お知らせ(その二)

 この猛暑の中、喜彦君が上の「メディア掲載情報」を一括整理してくれました。そして今回新たに二つ、阿部修義さんが立野さんたちの同人誌『トルソー』第3号に書いた書評と、北海道新聞の岩本記者が越境して(?)「カトリック新聞」に投稿したものを収録してもらいました。ぜひご覧ください。

Please follow and like us:
error
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い父祖の地・福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

1 Response to お知らせ(その二)

  1. 佐々木あずさ のコメント:

    岩本さんの投稿、7月29日の「夏の寄りあい処 呑空庵~ドキュメンタリー映画上映会~平和って?」の配布資料とさせていただきますね。以下、先生のメールを転載させていただきます。

    呑空庵主さま

    暑い夏です。美子奥さまをはじめ先生のご家族皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

    さて、先週、相澤嘉久治さん(84歳)という劇作家の方とお会いしました。3月、沖縄の伊江島以来2度目です。50年前に阿波根昌鴻さんと出会い、「5本の指」の考えに感嘆し、いつか劇を作りたいと思い続け、2年前に朗読劇という形で完成させました。今は、そのDVD版を日本全国に広めたいと活動されています。

    「素晴らしい山形」という情報誌を一人で作っておられます。ただの情報誌じゃないんです(笑)。「2020p年東京オリンピックは返上すべき」、「素晴らしい山形(日本)を創るために、主体的に創造的な県(国)民の一人ひとりになろう」と明記しています。

    私は、この暑い夏の夜、呑空庵主との対談を妄想(笑)しているところです。

    そこで、お願いがあります。お時間ができた時に、モノディアロゴスを1冊、相澤さんに送っていただけないでしょうか。送料と本のお題は、私がゆうちょ口座に振りこみます。どうぞよろしくお願いいたします。

    追伸 相澤さんは「ばっちのむんつん」と呼ばれているそうです。ばっちは末っ子。むんつんは頑固者。私も北海道のむんつんと呼ばれたいです(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください