でも曲芸をやる十二歳くらいの男の子、山口での公演を見に来た若い女性が「こんな弟が欲しい」といったが、何と聡明で頼りがいがあるお兄ちゃんだこと!そして八人も子供を産んでなおも若く美しい、そしてたくましいお母さん。彼女と子供たちを優しく守る明るいお父さん。日本中を旅しながら、公演を続けるサーカスの大家族の涙と笑いの物語。2か月ごとに繰り返す転校、友達との別れと出会い、そして新しい家族の誕生。
 今晩観なかった人は、再放送を逃さないで! 再放送を待たなくても見れる方法があるのだったら、ぜひ見てください。できればその手続きの仕方を私にも教えてください。よろしく。あゝまだ興奮してます。

※ ネットで調べたらこんな方法があるらしいです。と言って私にはよく理解できてませんが。ともあれ参考までに。
「放送を見逃してしまったあなた。安心してください。
『6男4女 サーカス家族の夏』を観る方法は、まだあります。
その方法とは、U-NEXTに登録すれば、いつでもスマホやタブレット、高機能テレビ等で観ることができます。
NHKスペシャルであった「6男4女 サーカス家族の夏」は、『NHKオンデマンド』の中で、いつでも好きな時間に観ることができることになっています。
U-NEXTとNHKオンデマンドは、提携しているので U-NEXTに登録すれば、NHKオンデマンドも観れることになっています。」
ということらしいです。

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

圧倒された! への1件のフィードバック

  1. 守口 のコメント:

    「サーカス家族の夏」最高でしたね!
    私たちの日々の生活に、さわやかな風と強烈な活を入れてくれましたね。ありがとうと言いたいです。いまの世の中を嘆いてなんかいられませんよね。
    ところで遅ればせになりましたが、愛ちゃんの金賞おめでとうございます。
    この間お宅に伺ったときに朗読していると聞いて、いいなあと思っていましたが、音楽のほうはトロンボーンですか。かっこいいなあ。愛ちゃん、おじさんはViolinです。この秋の演奏会のためにベートーヴェンとワーグナーの超難しい曲の練習に苦しめられています。この暑い夏、よし山小屋にこもって練習だ!と、到着した途端、雨戸の戸袋に巣を作っていた茶色スズメ蜂の平和な生活をぶち壊すことになり、強烈な一刺しを頂戴しました。翌日から左手は象さんの手(足?)みたいになりました。
    でも音楽は楽しいから、こんなことにはメゲズにがんばるんです。愛ちゃんのトロンボーンも応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA