ボヤキ二連発


 北朝鮮の非核化にかかる費用は韓国と日本が負担すべきとトランプが言い、それを安倍は唯々諾々と承知した? その後の報道など追ってる暇がないから日本の政治家やマスコミがそれをどう受け取ったか知らないけど、アホとちゃう? だから言っただろ、あちらはゴネ得の帝王だって。

 その一方で、福島第二原発の廃炉決定に七年間もかけている。この国の宰相以下、定見の無い政治家や企業家のオンパレード、あゝはらたつのり(古っ!)
 その点、小泉の進次郎君、なぜもっと早く決断できなかったのか、と怒ってるそうな。政治家としてまっとうでんな。お父さんの純一郎さん、現役の時はあまり好きくなかったけど、原発反対の姿勢を崩してないのは天晴れ。

 先ほどゆうメールを五個ほど郵送するために郵便局に行った。『遡行と螺旋』を送るためだ。でもいつからか500g以内なら厚さ3センチ以内という規格が設定されたおかげで、こちとら、包装するときにえらい苦労しなくちゃない。少しでも越えりゃ一気に100円加算されるからだ。つまり袋綴じの私家本の悲しさ、背中のところは2センチ7ミリなのに放っておくと(?)3センチをわずかに超えてしまう。だから外出前の中年おじさんがベルトをきつーく締めるように、ガムテープでしっかり固定しなきゃない。前にも何度もボヤいたように、1、2ミリオーバーしても、まともなアキンドなら、あっいいっすよ、少しくらい厚くても、とサービスしてくれるのに、日本郵政のオヤクニンたち、まるで税関の麻薬取締官みたいに融通が利かない。

 ともかく無事窓口で出し終わって、ふとカウンターに目をやると、今年の野馬追いのオリジナルフレーム切手が売られている。以前買ったものはスペインの友人にやってしまって今はないので、記念に1シートもらおか、と軽いノリで1シート購入。と、その時である。どこかのテレビ・クルーが近づいてきて、中の一人の美人(かな?いやそうでしょ)アナウンサーが「テレビュー福島ですが取材させていただいてよろしいでしょうか?」ときた。「あゝいいですよ」とこれも軽いノリで応じて短い質問、つまりなぜそのシートを買ったのか、その用途は?など簡単な質問ににこやかに(?)答えてインタビューを終えて外に出た。もしかすると今晩のテレビで放映されるかも。

 しかし駐車場に行く途中、先ほど購入したシートをつくづく点検すると1シートに82円切手が十枚印刷されたものだった。待てよ代金は確か1400円、えっーするてーとなにかい? この薄っぺらなシートが1400-820=580、えっ580円もするの? この間伸三さんから送ってもらった「島尾敏雄生誕百年」はまさに歴史的価値があるのに1300円、確かにカラーだが島尾敏雄の場合のような大型の切手も入ってないし、ちっぽけな切手が十枚だけ。これじゃぼりすぎとちゃう? 日頃からサービスいいんなら、年に一度のイベントへの寄付と思うてがまんするけど、日ごろ1ミリ、2ミリでこすい商売しているのに、これはないべさ。

 あゝあ、窓口でこのことに気付いてれば、テレビカメラの前であんなにこやかな顔してなかったのになあ。でもなんでこんなシケたシートのことを取材してたんだろう? もしかして売れ行きが思わしくないんで、ばかなお客さんに取材して盛り立てようってわけかい? まさか。でもこれってはらたつのりとちゃう?

※ 翌朝の追ボヤキ
 今朝のネットにこんなとんでもないニュースが報じられている。
「【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は18日、国防総省に対し、陸海空軍、海兵隊、沿岸警備隊に加わる第6の軍となる「宇宙軍」の新設を命じた。」
 ザケンジャない! 宇宙にまでてめえの愚かなパワー・ポリィティクスを広げようってかーっ! まともじゃねえな。地球の自爆による滅亡のカウントダウンが始まったということだ。おのおの方、覚悟召されえっ!

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA